仕事を虚しいから辞めたいと感じるなら転職してみればいい。仕事を変えると意識も変わる。

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

仕事を虚しいから辞めたいと感じるなら転職してみればいい。仕事を変えると意識も変わる。

長時間やりがいもなくつまらない仕事をするだけ。

誰かに認めてもらえることなく、報われることなく、ただ生活の為に仕事をするだけ。

そういう毎日を送っていると、ふと「仕事が虚しい、辞めたい」と感じてしまうこともありますよね。

そんな時には時に今の仕事を辞めて転職に踏み切ることも必要。

仕事を変えることによって、仕事に対する意識は変わります。

関連:仕事のやりがいとは?やりがいがないと感じた時には何をすべきか

関連:将来に不安を感じて転職。いつすべき?面接で転職理由はどうする?

仕事はお金の為、生活の為だけにするものではない

仕事は何の為にするものなのか。

おそらくまずはお金の為、生活の為であるということが頭に浮かぶ人が大半でしょう。

それ自体は間違っていることではありません。

ただそれだけではありませんよね。

どうせ仕事をするならやりがいを感じることができた方が良いし、面白いと感じることができた方がいいし、自分の成長が実感できた方がいい。

時間が短ければ、たとえ虚しいと感じても割り切って仕事をすることはできるでしょう。

しかし人が仕事に費やす時間は非常に長い。

人生で人が仕事にあてる時間はおよそ20%。

社会人として働いている時間に限定すれば25%。

さらに睡眠時間を除けば35%。

非常に長い時間を仕事をしながら過ごすのです。

だからこそやりがい等を感じることががなく、ただお金の為だけに働いていれば虚しさを感じ、辞めたくなるのも当然のことです。

なぜ仕事で虚しさを感じるのか

ではなぜ仕事が虚しさを感じてしまうことになるのでしょうか。

虚しさを感じる原因として考えられるものにはいくつかありますから、自分なりの原因を考えてみましょう。

やりがいがない

虚しさを感じる大きな原因はやりがいがないことに起因するものだと思います。

目的がわからない、やったところでだれからも感謝されない、この仕事をやる意味、必要性がわからない、成長を実感できない、達成感がない。

仕事を終わらせた後に得られたと感じるものがないことがやりがいがないことに繋がってしまってはいないでしょうか。

やりたいこと、思い描いていたこととのギャップ

自分はこれがやりたいと思っていたこと、なりたいと思っていた姿と大きなギャップが生じていることもまた虚しさを感じる原因となるでしょう。

特に入社して間もない20代の人に多いかもしれません。

就職活動が上手く行かなかったり、配属が希望通りに行かなかったり、なりたい

同じことの繰り返し

最初はやりがいのあった仕事であっても、同じことの繰り返すことで、これ以上成長することがなくなってしまったことが虚しさを感じる原因となっている場合もあります。

仕事は成長に応じて難易度は高く、責任も増していくことが理想。

ただそれができているとは限らず、いつまでも同じ仕事で飽きてしまっている人も多いのではないでしょうか。

誰も認めてくれない、評価してもらえない

人には多かれ少なかれ他人から認められたい、評価したいという思いがあるもの。

いくら頑張ってもそれが叶わないと虚しさを感じることになる場合も少なくありません。

また評価されないことによって、給料が上がらない、昇格しないというのも一つの要因となりうるでしょう。

虚しい気持ちを解消する為には?

では虚しい気持ちを解消する為には、この先仕事に対してどう向き合い、どう取り組んで行くことが必要となるでしょうか。

まず大切なのはやりがい、成長などは他人から与えて貰えるものだという意識はやめ、自分で目的を見つけ生み出していく意識を持つこと。

与えられることを期待していても、それが自分の期待通りのものになることは多いとは言えませんから、自分で見つけていかなくてはなりません。

小さなところでは、一つ一つの仕事の目的を明確にする、工夫するなど、大きなところでは異動希望を出したり、上司に積極的に○○の仕事をしたいと提言するといったことです。

もちろん転職するというのも一つの手段になるでしょう。

転職は決してハードルの高いものではなく、その上で虚しさから脱却するかなり有効的な手段です。

転職するのも一つの手段、仕事を変えることによって得られるものもある

どんな仕事でも結局変わらないと思っている人もいるかもしれませんが、それは大きな勘違い。

転職活動時点で自分がどうありたいか、どういう仕事をしたいのかを明確にして転職すれば、決してそんなことはありません。

仕事を変えることによって得られるものはやっぱり大きいです。

仕事の内容はもちろん仕事のやり方、目標や目的、人間関係が大きく変わりますし、環境の変化によって成長を促すきっかけにもなるでしょう。

評価だって一旦リセット。ゼロからスタートするからこそ実力を発揮すれば高い評価を得られることだってできます。

だからこそ虚しい仕事をいつまでも続けている必要はないんです。まずはやってみるべきです。

転職活動を始めるなら転職サイトに登録

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職を成成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ



このページの先頭へ