大企業や公務員を辞めて転職するのはもったいないと言われるのはなぜか

大企業や公務員を辞めて転職するのはもったいないと言われるのはなぜか

自分の中で転職の決心が固まり、いざそのことを誰かに言うと高い確率で言われる「もったいない」という言葉。

特に大手企業から転職する場合や公務員から転職する場合に言われることは多いと思います。。

両親、友人、会社の上司や同僚、色々な人から言われます。

それどころか初対面の人にすら、転職してからしばらくたった後に経歴を話すと言われることだってあります。

まあ転職後なら何言われようとも、自分の中で転職したことに対してメリットを実感できていればそれほど気にはならないこと。

ただこれから転職しようと言うタイミングでそう何度も言われてしまうと自分の中で迷いを生じてしまう原因にもなるのであまり喜ばしいものではありません。

そこで今回は転職がもったいないと言われる原因や、もったいないと言われ転職するかどうかを悩んだ時の対処法を紹介していきます。

関連:大企業ならではの仕事での辛いこと。大企業だから幸せなんてことはない。

関連:大企業から中小企業への転職の成功事例、失敗事例。

転職しようとしたらなぜもったいないと言われるのか

転職しようと思っている人にとって、そう決意したにはそれなりに理由があることです。

しかしそんな一大決心をしたことを周りは知りません。そして平然ともったいないという言葉を投げかけています。

人に言われたからといって自分のことだから気にする必要はない、そんな風に考えることができればいいのですが、実際に言われてみると迷いが生じてしまったり、理解を得られないことに対し悲しくなったりもしますし、たびたび言われるのが嫌で人と関わりたくなくなってしまう場合なんかもあると思います。

ではなぜ周りはそんな簡単に転職するなんてもったいないということを言ってくるのでしょうか。

価値観の違いがある

一般的には公務員や大企業などの安定している仕事がいいと考えている人が多かったり、とにかく給料が高い仕事が良いと考えている人が多かったりしますね。

しかし実際働いているとそれだけが大事なわけではありませんよね。働く上で何を大事にするかということは人によって様々。自分のやりたいことができるか、労働環境や労働時間など色々なことがあると思います。

ただ人というのは自分の持っている価値観と違うことを中々受け入れることができないもの。

安定、給料といったことに目が行く人にとって見れば、それを捨てさってまで転職することを中々理解することができずに、ただ単にもったいものとして捉えてしまうのです。

転職にネガティブなイメージを持っている

転職自体にネガティブなイメージを持っている人が多いというのも一つの理由として挙げることができるでしょう。

終身雇用制度、新卒至上主義といったことが浸透してきた日本において、一つの会社を定年まで勤め上げることが良しとされている風習はいまだに残っています。

そういった考え方がある中で、大企業や公務員になった人が辞めるとなればなんで?となるのは当然のこと。

それなりの給料で、高い確率で定年まで勤めあげることができる仕事を辞めることはとにかくもったいないとしか思えないのです。

働きたくても働くことができない人も多い

安定性や給料面だけではなく、世間体が良い、福利厚生が良い、仕事の規模が大きい、教育制度が充実している、社会的信用度が高いなど大企業で働くことには大きなメリットがあることも事実。

当然就職・転職難易度も高く、働きたいと思っていても働くことができない人はたくさんいます。

また実際に働いてみると色々と嫌なこともあるんですが、それは外から見ていてもわからないこと。結局大きなメリットがあるとしか思われていません。

良いことばかりの大企業、誰もが働くことができるわけではない、そんな風に思っていらば辞める人に対してもったいないという感情を抱くのは至って普通の考え方なのかもしれません。

本当に大手企業や公務員から転職するのはもったいないのか

確かに大手企業は潰れる可能性も低いし、給料も高めではあります。労働者にとっては働きやすい環境である場合も多く、それ故に離職率も低い傾向があります。

だからといって転職することは本当にもったいないことなんでしょうか。

結局のところ、自分が何をしたいか、何を大切にするのかが一番大事なわけで、もしそのことを実現することができないということが自分の中で確信することができているのであれば、転職するよりも転職しないことのほうがむしろもったいないのではないかと私は感じます。

また転職するという選択肢を持たないということは、それだけで多くの機会損失。ただ大企業だからというだけで盲目的に定年までの長い時間を全て費やし、人生を棒に振ってしまう可能性も高いということを忘れてはいけません。

転職するのはもったいない、迷う気持ちを打ち消すには

せっかく転職を決意したのに、周りから言われ続けていればやっぱりもったいないのではないかと迷いが生じてしまうのは当然のこと。

そう思ってしまったからといってまだ決意が弱いから転職は辞めておいたほうがいいのではないかと考えるのは少々早すぎるかもしれません。誰だってそう思うものです。

ではそんな風に思ってしまったらどうするべきなのでしょうか。

転職先を決めてしまう

とにかくまずは転職活動をして転職先を決めてしまうこと。どんな会社でどんな仕事に転職することになるのかということが決まっていないことには始まりません。

転職先が決まって初めて転職にメリットがあるのか、転職することによって自分の希望を実現できるかということがわかります。

よく転職活動を何も始めていない段階で転職してもいいのだろうかと悩んでいる人もいるんですが、はっきり言ってその時点では決めきれるわけがないんです。

転職のメリットを全て書き出す

転職先が決まったらあとは転職することによって得られることは何なのかを全て書き出していきましょう。

その企業に応募したからには何かあるはずです。

もし書き出してみていまいちメリットが少ないと感じてしまうのであれば転職はすべきではないのかもしれません。逆に多くのメリットがあるとわかれば人に言われてももったいないと思うことはなくなるでしょう。

何の為、誰の為にするのかということを改めて考えなおす

最初転職することを決意した時にはなぜ転職するのかという転職の目的がはっきりしているもの。

しかし時間がたつにつれてそれがよくわからなくなってくるとともに、周囲の雑音に惑わされるようになってしまうもの

そもそも転職は誰かの為にするものではなく、自分自身の為にするもの。

改めて今自分が転職しようとしている目的を見つめなおしてみてください。

転職活動開始が全ての始まり

転職に悩む一番の原因は先が見えていないこと。先が見えていなければもったいないという言葉に惑わされてしまうのだって仕方ありません。

とにかくまずは転職活動をスタートさせましょう。そうすれば自分がどうしたいのか、改めてわかってくるでしょう。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:大企業からの退職、大企業からの転職、実は勇気のいること

関連:公務員を辞めたい!その理由や民間へ転職時の注意点。



このページの先頭へ