自分に合う仕事、向いている仕事とは?どうすれば見つけることができるのか。

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

向いている仕事はなんだろう?どうすれば見つけることができるのか。

今の仕事はどうしても向いていない。自分に向いている仕事はなんだろうか。

どのような仕事が自分に合うのだろうか。

そういった疑問を持ったことがありませんか?

そう考えてしまうと、徐々に仕事に対して不満を持つことになってしまい、やる気もなくなるということにつながってしまいます。

ただ、多くの人はそこで止まり、自分に合う仕事、自分に向いている仕事がわからないまま、だらだらと今の仕事を続けてしまているのではないでしょうか。

一度、自分に合う仕事、自分に向いている仕事はなんなのかについて考えてみましょう。

関連:楽な仕事と楽しい仕事。あなたはどちらを選びますか。

関連:営業職を辞めたい、ノルマ、飛び込み営業が辛いと感じた時の対処法

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

自分に合う仕事、向いている仕事はどう見つけるか

自分に合う仕事、向いている仕事はどのように見つけていけばいいでしょうか。

好きなこと、やりがいを感じること

まずは自分自身の中で向いている仕事を考えてみましょう。

多くの場合、自分が好きなことであるとか、やりがいを感じることができることを、自分に合っている、向いている仕事をして認識することが多いでしょう。

もちろん、好きこそものの上手なれという言葉があるように、好きなことには熱中でき、上達も早いことから、向いている仕事になることが多いです。

しかし、そのように選んだ仕事は実際にやってみると違ったということが多いのが現実です。

外から見る場合、中から見る場合では全然違うのです。

ですから、好きなこと、やりがいを感じることが必ず自分に合う、向いている仕事とはなりません。

他人からの評価

自分は何に向いているのであろうと考えると、なかなか見えてこないものも、他人がわかっていることがあります。

むしろこちらのことが多いでしょう。

自分に合っている、自分に向いている仕事が何かと考えるとどうしても、その仕事の経験であるとか、できるできないだとか、仕事に対するイメージだけで好き嫌いを判断してしまいます。

ですから、他の人の客観的な意見のほうが、あなたの人間性を考えた上で、正しい答えを導きやすいのです。

ただ、欠点もあります。

なんでもそつなくこなす人間に対しては、あまり有効な手段とはならないのです。

そういった人を第3者から見極めることはかなりの困難。

確かに他人が選んだ結果でも、それなりに良い結果はだすでしょうが、それはベストな結果ではないことが多いです。

色々な仕事を知る

自分に合う、向いている仕事をなんだろうと考えているものの、多くの人があまり仕事を知りません。

どんな仕事をするのか、その仕事の楽しいこと、大変なことを知らなければ、

向いている仕事かどうかなんてものはわからないのです。

色々な仕事について調べてみてください。

今は転職サイトもたくさんあり、どんな仕事があるのかといった情報も容易に入手できます。

 

転職サイトを見てみることから

まずは第一歩として、転職サイトを色々と見てみることからはじめてください。

見るだけでも現状を把握できる為、今後の自分についても考えるいい機会になります。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度、現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

もちろん、転職できた人に限った数字の為、全転職希望者から考えると、もう少し下がるでしょうが、それでもかなり高い数字です。

そして今は人手不足から転職サイトに載っている求人も以前より増えていて、選択肢も広がっていますし、登録すると来るオファーの数も増えている為、好条件で転職しやすい状況です。

転職したいという人にとって、絶好のタイミングであると言えます。

自分を振り返る

自分に合う仕事、向いている仕事を見つけるとき、自分自身について振り返ることは大事です。

例えば趣味。なぜその趣味を選んだのかだとか、

日常生活で何が得意で、何が不得意なのか。

何をしている時間が幸せで、何をしている時間が不幸せなのか。

そこにもヒントは隠れています。

スポンサーリンク

自分に合う仕事、自分に向いている仕事を探す時の注意点

自分に合う仕事、向いている仕事が何かを探す時に、ヒントとなることをあげてきました。

向いている仕事を探す場合、どうしても自分の知識の中で、自分の考えだけで悩みがちです。

もちろんそれは大事ですが、他人の意見や、情報収集も大事なのです。

ズバリ見つけることをはかなり大変ですが、ある程度絞ることができるかと思います。

しかし、実際に働いてみるとやっぱり向いていないと感じることが多いかもしれません。

ただ、それは純粋にその仕事に足して感じていることでしょうか。

例えば、職場の人間関係であるとか、労働条件であるとか、仕事の厳しさだとか、

自分に対して不都合なことがあるとどうしても、その仕事自体が嫌いになり、向いていないと勘違いしてしまうことがあります。

実は向いている仕事であるのに、いずれ大成することができるのに、勘違いをしてその仕事から離れてしまう。

これではもったいないですよね。

向いている、向いていないということを判断する時にはそういったことを排除して考えなくてはなりません。

スポンサーリンク

前向きに考えることも大事

時に、自分に合う仕事が見つからない理由が自分にあることもあります。

自分に合う仕事、向いている仕事というものをはないと決めつけてはいつまでたっても見つかりません。

仕事自体が自分に合っているか、向いているかということは、仕事を始めた直後にはわかりません。

だらだら仕事をしてもわかりません。

仕事に対して真剣に、そして自ら成長させようという思いがなければ、いつまでたってもわかりません。

わからないまま、結局この仕事も自分にはあっていないと決めつける結果、いつまでたっても自分に合う仕事は見つからないままという場合もあります。

自分に問題がないか、もしあるのであれば治していく必要があります。

最後に

向いている仕事が何か、もっと向いている仕事があるのではないかということは、多かれ少なかれずっと考え続けることであると思います。

しかし、どこかで線を引かなくてはなりません。

自分の中での線引きをはっきりし、その上で、向いているとかではなく、仕事が楽しいと思うことができるようになるといいですね。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

関連:30歳代の平均年収、平均貯金額、結婚、趣味について



このページの先頭へ