仕事に向いていないと感じたり、言われた時に考えてみるべきこと

仕事に向いていないと感じたり、言われた時に考えてみるべきこと

最初は好きで始めた仕事であっても、中々上手くできなかったり、徐々に楽しさを感じることができなくなってしまうと、「今の仕事は向いてない」と感じてしまうかもしれません。

また、それは自分自身で感じるだけでなく、人から言われてしまうこともあります。

時には上司や同僚などから、向いていないと言われてしまうことさえあります。

確かに、仕事には向き不向きがあります。

しかし、本当にその仕事が向いているのか、それとも向いていないのかということは、中々判断しにくい面があります。

間違った判断によって、辞めてしまった後で後悔することもあるのです。

そこで、今回は仕事が向いていないと感じた時に考えるべきことについて紹介します。

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

関連:会社が嫌い、仕事が嫌いな時に考えてみるべきこと。働き続ける理由は?

関連:仕事が遅い人の特徴や対処法、遅い原因は能力の問題だけではない

仕事が向いてないと感じる、でもそれって本当?

仕事が向いてないと感じてしまう理由やタイミングは人それぞれです。

そして、それが本当に正しいかはわかりません。

本当に向いてない場合もあれば、実はむしろ向いていることだってあります。

もし、仕事が向いていないと感じた時には、一度冷静になて考えてみる必要があります。

感情に左右されすぎていないか

仕事でミスをして、上司に怒られたり、責任の重い仕事を任されてプレッシャーを感じたり、上司とうまがあわなくて働きにくかったり。

仕事をしていく中で嫌なことは多々あります。

もちろん、仕事に対してどのように感じるかということは、仕事をする上で必要なことです。

ただ、仕事が向いていないかどうかと判断する際には、一度無視することも必要です。

本来は向いている仕事にも関わらず、仕事の内容と関係ない部分で誤った判断をしてしまうことになります。

向いていないことだけが原因?

何か仕事が上手くいかないと、すぐに向いていないからだと決めつけてしまう人もいます。

しかし、原因は向いていないことだけではありません。

向いていないと片づけることは非常に楽ですが、まずはなぜ上手くいかないのかということについて、しっかり考えてみる必要があります。

なぜミスを繰り返してしまうのか、なぜ周囲より仕事が遅いのかなど、向き不向きではなく考えてみてください。

単純に努力不足の場合があったり、経験不足の場合だってあるのです。

他人が言ってくる場合には、仕事の適正についてだけではない

上司や同僚などに、仕事が向いていないと言われたことがある人もいるかもしれません。

他人は、自分よりも客観的に見て言ってくれる為、参考になる場合は多いです。

ただ、向いているか向いていないかということに関しては、仕事の適正についてのみで判断して言っていない場合も多々あります。

その個人に対しての感情であったり、ミスに対しての嫌味であったりと、向き不向きとは関係のない要素が入っている場合もあります。

また、他人が評価する場合は、あくまで他者との比較になります。

その為、自分の中では向いている仕事であっても周囲が優秀すぎたり、経験豊富であるが故に向いていないと判断されてしまうかもしれません。

仕事の全てに求めすぎていないか

仕事というのは、たった一つの能力で済むものではないですし、様々な仕事をこなしていく必要があります。

その為、仕事の中には向いているものもあれば、向いていないものもあります。

たった一部分だけで、その仕事全体が向いていないと判断してしまうのはいけません。

切り取った一部分だけでなく、全体として見てみる必要があります。

仕事が向いてないと感じたときに考えてみるべきこと

では、具体的に仕事の向き不向きを判断する為に何をすべきか、考えてみるべきことを紹介します。

向いていないと感じる理由を列挙する

まずは、なぜ仕事が向いていないのか、その理由を列挙してみてください。

ミスが多い、人に比べて仕事が遅い、仕事を覚えることができない、仕事がつまらない、成長を感じることができない。

思いつくものを全て書いてみましょう。

そうすることで、自分を客観的に見ることにつながっていきます。

自分の将来像を想像する

自分が将来どうなりたいかという点も考えてみましょう。

多くの人が、目の前のことばかりに気を取られてしまいがちです。

もし、今の仕事での将来を描くことができないのであれば、それは仕事自体が向いていないと判断することができます。

感情を整理する

仕事の向き不向きには、自分がどう感じているかという点も大切な要素です。

しかし、一時の感情が誤った判断につながることもあります。

一度、自分の感情に焦点をあてて、整理してみてください。

その感情が一時のものではないと判断できるならば、向いていないと考えても良いでしょう。

違う仕事をしている自分を想像してみる

今の仕事は向いていない。ではどんな仕事が向いているのかということを考えてみてください。

否定的なことだけを考えるだけでなく、次につながる考え方を持つことが大切です。

向いていないということだけを考えるのではなく、もっと前向きに自分の向いていることはなんなのか、これまでの経験から考えてみましょう。

他人に言われた場合には、その理由を探る

先ほども述べたように、他人から仕事が向いていない言われた場合、それを参考にすべきかどうかということは気を付けなくてはいけません。

純粋に仕事の適正についてアドバイスとして言われるならいいですが、感情をぶつけてきているだけならばあまり参考にしないほうが良いでしょう。

もし仕事が向いてないと言われたら、なぜそう言われるのか、その理由を探るようにしてみましょう。

転職してもいいけど、たった一つの方法ではない

仕事が向いてないと感じた時に、思いつくのは転職することです。

しかし、選択肢は転職だけではありません

会社内で部署異動するという方法もあるし、苦手なことを克服するという方法もあります。

まずは、転職すると決めつけないで、本当に向いていないのかを判断し、どういう選択をするか決めましょう。

また、転職するにしてもどういった仕事に就くかということを決めなくてはいけません。

向いていない仕事にまた就くならば転職してもしかたありません。

単に仕事を変えるだけでは、また同様の悩みを抱えることになってしまいます。

転職することにした場合、自分の仕事には何が向いているか、どんな将来像を描いているか考えましょう。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビNEXT

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェント もおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント 

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビNEXT一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:仕事が辛い、死にたいと感じたら見直すべき仕事への考え方

関連:毎日残業が3時間以上でもう仕事を辞めたい。これって普通なの?

関連:仕事を覚えられない原因や対処法。早く覚える為のコツとは?



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ