中途入社の会社、職場に馴染めなくて辛いのは誰のせい?辞める判断はいつする?

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

中途入社の会社、職場に馴染めなくて辛いのは誰のせい?辞める判断はいつする?

職場での人間関係は、仕事をする上で非常に重要。

上手くいけば仕事もやりやすくなるし、会社に行くことも楽しくなる一方で上手くいかなければ仕事はやりにくく、会社に行くのは億劫になってしまいます。

その為、転職して中途入社する場合にまず不安になるのが職場に馴染むことができるのかどうかということです。

人によってはすぐ馴染むことができる人もいれば、逆に半年たっても1年たっても馴染むことができずにいて、職場にいることが辛くて仕方がなくなっている人もいます。

そしてあまりに馴染めなさ過ぎて、せっかく転職したにも関わららず辞めてしまう人も少なくはありません。

関連:新しい仕事、新しい職場に慣れない時の対処法、慣れるまでにすべきことは?

関連:転職で人間関係をリセットすることのメリット、デメリット

入社後に会社、職場に馴染めないのは誰のせい?

中途入社した会社で、なかなか職場に馴染むことができない。そもそもそれは誰のせいでしょうか。

自分のせいでしょうか。それとも職場自体に問題があるせいでしょうか。

自分に原因がある場合

どんな職場であってもすぐに職場に馴染める人、どんな人とでもすぐに仲良くなれる人がいます。

そういう人がいる以上、馴染めないのが自分に原因があるというのを否定することはできません。

性格、言動などは人によって違います。その違いが馴染めるのか馴染めないのかを大きく左右することになるでしょう。

例えば、以下のようなことをしてしまっている人はなかなか職場に馴染めずにいることが多いかもしれません。

  • 自慢話が多い
  • 上から目線
  • 態度がでかい
  • 馬鹿正直
  • 感謝、謝罪ができない
  • 自分から他の人に関わろうとしない
  • 時間外の活動に参加しない
  • 暗い
  • 能力が低く仕事についていけていない
  • 真面目すぎる

確かに新しい人と関わろうとしない、中途入社というだけで毛嫌いするという人は少なからず存在します。職場に一人、二人いてもおかしいことではありません。

ただそういった人達が関わってくれていないとしても、職場全体に馴染めないなんてことはほとんどありません。

そもそも人に嫌われるような態度、話しかけにくい態度をとっていれば馴染めないのは当然のこと。もし無意識でそういった態度をとってしまっているならば、自分を改める必要があるでしょう。

会社、職場に原因がある場合

もちろん馴染むことができないのは自分だけに原因があるわけではなく、会社や職場に原因があるという場合もあります。

中途採用を職場自体が毛嫌いする会社があったり、中途採用者が仕事に慣れるような仕組みづくりができなくなっているという場合もあります。

また、上司であったり、指導担当の人、チームリーダーの人など最も深く関わる人が新しい人をとにかく否定するような場合であれば、その人の考えが職場に浸透してしまうという場合もあります。

中途採用であったって同じ会社で働く仲間ですし、会社としても良い環境で成果を上げてほしいと考えるのが普通。

しかしそれはあくまで会社としての考えであって、その考えが職場の人達まで行きわたっていないというのはよくあることなのです。

もちろんそういった環境下であっても上手くこなし、すぐに馴染むことができる人もいます。ただそれは一種の才能であり、誰もがそのようなことができるわけではないでしょう。

ですから、職場に馴染むか馴染めないかというのは中途入社してきた人、そしてそれを受け入れる側の人たち、双方の適切な態度が必要になるのです。

どうすれば馴染めるの?

職場に馴染もうと思ったら、少なくとも自分から馴染むことができるような努力することは必要です。

全てを環境のせいにし、自分に否はないと自分を変えようとしなければ、いつまでたっても職場に馴染むことができずに会社に行くのが辛くなってきてしまいます。

環境はなかなか変えることができません。しかし、自分のことであれば努力は必要になるかもしれませんが変えることはできるはずです。

自分の態度を振り返る

まずはとにかく自分の態度を振り返ってみてください。

いつもしかめっ面していたり、忙しそうな態度をとって話しかけにくい態度をとっていませんか?

自分から話しかけず、いつも人から話しかけられることを待ってはいませんか?

年下だから、自分より能力が低いからと横柄な態度をとっていませんか?

嫌なことがあったら、それを態度にだしてしまっていませんか?

やたら昔はああだった、こうだったと過去の話をしていませんか?

会社の文化、社風に対して反発せず、しっかり受け入れていますか?

何かしてもらったらありがとう、自分に否があったときにはすいませんと言葉にしていますか?

本当にこれまでの自分に問題がなかったのか、考えてみてください。

まずは一人味方をつくる

いきなり全員と馴染もうなんて無茶なことは考えず、まずは誰でもいいから一人の味方を作るようにしてみてください。

たまたま飲み会で隣になった人、同じ仕事をしてよく関わっている人、共通の趣味があって話が盛り上がりそうな人、最初に話しかけてくれた人、誰でもいいんです。

一人を味方につけることができれば、そこから広がっていき自然と職場に馴染めるようになってきます。

仕事で成果を出す

あくまで会社は仕事をすることが目的の場所ですから、仕事で成果をだすというのも大事なこと。

中途採用者として入社したなら、まだ入社間もないから、誰も教えてくれないから、仕事のやり方に慣れていないからなんていう甘えは一切許されません。

成果をだせば自然と人に期待され、頼られるようになります。一方で成果をだせなければ新卒で入社した人達よりもあたりは強くなります。

辞めるという判断をしてもいいのか

とは言え、いくら頑張っても職場に馴染むことができないという可能性はあるかもしれません。

職場に馴染めるかどうかは最初の1ヶ月がかなり重要であり、もしそこで上手くできなくて周囲にすでに先入観を持たれてしまっている状態だと覆すことはなかなか難しいことです。

そうなってくると頭に浮かぶのは辞めるということ。

せっかく転職したとは言え、いつまでも辛い状態を続けることは大変ですから、それはそれで一つの選択肢です。

ただ本当に辞めるのかどうかというのはしっかり考えた上で判断しなくてはなりません。

長く続ければいつかは馴染める可能性もありますし、早期離職して転職するというのは今の転職市場によってマイナスポイントになることです。ですから正直なことを言えば勢いですぐに辞めるのではなく、馴染む努力をし続けたほうがでいいでしょう。

もちろん再度転職するということを否定するわけではありません。あまりに辛くて耐えきれないという状態であったり、あからさまに嫌がらせやパワハラを受けている状態ならば無理に頑張り続けることは良いことだとは言えませんから。

転職は自己防衛の一つの手段です。ただしそれは上手く働く場合もあれば、逆に悪い方向に働いてしまう場合もあります。それを踏まえて自分にとってベストだと思える判断をしてください。

転職に向けて

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:転職後1ヶ月で辛い、辞めたいと思ったらどうする?実際に退職して起きたことや考えたこと

関連:転職後の新しい職場で人間関係が上手くいくか不安なのは仕方ない。でも問題ない人がほとんど。



このページの先頭へ