仕事がもう無理と感じたら、無理せず働ける方法を探そう。辞めたいなら転職もあり。

仕事がもう無理と感じたら、無理せず働ける方法を探そう。辞めたいなら転職もあり。

仕事は簡単に辞めてはいけない。簡単に転職するべきではない。

過剰にそんな考え方を持っているが故に、もう無理と感じながらもごまかしながら仕事を続けている人は少なくありません。

ただ当たり前ですが無理をすることは決して良くないこと。

無理だと感じたら、辞めることだって時には必要です。

関連:もう我慢の限界!仕事のストレスに耐えられない、限界だと感じたら

関連:ブラック企業を辞めたいのに転職しない人は考え方を見直すべき。転職できないなんてことはない!

仕事がもう無理、でも仕事を続けるのが当たり前

あまりにも多い仕事に多すぎる残業時間。ミスをしてはいけないという仕事のプレッシャーや上司からの叱責。周りとの人間関係もあまり良くなく居場所もない。

そんなストレスの高い中で仕事を続けていれば、もう無理と感じるようになるのは当たり前のことです。

ただ多くの人はそれでも仕事を続けますよね。

無理をしすぎるのはよくない。その当たり前の考え方が仕事という場においてはなぜかなくなってしまい、いつのまにか仕事を続けるのが当たり前、そんな風になってしまっています。

転職したところで変わらない、むしろもっと大変、辞めるなんて甘え、周りに迷惑をかける、次の仕事なんて見つからない。

そんな風に仕事を辞めると後悔すると決めつけて結局仕事を続け、無理に無理を重ね続けているわけです。

無理して仕事を続けることによるデメリットはメリットよりも大きい

ただ無理なものはやっぱり無理です。我慢して仕事を続けたからと言ってメリットは少なく、デメリットの方が圧倒的に大きいです。

特に今は転職市場が売り手市場。

多少年齢が高いからと言って転職することができないわけではないし、待遇が悪化してしまう転職しかできないわけではありません。

転職したくてもできないという状況ならまだしも、今はそんなことないのです。

ではもし無理に無理を重ねて仕事を続けていくとどういったデメリットがあるのでしょうか。

まず一つ目が体や心がどんどん蝕まれていくこと。最悪の場合、うつ病になってしまう可能性もあります。

みんな我慢してる、みんが頑張っていると片付けてしまってはだめ。自分は大丈夫、そこまでは行かないだろうと思ってしまうのもだめ。

決して他人事ではないのです。

もしそうならなかったとしても、その仕事を続けたことに対して後悔することになるでしょう。

一度きりの人生で大半の時間を費やすことになる仕事。その仕事が単に我慢し続けるもので終わってしまったら、はたして仕事を続けて正解だったなんて思えるでしょうか。

あなたが無理をしても誰も褒めてはくれません。そして守ってもくれません。無理をして無理をして待っているのは、結局後悔。

仕事を辞めると後悔すると決めつけ何も動かなかった結果、仕事を続けた結果後悔するということになってしまうわけです。

あなたが今すべきなのは無理なく働ける方法を探すこと

もちろん仕事を辞めることだけが全てではありません。

ただ無理だと感じているならば何かしら無理なく働ける方法を探さなくてはなりません。

ただ我慢するだけでは、この先何も解決することはありません。無理に対して我慢し続けるだけ、限界を超えても我慢するだけになってしまいます。

上司や先輩に相談して助けを求める、異動させてもらう、仕事を減らしてもらう。

そういったことでも今の状況から脱出することができる可能性はあります。

無理をし続けることが当たり前だなんてことは考えず、あなたにできることをまずは探してみてください。

転職もあり。転職することを悪いことだと捉えるのは損。

とは言え、どう誰に相談しようがどうしようもない場合もあるのは事実。

そもそも相談することができないという人だって多いと思います。

そういう人にとっては、実は転職が最も簡単な解決手段。

日本では転職することは悪いこと、仕事を続けることが良いことだという風潮がどこかありますが、そんなことは決してありません。そんな風に考えて行動を起こさないのははっきり言ってかなり損です。

まずはぜひ転職エージェントに相談してみてください。

実際に初めてみるとやる前の転職に対する不安は少なくなり、仕事に対して少し前向きになれると思います。

仕事はあくまであなたの人生、生活を豊かにする為に行う為のもの。

乗り越えることだけが良いことではなく、違う道を選択するのも時には必要であることを肝に銘じ、あなたにとってのベストな選択を考えてみましょう。

おすすめ転職サイト、転職エージェント

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクナビネクスト
  2. リクルートエージェント
  3. DODA

転職活動を始めるにあたり、まず登録すべきなのがリクナビネクスト

転職サイト国内No.1であり、求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

登録方法も簡単でメールアドレスを入力後、希望のパスワード、名前、生年月日、性別を入れるだけ、3分程度で終わります。

具体的に自分が便利だったのは、強みを診断できるグッドポイント診断、市場価値診断、スカウト機能。

特にスカウト機能は条件の良い大手からオファーを貰える可能性があるのでぜひ活用してみてください。

転職サイトは転職エージェントと違って自分のペースで転職活動を進めることができるのが大きなメリットであり、まずはここで情報収集し、サポートが必要になったタイミングで転職エージェントを利用するのが良いでしょう。

■公式サイト:リクナビネクスト

転職エージェントでは、リクルートエージェント

リクナビネクスト同様にリクルートが運営しており、国内最大級。非公開求人量は10万件以上となっています。

転職エージェントのメリットは非公開求人の紹介、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といった転職活動全般のサポートを行って貰える点。

手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

リクルートエージェントは最大手である分、求人の量が豊富で実績もある分、おすすめできます。まず使うならやっぱり大手。あえて外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

そしてリクルートに次ぐ業界2位であるのがDODA

DODAは求人検索といった転職サイトの機能、プロによる転職サポートなど転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

■公式サイト:DODA

また他に使うとしたら、マイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

マイナビエージェントは少し前までリクルートエージェント等に比べて規模が小さかったのですが最近は拡大。求人数や登録者数もかなり増えています。

元々新卒採用や転職サイトでは有名なマイナビ。企業との関係性などはやっぱり強いです。

ハタラクティブは第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

いずれにしろ、まずは転職活動ではまずは情報収取から。リクナビネクスト等は気軽に利用できるものですから、ぜひここでスタートを切ってください。



このページの先頭へ