契約社員が有期雇用から無期雇用への転換を希望しているなら今すぐ上司に確認を

契約社員が有期雇用から無期雇用への転換を希望しているなら今すぐ上司に確認を

契約社員として働く場合、雇用期間の定められた有期雇用となり、最長5年までしか契約社員として働くことはできません。

これは2013年に改正された労働契約法によるものであり、最短では2018年4月に5年たつ人がでてきます。

ただ5年たつと会社を辞めなければいけないかというと、そういうわけではありません。

5年過ぎて雇用され続けた場合に、労働者が無期雇用を申し込むことができるようになり、会社側はその申し込みを受け入れなければいけない義務が発生するのです。

このルールに、企業側としては無期雇用にはならないように雇用期間を5年以内に収めるか、無期雇用になることも前提で5年以上雇い続けるかを選ぶ必要がでてきます。

どちらを選ぶかは会社次第です。

関連:契約社員の仕事の探し方。優良企業を見つけるコツとは?

関連:派遣社員、契約社員は基本的に契約途中に辞められない。転職タイミングはどうする?

有期雇用から無期雇用へ

契約社員として働いている人の中で、無期雇用になることを望んでいる人は多いかと思います。有期雇用である限り、いつかは働きたくても働けなくなる日がきてしまいますからね。

ただよく勘違いされがちなのが無期雇用=正社員であるという誤った考え方。

一言で無期雇用と言っても、正社員に限らず働き方には相違はあり、それぞれにメリット、デメリットがあります。

正社員への転換

無期雇用になるタイミングで正社員になるパターンも当然あります。

正社員になることで、給料等の待遇が良くなったり、退職金等の福利厚生も受けれるようになるなどのメリットがあります。

ただ仕事内容はこれまで通りとはいかず、仕事の範囲が広くなったり、転勤を命じられたら従わなくてはならなかったりと、仕事の負荷は高くなってしまう場合が多いです。

条件が変わらず無期雇用に

これまで契約社員として働いていた状態から何ら条件が変わらず、単に無期雇用になる場合もあります。

法律で定められているのはあくまで無期雇用にすることだけであって、正社員にする義務は発生しませんから、別に条件を変えずこれまで通りの働き方のままでも問題ないのです。

メリットとしては、仕事の負荷は変わらないという点。正社員に比べて仕事の責任が少ない、転勤等がないという契約社員のメリットを引き継ぐ形で、有期雇用というデメリット面がなくなります。

ただ、給料等はほぼ変わらないなど、待遇面での改善がないというデメリットがあります。

正社員と契約社員の中間

それぞれの会社によっては、正社員と契約社員の中間に位置付ける働き方がある場合もあります。

よく準社員、限定正社員という風に言われます。

待遇は正社員ほどではないが契約社員よりはよく、仕事の範囲は契約社員よりも広いが勤務地や職種が限定されているなどのメリットがあります。

有期雇用から無期雇用に転換を希望するなら

無期雇用で社員を雇ってしまうと、人員調整したくても簡単に辞めさせることはできなくなる為、リスクを背負うことになります。

その為、簡単に無期雇用にはなれずに、ほとんどの場合は5年以内に退職を余儀なくされます。無期雇用されるのにはかなり高い壁があると考えてください。

それでも無期雇用になることを目指すのであれば、まずはその可能性があるのかないのかということを一番最初に確認しなくてはなりません。

そもそも本人の実力が高かろうがなかろうが、最初から可能性ゼロという場合もあるのです。

上司に可能性があるのかを確認する

可能性があるかどうかを知る為にも、とにかくまずは上司に相談してみてください。

具体的にどれくらい勤続すればいいのか、登用試験があるのか、無期雇用となる場合はどんな働き方になるのかなども聞いてみたほうがいいでしょう。

そこで曖昧な発言をされたり、可能性が低いと言われたらもう期待しないほうがいいです。

上司に相談するのは、可能性を探るだけではなく、自分に無期雇用にしてもらいたいという意思があるとい意思表明にもなります。

上司にその意思を知ってもらうことで、今後それに向けてアピールできる仕事を与えてくれたり、チャンスがあった時に声をかけてもらえることにつながっていきます。

鵜呑みにしてはだめ

もちろん上司の言うことを鵜呑みにしていてはだめ。可能性はないにも関わらず、とりあえず期待されるようなことを言ってくる場合もあります。

その為、過去に実績があるかなども調べる必要があります。

可能性があるだけということを忘れずに

上司からも前向きな話を言われ、実績があったとしても、それが自分が無期雇用になることを保証してもらえるものではないことを忘れてはいけません。

あくまで可能性があるというだけであり、その状況は変わっていきますから、途中で無理と判断したらいさぎよく諦めることも大事。

無理と判断したら自ら転職活動を

無期雇用で働きたいと願うのであれば、無理と判断した時にいさぎよく転職活動することも大事なことです。

実際、自分で転職活動したほうがずっと可能性は高いと思います。

転職活動する際には、転職サイト、転職エージェンを上手に活用するようにしてください。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

関連:契約社員から正社員になるには?正社員登用と転職という方法。

関連:派遣社員、契約社員で働いている20代女性が考えておくべき将来のこと



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ