無断欠勤してしまったら。無断欠勤による影響と対処法。

無断欠勤してしまったら。無断欠勤による影響と対処法。

会社で嫌なことがったり、辛いことがあると、会社に行きたくないと思ってしまうのも仕方ありません。

そういった時、たとえ嘘でも何か言い訳にして、連絡した上で休めばいのですが、どうしても上司に連絡しにくい、連絡する元気がないといった時、全く連絡せずに無断欠勤をしてしまう人もいます。

しかし、無断欠勤することは基本的にどこの会社でもNG。

無断欠勤することは大きなリスクを伴い、その後の会社生活において悪影響を及ぼしてしまう可能性が高いです。

そこで、今回は無断欠勤による影響と、もし無断欠勤してしまった場合の対処法を紹介します。

関連:正社員で仕事をバックレるとどうなる?トラブルに避ける退職方法

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:社会人に向いていない、社会不適合者だと思っている人の仕事との向き合い方

スポンサーリンク

無断欠勤してしまったらどうなる?

無断欠勤をしてしまったら、その後にどういったことが起こる可能性があるか紹介していきます。

無断欠勤による影響

無断欠勤はどこの会社でも厳禁とされ、もし行った場合にはそれ相応の罰が与えられてしまいます

その罰というのは、会社によって様々で就業規則によって定められていますが、どこの会社でも重たい罰を課せられてしまうことが多いです。

また、それだけではなく、今後の会社生活でも様々な悪影響を及ぼします。

減給

無断欠勤した日は、もちろん出勤していないわけですからその分の給料を支払われません。

しかし、それだけではなくその後に罰として、さらに減給を課せられる場合もあります。

減給の額は1ヶ月10%までと労働基準法によって決められており、その範囲内で減給される可能性がとても高いです。

また、その影響はボーナスにも及びます。大幅なボーナス減となってしまう可能性が高いです。

解雇

無断欠勤が複数回に及ぶと、解雇の可能性もあります。

退職を勧められ自己都合の退職となれば、幾分ましですが、最悪懲戒解雇ということにもなりかねません。

懲戒解雇の場合、本来退職時にもらうことができるはずの退職金ももらうことができなくなってしまいます。

損害賠償

無断欠勤によって被害をこうむったとし、損害賠償請求する会社もあるそうです。

もちろんその損害賠償が全て正当なものであるわけではないですが、正当と判断されれば支払わなくてはなりません。

信用を失う

無断欠勤をした場合、解雇にならずにそのまま会社にいてもその人への信用は大きく失われてしまいます。

無断欠勤をすること自体、NGとされている中で行うわけですからいたし方ありません。

出世はなくなる

まず、出世への道は閉ざされるでしょう。

無断欠勤に限らず、会社から減給などの罰を受けた場合、どれだけ仕事ができても出世していくことは困難となります。

労働契約法による規定

労働契約法では、解雇について以下のように規定されています。

解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。

労働契約法 第16条

無断欠勤は、客観的、合理的な理由として認められるかによります。

就業規則に、何日以上の無断欠勤で解雇となるかという規定がない場合、2週間以上正当な理由がく無断欠勤した場合に解雇することができるとされています。

就業規則で、もし2週間以下が規定されている場合には解雇は不当ということができるかもしれません。

しかし2週間はあくまで目安ですから、それ以下でも無断欠勤による解雇が正当と判断される場合もあります。

正当な理由とは

無断欠勤であっても正当な理由であれば、罰は受けない場合もあります。

例えば、無断欠勤の原因がうつ病である場合。

無断欠勤した後、病院にいったらうつ病と診断された場合では、正当な理由とされるでしょう。

他にも、何らかの理由でどうしても連絡ができなかった場合などは認められる可能性もあります。

スポンサーリンク

無断欠勤してしまったら

無断欠勤をしてしまうと非常に大きな悪影響を及ぼしてしまいます。

それでも、してしまった場合にはどうすればいいでしょうか。

精神的に辛いことを伝える

無断欠勤をしてしまった場合、正直に精神的に辛くて休んでしまったということを伝えることがいいです。

会社としても、うつ病の人をだしてしまうことは嫌なことですから理解を得られる可能性は高いです。

上司によっては無断欠勤であっても有給休暇で休んだことにしてくれることもあります。

そうすれば、減給もボーナスの減額等もありません。

下手な言い訳はしない

無断欠勤してしまったことに対して、言い訳を考えがちですが、電話すらできないほどの良い言い訳なんてありません。

もし、その場を乗り切ったとしても、信用はさらに失ってしまうことでしょう。

上司の温情すら受けられなくなってしまいます。

ですから基本的に言い訳はNG。正直に話したほうがいいでしょう。

出来るだけ早く連絡する

時間がたてばたつほど、連絡しにくくなってしまいます。

そして時間がたえばたつほど、許されなくなってしまいます。

できるだけ早く連絡するようにしましょう。

転職も視野に入れる

無断欠勤にまで追い込まれる状態、そして無断欠勤してしまった事実を鑑みれば転職するのが最善の選択であることが多いです。

一度そういったことをしてしまえば信用は失墜してしまいもう取り戻すことが不可能となってしまう場合も多いですし、追い込まれてしまったような環境が今後変わっていく可能性も高いとは言えません。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

スポンサーリンク

無断欠勤するほど追い込まれる前に

無断欠勤することは基本的にNG。それでもしてしまうこともあります。

しかし、そこまで追い込まれる状況を作ってはいけません。

もしそこまで追い込まれてしまったのなら、転職することを考えてください。

一つの会社に固執するのではなく、選択肢をもつことが大事です。

もう限界というのであれば、退職してしまった後で転職活動を始めてもいいです。

退職は2週間前にはいう必要がありますが、その2週間は有給を使って休むということもできます。

無断欠勤をするほどの状態は、精神的に非常に危険な状態ですから、そのまま頑張り続けてしまうことが一番危険です。

関連:仕事を辞めたいと思う人が行うべき仕事や転職への取り組み方

関連:仕事が辛いと感じたらチェック、うつ病になる前に行動しよう

関連:転職サイトが求人情報以外にもかなり使える!社会人はチェックしておいたほうがいい。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ