転職での倍率、通過率、内定率はどれくらい?

転職での倍率、通過率、内定率はどれくらい?

転職するのは難しい、中々受からないというイメージを持っている人も少なくないでしょう。

応募しても全然内定まではたどり着かず、心が折れそうになってしまうこともありますよね。

では転職しようと企業に応募したとして、倍率はどのくらいで、内定率はどの程度なのでしょうか。

関連:転職しようと思ったら何社くらい受ける?平均応募社数や少なく済ませるコツ

関連:大企業、一流企業に転職するには?求人の探し方や転職を成功させる方法

関連:転職には何が必要?間違った準備をしてはいけない

スポンサーリンク

転職の倍率

転職での倍率は、当然企業によって大きく変わりますし、その求人がどういった形で募集されているかにも大きく変わります。

募集方法によって大きく変わる

企業が求人を出す場合、転職サイトに掲載する場合もあれば、転職サイトのスカウト機能や転職エージェントを利用して非公開求人として募集する場合があります。

転職サイトに掲載する場合、誰でも見ることができる為、倍率は非常に高くなる傾向があります。

一方、リクナビNEXTといった大手転職サイトサービスにあるスカウト機能やリクルートエージェント といった転職エージェントを利用し、非公開求人として募集している場合、経歴がマッチングしている特定の人だけが求人を見ることができる為、転職サイトに比べると倍率は著しく低くなります。

大手企業だと数百倍なんてことも

転職時の倍率は、当然大企業か中小企業かで大きく変わります。

大企業で転職サイトに掲載すると、倍率は100倍以上になるなんてことはざらです。

下手したら2000倍、3000倍にもなります。

ただこれは相当な手間となる為、大企業は転職サイトに掲載するよりも転職エージェントを利用する場合のほうが多いです。

実際、全求人の8割は非公開求人となっています。

大手転職サイトリクナビNEXTで公開されている求人と、大手転職エージェントリクルートエージェント が抱えている非公開求人を比較すると、前者が9000件、後者が14万件と大きな差があることがわかります。

一方、中小企業が転職サイトに掲載すると、業界や職種にもよりますが倍率は10倍にも満たないことが多いです。

下手したら応募数が採用予定数を満たない場合もあります。

非公開求人を利用した場合は、大企業であっても10倍に満たないこともあります。

転職希望者に対してマッチングを重視し、非公開求人を紹介する条件を厳しくすればそれだけ倍率は低くなります。

倍率=内定率ではない

勘違いしてはいけないのが、倍率=内定率とはならない点です。

採用予定人数が10人だとした場合、10人に内定をだすわけではありません。

内定をだしても入社してくれるとは限りませんから、多めに内定をだすという場合も多々ありますし、

逆に採用予定人数が10人だとしても、社内で設けている採用基準が厳しく、それに達する応募者がいない為に、3、4人にしか内定をださない場合もあります。

スポンサーリンク

転職の通過率、内定率

では次に各選考過程での通過率、そして最終的な内定率を紹介していきます。

書類選考の通過率

書類選考の通過率は、平均的には20%程度と言われています。

ただ、倍率によって最も変動の大きい選考過程となっています。

大企業は、マッチングしていない人をどんどん外していくので、書類選考を通過するのは10%を切ることもしばしば。

逆に中小企業は多少のマッチングの違いに目をつぶることも多くってきて、徐々に通過率は高くなり50%以上となることも少なくありませんし、中には必ず面接することにしている企業もあります。

非公開求人で募集をしている場合はマッチングしていることが多い為、書類選考の通過率はかなり高くなります。

中には転職サイトの掲載と、スカウト機能や転職エージェントを併用して求人を出している企業もありますが、後者を経由すれば書類選考が免除となる場合もあります。

一次面接の通過率

大企業であれば、面接回数を2回に設定していることも少なくありません。

書類選考でかなり絞られる分、通過率は高くなり30~50%程度。

企業によって最終面接の位置づけが異なる為、最終面接を意識して人数を絞ります。

最終面接を顔合わせ程度と考えている場合であれば、一気に人数を絞りますし、逆に最終面接もしっかり選考するのであればある程度の人数を通過させます。

最終面接の通過率

最終面接が顔合わせ程度の認識であれば通過率は80%程度。100%ではないことに要注意。

ただ多くの場合は、最終面接でもしっかり選考し30~50%の通過率となります。

また、面接が1回だけの場合は20%から30%程度となることが多いです。

内定率

では、最終的に内定率はどの程度になるでしょうか。

実際に転職した人の平均応募社数は18社であるのに対し、内定数は2社程度。

この値から考えると内定率は10%程度であると考えられます。

ただ、この値は実際に転職を成功させた人の数字であり、転職先が決まらずに転職を諦めてしまった人の数は含まれない為、数値はもっと少なくなり6から8%程度になると考えられます。

転職するには、応募数を増やすことも大切

転職するにあたり、転職サイトのスカウト機能や、転職エージェントを利用してマッチングしている企業にターゲットを絞ったり、転職活動自体のの質を上げることはもちろん大切。

ただ、それでもこれだけの内定率ですから応募数を増やすことも大切となります。

結果を待たず、自分に合っていると思ったらどんどん受けてみることも必要なのです。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス) はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職エージェントとは?転職サイトとの違いや選び方、比較のポイント、利用のメリット

関連:転職エージェントの登録方法、賢い使い方、利用時の注意点

関連:転職サイトとは?ハローワークとの違いや選び方、比較のポイント、利用のメリット

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ