もう会社に行かないと決めて翌日に電話で仕事を辞めた時の話

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

もう会社に行かないと決めて翌日に電話で仕事を辞めた時の話

会社に行きたくない、そのまま仕事を辞めてしまいたい。

そんなことを考えたことがある人はおそらくかなり多いのではないでしょうか。

もちろんそう思ってもなかなかそんなことできませんが、ただいざという時はその気持ち通りに行動を起こすことも必要なことなのかもしれません。

今回紹介するのは、前日まで普通に行っていた会社をもう行かないと決めて仕事を辞めた人の話。

いざと言う時にはこういうやり方もあるということも知っておくといいかもしれません。

関連記事

 

私がもう会社に行かないと決めた理由

普通ならば最低でも辞める1ヶ月前には退職を申し出て、しっかり引き継ぎを行った上で退職するのが筋だと思います。

しかし私は一切その手順を取らず、それまで普通に行っていた会社を翌日から行かず、そのまま辞めたことがありました。

何もかもが限界だった

なぜ私がそんな辞め方をしてしまったか。

その一つ目の理由が、精神的にとにかく限界だったからです。

毎日夜遅くまで残業して残業代もろくに支払われない。

特に何も考えずにどんどん与えられる膨大な量の仕事量。

後輩の仕事の責任を被り、謝ってばかりの毎日。

文句と嫌みしか言わない上司の存在。

そんな毎日を過ごしていた私は、もうすでに限界を超えていて、突然ふっともうこんな会社は辞めてしまおうと思い立ってしまいました。

すぐ辞める為の手段があることを知っていました。

辞めようと思えば、すぐ辞める手段があることを知っていたのも大きかったです。

退職は前以て言わなくて言わないが、有給休暇を使えば次の日から行かなくてもいい。もし正当な手続きを踏まずに突然行かなくなっても、損害賠償をとられたりすることはない。

そういったことが私の退職を後押ししていました。

普通には辞められないことがわかっていた

以前に先輩が辞める時、それはそれは大変でかなりきつい引き止めが行われ、暴言すら吐かれ、退職までかなり苦労するのを見ていました。

そして自分がもし辞めると言ったら、まあ同様のことになるだろうなということになるだろうなということもわかっていました。

いくらこっちが正当にやろうとしてもそれを受け入れてくれないなら、正当にやったって苦労するだけだという気持ちが強かったです。

罪悪感がなかったわけではない

とは言え、罪悪感が全くなかったわけではありません。

上司はくそだったので、特別上司に対しては何も思いませんでしたが、同僚に対しては申し訳ないという気持ちは持っていました。

ただその罪悪感を余裕で超えるくらい、精神的には限界でした。

電話で仕事を辞めると告げた時の上司の反応と退職まで

では実際に会社に行くことを辞め、電話で仕事を辞めると告げた時の話をします。

上司には当然厳しいことを言われた

まあ当たり前ですが、上司には当然かなり厳しく言われました。

何を言っているんだ、せめてマナーは守れ、引継ぎもやらず辞めて申し訳ないと思わないのか。

罵声とまでは行かないまでも、電話口ではかなり強い口調で責められたことを覚えてます。

まあそれで引き下がることはありませんでした。もし撤回してまた会社に行くなんてもっと恐ろしかったですし。

そしてとりあえず一度会って話をしようということになり、翌日に上司が私の家の近くまで来ることになりました。

近くの喫茶店で話

本当は家に来ると言っていたんですが、それではそれこそ怒鳴られたりもするだろうし、撤回するまで家に居座られても困ると思ったので喫茶店で話すことにしました。

で、実際に喫茶店で上司、そして一緒に来た人事の人と話すことになったわけですが、正直思ったよりはスムーズに話が進み、30分ほどで終わりました。

上司も冷静で、なぜ仕事を辞めるのか、なぜこんな辞め方になってしまったのかなどを正直に話すと、素直に納得してくれたのです。

かなり覚悟を持ってのぞみましたが、正直助かりました。

大きなトラブルなく退職できた

そこからは特にトラブルもなく退職できました。

有給休暇はかなりあまっていたので結局退職日は1ヶ月後になり、1ヶ月間は有給休暇を使用。

給与未払いもなく、退職金も満額。

さすがに申し訳なかったので、同僚に何回か電話して引継ぎをしましたが、その後会社に呼ばれることもありませんでした。

会社に行かないという選択をしたことについて

しっかりと手続きをせずに辞め、引継ぎもしなかった

マナーが悪いと言われても仕方ないし、同僚に対して申し訳ない気持ちも当然あるし、批判されるのは仕方がないと思ってはいます。

しかし、それでも会社に行かないという選択をしたことに後悔はありません。

運よく、特別トラブルもなく、苦労することもありませんでしたし、何より限界でしたから。

ただそこまで追い詰められていないなら、やっぱり辞める時はちゃんとした流れに従った方がいいとは思っています。

今余裕ができて冷静になって考えると運が良かっただけでしたし、後になって申し訳ない気持ちが大きくなっていきましたから。

仕事を辞めてからのその後

ちなみに仕事を辞めてからはこんな感じでした。

失業保険受給

まずは失業保険の受給。

退職日の1週間後くらいに離職票が届いたのですぐに失業保険受給の手続きの為にハローワークに行きました。

私の場合、自己都合の退職であったものの残業が常に45時間を超えている状態であった為、特定受給離職者に認定。

そのおかげで3ヶ月間の給付制限はつかずに7日間の待期期間のみで需給が開始されました。

転職活動開始から次の仕事で働きだすまで

転職活動自体は辞めて数週間たったタイミングで始めましたが、失業保険もあったし退職金もあったのでついだらだらしてしまって、ようやく次の仕事が決まったのは退職日から4ヶ月後でした。

真面目にやりだしてからは内定を貰うまではだいたい2ヶ月くらいでした。

転職後の感じたこと

転職してから今の時点で2年たっています。

そこでまず感じたのは、こんなまともな会社があるならさっさと転職しておけば良かったということ。

なんであんな会社で10年近くも働いていたんでしょうか。

転職したってどこも一緒、なんとなく辞めるのは逃げるみたいでプライドが許さないといった今考えるとほんと無意味なことを考えていました。

労働条件等を重視仕事を選んだ分、給料は少し減りましたが、幸福度で言ったら圧倒的に転職後の方がいいです。

特にサービス残業はやっぱりしんどいです。多少ならまあ仕方ないかなとも思えますが、さすがに毎月30時間も40時間もやらせるような会社はしんどすぎます。

とりあえず私はあのタイミングで仕事を辞め、転職に踏み切って本当に良かったと今では思っています。

辞めた方がいい、転職した方がいい時もある

辛抱強く一つの会社で働き続けることも確かに大切なこと。

しかし、時には辞めた方がいい時、転職した方がいい時もあります。

限界なのに無理を続け、体を壊してしまっていては元も子もありません。

もちろん今回のような仕事の辞め方はあまり推奨できません。

できる限りは正しい手順で辞めた方がトラブルも起きず、結局は楽です。

ただどうしても辞められずにいる人は一つの辞め方として参考にしてもいいのかもしれません。

おすすめ転職サービス

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ