仕事のモチベーションの上げ方や維持方法、ただ働くだけでは下がるだけ

仕事のモチベーションの上げ方や維持方法、ただ働くだけでは下がるだけ

なんかモチベーションが上がらない。最近モチベーションが下がってきた。

やらなきゃいけないこともわかってる。頑張らなきゃいけないこともわかってる。それなのにダラダラしてしまう。

仕事をしている中で、そのように感じたことはありませんか?

そこで、今回は仕事のモチベーションの上げ方や維持方法を紹介します。

関連:仕事を頑張りたいのに頑張れない時にすべきことは?

関連:仕事が楽しい人と、仕事が楽しくない人の違い

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

仕事に対するモチベーションの重要性

モチベーションが下がってしまうことは、仕事をする上で悪影響を及ぼします。

労働の質に直結する

仕事のモチベーションは、労働の質に直結し、仕事のスピードや仕事の完成度に大きな影響を及ぼします。

モチベーションが下がると、すぐに集中力がきれ、だらだらと仕事を進めてしまうことが多くなる為、仕事が進むのは遅くなるし、ミスも多くなります。

その結果、上司に怒られことも多くなったり、周囲からの信用もなくなってしまい、間違いなく評価は下がってしまうでしょう。

時間が経つのが遅い

モチベーションが低い状態で仕事をしていると、集中できていない時間が多い為、とにかく時間が経つのが遅いです。

早く勤務時間が終わってほしいけど、時計を見るたびに時間が全然経っていないことの驚愕する。

そうなると会社自体が本当に苦痛になります。

とにかく辛い

時間が経つのが遅いだけでなく、様々なことが辛くなってしまいます。

仕事に集中しなければならない。仕事を終わらせなければまずい。

そう考えているはずなのに仕事に集中できていない状態はとにかく辛いです。

そして、自分に対して失望してしまうよういなり、徐々に自信が無くなっていってしまいます。

自分自身の成長に直結

モチベーションが高い状態であれば、仕事に対する集中力が高いだけでなく、自主的に取り組んで行くことができる為、成長していくことがでいます。

しかし、モチベーションが下がってしまうと、新たなことを覚えることが億劫になり、自分のできる仕事の範囲内で最低限で終わらせるようになってしまいます。

その為、成長することができなくなってしまいます。

モチベーションが高すぎることのデメリット

モチベーションが低いことは、様々な悪影響を引き起こします。

では、モチベーションが高ければ高いほうが良いのかというと、そういうわけではありません。

モチベーションが高すぎることが引き起こす問題もあるのです。

例えば周囲との差が大きすぎる為、同様から疎まれててしまったり、冷静に判断できず視野が狭くなるなどの問題が起きる可能性があります。

また自分の中でも、想像していた理想像との違いから、ショックを受けてしまう場合もあります。

モチベーションは誰でも下がる

どんなに最初はやりがいを感じていた仕事であっても、働き続けているとどうしてもモチベーションは下がってくるものです。

仕事ができる人だって、毎日同じことをしていると飽きるのは仕方がないことです。

決してあなただけの問題なわけではありません。

では、なぜ人によってモチベーションに違いがあるのでしょうか。

それは、モチベーションの上げ方、そして維持する方法が身についているかどうかによる部分が大きいです。

ですから、モチベーションが下がってしまったことを大きな問題として捉える必要はなく、今後どのように上げていくかが大切になります。

モチベーションの上げ方や維持方法

モチベーションを上げ、そして下がらないように維持することは、働く上で必要なことです。

できるだけ下がらないように維持し、下がったら上げる工夫をしなくてはいけません。

競争相手を作る

モチベーションを上げる最も効果的な方法が、職場で競争相手を作ることです。

一番わかりやすいのが、スポーツの世界です。

負けたくないライバルがいるほど、成長することができ、実力は伸びていきます。負けず嫌いな性格は大きなメリットとなるのです。

仕事も同様であり、あの人には負けたくないと思うことは、仕事への活力に繋がります。

競争させるというのは、各個人のモチベーションアップの為に組織内でよく使われます。出世競争もその一つです。

もし、組織内で競争意識がない場合であっても、自分の心の中で負けたくない相手を見つけてみましょう。

人の目を気にするようにする

職場では、意外にあなたのことを見られています。特に上司は見ているでしょう。

仕事をするふりをして、自分ではばれていないつもりでも意外にばれています。

もっと人の目を気にしてみてください。そうすることで自分を追い込みます。

自分ひとりで頑張るには、相当自己管理が厳しくないと不可能です。

周囲からの監視というのも、幾分必要なものなのです。

人の目を気にしすぎると、窮屈になってしまう為、精神的な疲れを生んでしまうので、注意が必要です。

新しい仕事を行う

モチベーション低下の大きな原因がマンネリ化です。

何年も同じ仕事をしていては、マンネリ化してしまうのも仕方ありません。

上司に新しい仕事をしたいと進言する、自分の仕事の範囲内で新しい仕事を見つけることもモチベーションアップの一つの方法です。

同じ仕事であっても、自分なりの工夫をとりいれたり、効率化を図ってみたりと、何か新しい取り組みをしてみてください。

面倒な仕事、やりたくない仕事を先に片付ける

何か面倒な仕事、やりたくない仕事があると、その仕事ばかりが気になりモチベーションは低下してしまいます。

さらに、そういった仕事を後回しにしてしまうことで、どんどん状況が悪化してしまいます。

ですから、面倒な仕事、やりたくない仕事はさっさと片づけてしまうことが大切です。

短期、長期的な目標を決める

新入社員の頃は、早く仕事を覚える、一人前になるという短期的な目標があったり、将来は出世したいという長期的な目標があり、モチベーションは高い状態だった人が多いです。

しかし、働き続ける中で、ある程度仕事ができるようになって、成長しなくてもなんとかなる状態になり、短期的な目標がなくなってしまったり、出世に対する現実を理解してしまい、長期的な目標を失ってしまっている人も多いです。

ただ、目標がなければモチベーションを維持することはできません。

一度、自分が将来どうなりたいかを考え、目標を設定してみてください。

違う会社、違う職場の人と会話する

会社にいると、会話する相手が同じ会社の同じ職場の人だけなんて人も多いかもしれませんが、あえて違う会社や違う職場の人と会話するのも良いでしょう。

違う環境で働いている人に刺激を受けたり、自分の仕事について考える良い機会になります。

しっかり休み、疲れをとる

疲れが溜まった状態では、モチベーションが下がってしまうのも仕方ありませんから、体も心もしっかり休ませるというのは大切なことです。

疲れが溜まりモチベーションが下がる中で働いていると、嫌な疲れ方をし、さらに家でもあれこれ悩んでしまい、全然疲れた取れないという悪循環に陥ってしまいます。

次の休みを意識し、その休みでしっかり休めるように1週間過ごしてみてください。

転職は解決策となりうるか

モチベーションが下がった状態が続くと、頭には転職の二7字がよぎる人も少なくないでしょう。

しかし、転職は解決策となりうるでしょうか。答えはYESでもあり、NOでもあると言えます。

どんな仕事であっても、ただ働いているだけではモチベーションは下がっていきます。

ですから、まずはモチベーションの上げ方や維持方法を身につけることが先決です。

とは言え、どうにもこうにもモチベーションが上がらないという時はあります。

そんな時、仕事を変え、新たな環境に飛び込むことは効果的な方法です。

ですからまずは自分を見つめなおし、その上で周囲の環境を変えるようにしてみてください。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、無料で市場価値や適正を調べられたり、直近で転職を考えているわけではないという人にとっても役立つ情報を見ることができるのでかなり便利です。

まずは最大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。

というかこの2つは他の転職サイに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っているので登録は必須です。

ちなみに診断テストで言えば、リクナビNEXTがグッドポイント診断という強みを調べるもの、DODAがキャリアタイプ診断という性格や能力、適している働き方や企業風土を調べるものが人気です。

転職を検討している人で、どちらにも登録していないという人はかなり少数だと思いますが、まだ使っていないという人はチェックだけしてみてください。

登録自体も色々と入力項目がありますが、まずは必要項目を入れればいいので数分で終わります。転職しようとしていることが転職サイト経由でばれたというのも聞いたことがないので心配ありません。

もう少し2つのサイトについて説明してみましょう。

リクナビNEXTは、転職者の8割が使っているそうです。

私もとりあえずまずはここに登録したし、情報収集をする為に他の転職サイトもあわせて使っていましたが、良い部分はあっても他に劣っているという部分は感じたことがありませんでした。

実際、リクナビNEXTをメインとして他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めている人が一番多いかと思います。。

非公開求人への応募が可能となるスカウト機能は他のサイトに比べて特に優れていますし、自分の強み市場価値を調べることができるなど、機能面が全般的に優秀なのが特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、求人検索やスカウト機能といった転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっていて、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利です。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、DODAは企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれる、求人は事前に審査しブラック企業を排除してくれているという特徴があるので、転職のリスクを最大限下げるといった観点でも利用は必要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、それらに次ぐJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:仕事がつまらない!それは誰もが感じること。

関連:仕事が遅い人の特徴や対処法、遅い原因は能力の問題だけではない

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ