職場のモラハラにはどう対策すればいい?モラハラの問題点と対策方法

職場のモラハラにはどう対策すればいい?モラハラの問題点と対策方法

パワハラ、セクハラに加え、最近ではモラハラという言葉も有名になってしまいました。

多くの会社で、職場のモラハラが蔓延してしまっており、かつそれが問題と気づくことができないないことが多いです。

しかし、モラハラを受けている被害者にとっては非常に辛いものです。

今回は、モラハラとは何か、そしてモラハラの対策方法を紹介していきます。

関連:会社、職場での嫌がらせ、職場のいじめにどう対処する?

関連:人付き合いが苦手、人付き合いが面倒と感じた時の対処法

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

スポンサーリンク

モラハラとは

モラハラとは何か、名前は聞いたことあるけれど、よくは知らないという人も多いのではないでしょうか。

まず、モラハラとは何か、その定義や問題点を紹介します。

モラハラの定義、特徴

モラハラとは、正式にはモラル・ハラスメントと言い、精神的に相手を傷つける行為を指します。

モラハラという言葉自体はフランスの精神科医によって提唱されました。

精神的に相手を傷つける方法として、言葉であったり、態度であったり、文書であったりと、相手に何らかの形で気づかせるということで行われます。

パワハラは身体的暴力であったり、精神的暴力だとしても、人前での罵倒などわかりやすい反面、モラハラは静かに行われる為、目立たない傾向があります。

モラハラの問題点

モラハラの大きな問題点は、目立たない行為であるが故にその行為がハラスメント行為であると気づかれない点です。

一つ一つの行為自体は小さいことで、周囲はもちろん、加害者、被害者ですらその行為に問題があるということに気づくことができません。

それ故に加害者は辞めることができず、周囲は止めることができません。

そして、被害者は問題が自分にあると考えてしまい、自分を追い込んでしまうことに繋がってしまいます。

一つ一つは小さなことでも、そのストレスが蓄積され大きなものとなり、被害者の心には大きなダメージとなってしまうのです。

スポンサーリンク

職場のモラハラにはどんなものがある?

では具体的には職場のモラハラとしてどういったものがあるのでしょうか。

いくつか例を紹介します。

無視

無視は場合によっては叱責されるよりも相手を傷つける行為です。

仕事に関することだけではなく、挨拶等を無視し続けることとはモラハラの一つです。

毎日の叱責、嫌味

仕事をする限り、上司から叱責されることは誰にだってあることかもしれません。

しかし、その叱責がある特定の人に偏り、かつそれが毎日行われるような状態は異常な状態です。

ただ、これはどの職場でも散見されることです。

人のコンプレックスに思っている部分を言う

誰にだってコンプレックスの思っていることはありますし、人に言われたくないこともあります。

しかし、そういったことがわからない人は、平然とその部分を言い、人を傷つけます。

過去の失敗をいつまでも言う

誰にだって失敗はあります。

もしかしたら、たまたまそれが大きな失敗となってしまったかもしれません。

しかし、それはいつまでも言われることではありません。

ただ、中にはその失敗をいつまでも引きずり言ってくる人もいます。

噂や悪口

誰にだって人の好き嫌いはあるでしょう。

しかし、それを表にだしてしまえば、相手のことを傷つけます。

本人のいないところであっても、それはいつか相手の耳の入ってしまう行為であり、そして相手を傷つけます。

冷めた目、馬鹿にした目で見る

相手を冷めた目で見る、馬鹿にした目でみる人があなたの周囲にいませんか?

言葉にださなくても、相手には多大なストレスを感じさせます。

職場のモラハラの対策

上記の例は、残念ながら多くの職場で当たり前のように行われてしまっています。

では、もし自分がモラハラ被害にあってしまった場合に、どういった対策をすればいいでしょうか。

モラハラの対策方法を紹介します。

モラハラであることを自覚する

まず、最初はあなたに行われている行為がモラハラであるということを自覚することです。

一つ一つの行為が小さい為に、それがモラハラであると気づきにくいのですが、継続的にあなたが傷つく行為が行われているのであれば、それはモラハラなのです。

悪いのは、自分ではなく加害者

モラハラの特徴として、被害者が自分を責めてしまう傾向があるということをあげました。

しかし、実際に悪いのは加害者であり、被害者ではありません。

モラハラは加害者の性格、人格によるものがほとんどです。

きっかけは仕事のミスなどもあったかもしれません。

しかし、それによって継続的に傷つける行為は行われるべき行為ではありません。

同じ境遇の味方をつくる

モラハラを行う相手は、ただ一人に行うのではなく、数人に同様の行為を行っている場合もあります。

まずは味方を探しましょう。

味方ができるだけでも心強くなりますし、さらに上の上司や会社に訴える際にも1人より複数人のほうが説得力があります。

同じ境遇にあっていない人に一人で相談してもあまり理解してもらえないことが多いです。

モラハラは一つ一つの行為が小さいが故、それぐらいだろうと問題視されないことが多いです。

しかし、複数人である場合には、問題視されやすくなります。

ただ、特定の一人だけに行っている場合ももちろんあり、そういった場合には周囲をあてにはできなくなってしまいます。

会社を辞める決断も必要

モラハラはパワハラに比べ、なかなか対策を打ちにくいのが現状です。

もし、限界だと感じたならば、会社を辞め転職する決断も必要になります。

決して我慢し続けてはいけません。

我慢し続け、体を壊すくらいなら会社を辞めるほうを選びましょう。

スポンサーリンク

モラハラにより退職する場合

もし、モラハラが原因で会社を退職する場合には、必ずモラハラの証拠を集めましょう。

メールや文書等ならそのものをコピー等して持って置き、言葉であれば録音しておく。

これによって、退職の原因が自己都合から会社都合に変えることが可能となります。

退職が会社都合になれば、失業保険の給付制限期間は無くなりますし、退職金も自己都合に場合よりも多く貰えます。

外に目を向けよう

決して体が壊れるまで一つの会社にこだわりつづけるのは辞めましょう。

会社は一つではありません。

今は、特に転職しやすい環境にありますから、もっと外を見ましょう。

まずは転職サイトで色々な会社を見てみることから始めてみてください。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビNEXT

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェント もおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント 

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビNEXT一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:パワハラの定義やパワハラ上司の事例、あなたの職場は大丈夫?

関連:精神的に楽な仕事はどんな仕事?きつい仕事から解放される為には

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ