転職するなら新卒何年目がベスト?どんな転職をしたいかで考えよう。

転職するなら新卒何年目がベスト?どんな転職をしたいかで考えよう。

就職して間もなく、この会社で一生居続けることはない、いつかは転職するつもりなんて考えながら働いている人も多いことでしょう。ただ、転職するなら何年目に転職するのがベストだろうかと悩んでしまいますよね。

世間的にはとりあえず3年働いたほうがいいという意見もあれば、第二新卒として転職できるうちに転職した方が良いという意見もあります。中には5年以上働かないと転職市場で評価されるようなスキルは身につかないなんていう意見もあったりします。

そこで、今回は自分が何年目で転職すべきなのかを紹介していきます。

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

関連:未経験職種、異業種に転職したい。難易度や年齢は?

転職は結局何年目がベスト?

実際転職するなら何年目がベストなのでしょうか。実はそれに対する一つの答えはなく、どんな転職をしたいのかによって大きく変わってくるものです。

人によってはそれこそさっさと転職したほうが良いという場合もあれば、じっくりキャリアを積み上げてからの方が良い場合もあります。

未経験職種に転職したいなら

未経験の業界であっても職種が同じであれば、それまでの経験を生かすことが十分に可能である為、キャリアを積み上げることに意義はありますが、職種を変えることを考えた場合には年齢が低いほうが有利となってきます。

その為、入社3年以内に第二新卒として転職するか、遅くても20代のうちに転職することが必要になってきます。30代を過ぎると一気に難易度が上がってしまいます。

第二新卒として転職する場合には、会社によって若さを重視する場合とそこそこの社会人経験を重視する場合があって、1年目の人が好まれる場合もあれば、3年目の人が好まれる場合もあります。4年目以降になってくると、社会人経験は十分と考えられる為、若いほうが有るになることが多いです。

同職種でキャリアアップの転職をしたいなら

同職種でキャリアアップとして転職する場合にはやはり3年が一つの鍵。3年たってようやく経験有りとみなす企業が多いです。

あとは、何年目かというよりもどれだけのスキルを保有して、どれだけ実績を残してきたかが重要になってきます。

30代以降であっても転職できないなんてことはありません。ただ当然社会人経験が長ければ、求められる能力は高くなってきます。同じスキルを持っている20代と30代であれば、当然20代の人を採用します。

ただ、求人として多いのはやはり20代の経験者です。そこそこの経験で若さもある人間が好まれます。その為、4年目から7年目のうちに転職するのが最も転職はしやすいと言えます。

管理職として転職したいなら

管理職から管理職に転職するパターンも最近は多いです。むしろ30代後半になると管理職としての経験がないことで転職市場において不利になってしまうことも良くあります。

ミドル世代を対象とした求人のおよそ半数が管理職としての転職になっています。

管理職としての経験を生かして転職するならば、最低でも2年以上管理職として業務を行い、何らかのマネジメントの実績を残している必要があります。

とにかく現状から脱したいなら

サービス残業が多すぎる、パワハラが行われているといった理由から、とにかく現状から脱したいという人もいるかもしれません。

そんな人は何年目だとか気にする必要はありません。体を壊す前にさっさと転職したほうがずっとメリットがあります。限界を超えてまで働き続けてしまうことに良いことは何もありません。

やりたい仕事があるから未経験の職種に転職する、今の仕事のままステップアップしていきたいから転職するといった理由がないのであれば、それはそれで良し。その時に応じた転職活動をすれば何ら問題はありません。

売り手市場であることも大事

ここまで、転職するなら何年目でするのが良いかということをそぞれぞれの目的に合わせて紹介してはきましたが、転職は単に自分のことだけを気にしていれば良いというものではありません。

以前の記事、「転職タイミングで大事なのは需要の高さ。時期、年齢、何年目か、理由がどうかではない」で紹介してはいるんですが、転職のしやすさは景気の動向によって大きく変わってきます。

今は特に際立った売り手市場であり、せっかくのこのチャンスを逃してまで待つのはやはり得策とは言えません。

未経験職種への転職であればまあ待つ必要もないので、さっそく今から始めればいいのですが、

同職種での転職であっても、多少スキルに自信がなかったり、実績に自信がなくても、もっと経験を積んでからなんていう風に待つのではなく、あわよくば希望の転職ができるかもしれませんからチャレンジしてみるのが良いかと思います。

転職活動自体はしたところで損するものではありませんし、新卒時の就職活動と違って一発勝負ではありません。とりあえずやってみて上手いこといったら儲けもの、だめだったらまたちょっと時間がたってから挑戦することもできるんです。

まあコツさえ抑えることができればそれなりに転職を成功させることは可能ですから、まずは一度やってみるといいでしょう。

転職を成功させる為には、ただがむしゃらに受けていてもだめで、自分の希望、企業側の希望がマッチしている仕事を選び、目的にあったアピールをしていかなくてはなりません。その為にも転職サイト、転職エージェントに利用は必須です。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:4年目になって仕事を辞めたいという気持ちに変わりがなければすぐに辞めたほうがいい

関連:未経験だけど大手企業の正社員に転職する方法はある?



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ