転職の流れ。あまり細かいことは気にせずとりあえず始めることが大事。

転職の流れ。あまり細かいことは気にせずとりあえず始めることが大事。

そろそろ転職活動をしようかなと思っているけど、転職の流れがいまいちわからない。

始めて転職活動をする時にはそう思ってしまい、なかなか動き出せない人もいるかと思います。

そこで今回は転職の流れを紹介します。

ただ、転職の流れはざっくり知っているだけで十分です。

ある程度転職の流れが把握できたら、まずは動き出しましょう。

関連:転職で年収は上がるのか、下がるのか

関連:転職のきっかけは?実際に転職活動を始めた理由。

関連:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

関連:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

スポンサーリンク

転職の流れ

では、転職の流れを簡単に紹介していきます。

転職の流れ①:転職サイトに登録

転職活動を行う際に、一番最初に行うのが転職サイトへの登録。

転職サイトはたくさんありますが、2つ程度登録しましょう。

転職サイトは自分にあったものを使いたいですが、最初はわかりませんから、まずなんでもいいから使ってみましょう。

転職の流れ②:スカウトに登録

リクナビNEXT にはスカウト機能がありますので、こちらにも登録しまよう。

スカウト機能に登録しておけば、あなたに非公開求人のオファーが届くようになるので登録必須です。

直接企業から届く場合や、転職エージェントから連絡がくる場合があります。

登録の際は、職務経験書を書く必要がありますが、書き方はリクナビNEXT の中に山ほど情報があるので、それを見ながら書けば十分です。

転職の流れ③:企業選び

登録が終わったら、企業選びです。

会社の情報、年収、労働条件などから、あなたの望んでいる企業を選んでください。

ただ、サイト内だけではその企業について深くまで調べることができないので、Googleを使ってとにかく情報を集めましょう

ここをおろそかにして、年収だけで選んでしまと実はブラック企業だったなんてことにもなりかねません。

転職の流れ④:書類選考

スカウト機能でオファーが来た場合は書類選考免除であることが多いのでここは不要になります。

ただ、自分で企業を選んだり、転職エージェントに非公開求人を紹介してもらった場合には書類選考が必要となりmすので、応募書類を書く必要があります。

応募書類は、リクナビNEXTの中にノウハウが十分ありますので参考にすればいいですし、転職エージェントがいれば、添削をしてもらえます。

転職の流れ⑤:面接

書類選考が終わると次は面接です。

面接までたどりついたのですから、しっかり練習しておきましょう。

転職エージェントがいれば面接の練習もしてもらえます。

面接はだいたい平日に行われるので、会社に行きながらの転職活動であれば、有給休暇を使って休むことが必要になります。

転職の流れ⑤:内定、そして退職へ

面接が成功し、合格すれば、しばらくして企業から内定の連絡が届きます。

そうすれば転職活動は終わり、あとは今いる会社の退職手続きを進めるだけです。

退職の手続きはまだ考える必要がないでしょう。

スポンサーリンク

大事なのはとにかくスタートさせること

ざっと転職の流れを紹介しました。

はっきり言って、転職の流れについて知っておくのはこの程度で十分です。

効率よく進めたいからと、もっと詳しく知りたがる人もいますが、それは意味がありません。

結局スタートがどんどん遅れていくだけです。

転職サイトに登録するだけでも、やっておけば自分で経験して色々とわかってきます。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、無料で市場価値や適正を調べられたり、直近で転職を考えているわけではないという人にとっても役立つ情報を見ることができるのでかなり便利です。

まずは最大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。

というかこの2つは他の転職サイに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っているので登録は必須です。

ちなみに診断テストで言えば、リクナビNEXTがグッドポイント診断という強みを調べるもの、DODAがキャリアタイプ診断という性格や能力、適している働き方や企業風土を調べるものが人気です。

転職を検討している人で、どちらにも登録していないという人はかなり少数だと思いますが、まだ使っていないという人はチェックだけしてみてください。

登録自体も色々と入力項目がありますが、まずは必要項目を入れればいいので数分で終わります。転職しようとしていることが転職サイト経由でばれたというのも聞いたことがないので心配ありません。

もう少し2つのサイトについて説明してみましょう。

リクナビNEXTは、転職者の8割が使っているそうです。

私もとりあえずまずはここに登録したし、情報収集をする為に他の転職サイトもあわせて使っていましたが、良い部分はあっても他に劣っているという部分は感じたことがありませんでした。

実際、リクナビNEXTをメインとして他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めている人が一番多いかと思います。。

非公開求人への応募が可能となるスカウト機能は他のサイトに比べて特に優れていますし、自分の強み市場価値を調べることができるなど、機能面が全般的に優秀なのが特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、求人検索やスカウト機能といった転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっていて、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利です。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、DODAは企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれる、求人は事前に審査しブラック企業を排除してくれているという特徴があるので、転職のリスクを最大限下げるといった観点でも利用は必要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、それらに次ぐJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

また、担当の転職エージェントがつけば、知りたいことはなんでも教えてくれます。プロですからね。

その人に聞くほうがずっと効率的です。

効率よくって考えて調べること自体、結局非効率なのです。

まずとにかく始めることが大事。それだけです。

最後に

転職活動は色々と不安もあるし、なかなか始めることができないという人もいるかと思いますが、

別に無料なんだからとりあえず始めればいいです。

今の会社に不満があって辞めたいと考えているのであれば、とにかくスタートさせることが大事なのです。

関連:中途採用の筆記試験、一般常識問題や適性検査、論文はどう対策すればい?

関連:転職に成功できる年齢は何歳まで?限界ってあるの?

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ