転職を考える年齢は何歳くらいが多い?なぜその年齢で転職を考える?

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

転職を考える年齢は何歳くらいが多い?なぜその年齢で転職を考える?

新卒で就職した時は定年までこの会社で働こうと思っていた人でも、ほとんどはふとしたことがきっかけで転職を考えることになり、実際に転職に踏み切る人も非常にたくさんいます。

もちろんその年齢が様々で、新卒で入社してすぐの人もいれば、40代で初めて考える人もいるでしょう。

では転職を考える年齢は何歳くらいが多くなっているのでしょうか。

関連:転職のきっかけは?実際に転職活動を始めた理由。

関連:会社に行きたくないと感じる新卒社員に知っておいて貰いたいこと

転職を考える年齢はどれくらい?

転職サイトDODAの「ホンネの転職白書」によると、転職を考える年齢は以下の通りになっています。

転職を考える年齢

転職を考える年齢で最も多いのは、24歳から27歳の20代中盤。大卒であれば入社3年目から6年目です。

仕事での経験もそこそこついてくるとともに不満も増えてくる年代であるとともに、転職がしやすい年齢であるが故にこの世代で転職を考える人は多いですね。

27歳以降は徐々に減っていくものの、30代でも22.9%、40代でも8.6%と年齢が高くなってから転職を考える人も決して少なくはありません。

ちなみに産業能率大学の新入社員の会社生活調査によると、新入社員のうち終身雇用制度を望む人は75%以上となっており、最初は転職することを考えてはいないものの就職してから数年たって考えが変わる人は多いのでしょう。

男女別

続いて男女別の結果を見てきます。

男性に比べると女性は20代で転職を感がる人の割合が非常に多くなっています。

女性の場合、結婚などで転職がやむをえなくなる場合もありますし、キャリア志向が男性に比べて高くない為、転職に対するハードルも低くなっていることが一つ要因として考えられるでしょう。

一方男性の場合だと、30代後半、40代になっても管理職として転職する人も少なくなく、女性に比べてミドル層で転職を考える人の割合が増えています。

年代別の転職を考えることになるよくあるきっかけ

新入社員の頃には終身雇用を望み転職するなんて考えていなかったのに、なぜ就職してしばらくたつと転職を考えることになったのでしょう。

給料が低い、休みが少ない、残業が多いなどどの年代においても共通した転職理由、そしてきっかけはありますが、それぞれの年代で特有のことも多いです。

20代前半

20代前半は大卒だと入社3年未満。この年代の離職率は非常に高く、大卒でも3割を超えているのは有名ですね。

この年代に多いのは、就職活動で上手くいかなかったり、配属先が希望通りとならなかったり、実際に仕事をしてみると想像と全然違っていたことなど仕事内容にまつわるものが他の年代に比べて多くなっています。

初めて社会を経験したからこそ抱える悩みも多いことでしょう。

また第二新卒としての転職が可能であることに気づくことが一つのきっかけになった人も少なくありません。

20代後半

20代後半になると、入社して3年たったということが一つ転職のきっかけになる人が多いですね。

第二新卒としての転職が一行いやすくなったとは言え、3年たってからにしようという思いを抱えている人は少なくはなく、勤続年数が一つの指標になっています。

またこの年代は周囲の人達との差が気になる時期。

周りに比べて仕事ができない、評価が低いなど同じ会社の同年代との差であったり、他の会社に行った学生時代の友人との給料格差が転職のきっかけになる人も多いと思います。

他にも同期が転職したことで自分もと考え始める人もいますね。

30代前半

転職するなら年齢が低い方が良い、転職するなら30代前半までということは昔から言われていること。

仕事内容や、給料、労働条件など不満を持ちつつ働いていたものの、ラストチャンスだからということで転職に踏み切る人が多いのがこの世代。

また仕事では色々な経験をしてスキルアップしてきたことで、キャリアアップを考える人も多いですね。

30代後半、40代

30代後半、40代のミドル層になると、20代に比べて転職にしり込みしてしまう人が増えてくるのは事実。

年齢が高いことによる転職のしにくさに加えて家庭を持っている点が理由として挙げられるでしょう。

ただそれでも一定の層は転職に踏み切っています。

そのきっかけになっているもので多いのは会社の将来性に対する不安や、今いる会社ではキャリアアップできないというもの。

またこの年代になるとヘッドハンティングされる人も増えてきます。

第二新卒、ミドル層の転職が活発化、どの年代でも転職は可能に

少し前まで、入社3年以内で会社を辞めてはだめ、とりあえず3年は働けという意見があったり、転職35歳限界説なんて言葉があって35歳を超えると転職は困難であるという意見がありました。

しかしそれは昔のこと。

近年は入社3年以内を対象とした第二新卒の転職、35歳以上のミドル層を対象とした転職が非常に活発になり、どの年代であっても転職することが可能となっています。

その為、転職したいと思っても年齢で諦める必要はなくなりました。

ですからせっかく転職を考えることになったなら、一度は転職活動にチャレンジしてみるべき。

会社を辞めず在職中に転職活動を行えばリスクはなく、自分の希望を叶える転職を実現することができるかもしれません。

今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクナビネクスト
  2. リクルートエージェント
  3. DODA

転職活動を始めるにあたり、まず登録すべきなのがリクナビネクスト

転職サイト国内No.1であり、求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

登録方法も簡単でメールアドレスを入力後、希望のパスワード、名前、生年月日、性別を入れるだけ、3分程度で終わります。

具体的に自分が便利だったのは、強みを診断できるグッドポイント診断、市場価値診断、スカウト機能。

特にスカウト機能は条件の良い大手からオファーを貰える可能性があるのでぜひ活用してみてください。

転職サイトは転職エージェントと違って自分のペースで転職活動を進めることができるのが大きなメリットであり、まずはここで情報収集し、サポートが必要になったタイミングで転職エージェントを利用するのが良いでしょう。

■公式サイト:リクナビネクスト

転職エージェントでは、リクルートエージェント

リクナビネクスト同様にリクルートが運営しており、国内最大級。非公開求人量は10万件以上となっています。

転職エージェントのメリットは非公開求人の紹介、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といった転職活動全般のサポートを行って貰える点。

手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

リクルートエージェントは最大手である分、求人の量が豊富で実績もある分、おすすめできます。まず使うならやっぱり大手。あえて外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

そしてリクルートに次ぐ業界2位であるのがDODA

DODAは求人検索といった転職サイトの機能、プロによる転職サポートなど転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

■公式サイト:DODA

また他に使うとしたら、マイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

マイナビエージェントは少し前までリクルートエージェント等に比べて規模が小さかったのですが最近は拡大。求人数や登録者数もかなり増えています。

元々新卒採用や転職サイトでは有名なマイナビ。企業との関係性などはやっぱり強いです。

ハタラクティブは第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

いずれにしろ、まずは転職活動ではまずは情報収取から。リクナビネクスト等は気軽に利用できるものですから、ぜひここでスタートを切ってください。



このページの先頭へ