転職活動して内定まで貰った私が転職することを辞めた理由

転職活動して内定まで貰った私が転職することを辞めた理由

転職したいから転職活動を始めたものの、途中で転職することを辞めてしまったという人は一定数います。

その多くは転職活動したものの、良い転職先から内定を貰えずに転職することを諦めてしまった人ですが、中には内定まで貰ったもののその内定を断って今の仕事を続けることを選んだという人もいます。

今回は、そんな内定を貰ったのに転職するのを辞めた人の話を紹介してみます。

4年目に転職を決意

私が転職することに決めたのは4年目の時です。

就職活動の時には希望の会社に入社できたものの、配属が希望通りにはいかず、ずっと転職することが頭にありました。

実は2年目の時に一度転職することを考えて転職エージェントにも登録してはみたんですが、年収は間違いなく下がると言われたこと、なんだかんが忙しくて行動ができなかったこと、周囲から反対されたことなどから結局転職するまでには至りませんでした。

ただ、4年目の時にちょうど大変な仕事を任せられたことと、とりあえずの3年が過ぎたことから再度転職しようという気になり、本格的な転職活動をするに至ったのです。

頑張った転職活動

転職活動は自分なりにかなり頑張ったと思います。

ちょうど仕事が忙しい時期で家に帰ってくるのは毎日10時を過ぎていましたが、そこから仕事を探したり、履歴書を書いたり。

飲みに行くのも遊びに行くのも断って、仕事以外の大半の時間は転職活動に関することばかりやっていましたね。

当時私は大阪に住んでいましたが、面接が東京で行われることもあったので、かなり出費もありました。

まあそのかいあって、希望していた会社から内定をいただくことができました。

内定後に転職することを辞めた

しかし私はその内定を断り、結局転職しませんでした。

転職したいと思って始めた転職活動。時間も労力もお金もかかった転職活動。にもかかわらず私は内定を断ったのです。

転職するかどうかを悩みだしたのは最終面接が終わった頃。

内定を貰えるかもしれないと思ったら、本当に転職してもいいものなのか、それが自分にとっての一番の選択なのかという悩みを持つようになったのです。

そこで私は考えをいったんリセット。改めて転職するのかどうかを考えてみることにしました。

そこで気づいたのは、それまでの転職したいという考えが勢いまかせであったこと、たまたま今大変な仕事にあたっていること、今の仕事について振り返ってみると仕事自体がそれほど楽しめていないわけではないこと。むしろかなり恵まれた環境で仕事をすることができていること。

今の仕事に対して振り返れば振り返るほど、転職することが私にとってベストの選択だとは思えなくなってしまったのです。

その結果、内定を断るという結果に至りました。

サポートしてくれた転職エージェントには大変申し訳ないことをしましたが、転職しない意思を伝えたらその選択を尊重していただけて非常にありがたく思っています。

転職活動自体にも意味がある

転職活動ではお金もかかったし、プライベートの時間も削ったので、結局転職することを辞めた時にはもったいなかったなーとか、無駄だったなーという思いが少しはありました。

ただ、しばらくたって今思うのは、あの転職活動は自分にとってかなり意味があることだったなーと思っています。

それは本気で転職活動したからこそ、今の仕事と真剣に向き合うことができたからです。

転職活動した後、仕事に対する考え方はかなり変わりました。

それまでは嫌で仕方なかったと思っていた仕事も、楽しむという意識を持てるようになったし、今の仕事で骨をうずめる覚悟ができ、スキルアップしていくことに貪欲になることができました。

それらのことを考えたら東京までの交通費もいいかなって思えます。

まあ、本当は転職活動を始める前に、もしくは面接を受ける前に気づくことができればいいんでしょうが、私の場合は本当に転職することが現実的になれたから気づけたんだと思います。

仕事で悩んでいるなら転職活動してみればいい

今色々と仕事で悩んでいて、転職したいなーと思っている人も少なくはないと思います。

ただ、ほとんどの人は転職することが不安だったり、後悔することを恐れて何もせずに働き続けることを選んでいるのではないでしょうか。

そんな人はとりあえず転職活動をしてみてはいかがでしょうか。転職活動することによってわかることも色々とあるのです。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス) はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職すべきか、転職しないほうがいいか迷った時に確認しておきたいこと

関連:転職先が決まったけど不安で迷いが生じているならどうすればいいか


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ