モデル年収の実際の年収の差。求人広告の年収例とはかなり差があるので要注意

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

モデル年収の実際の年収の差。求人広告の年収例とはかなり差があるので要注意

ハローワークや転職サイトなどで見ることができる求人票には必ず年収や月給が書かれているもの。

転職希望者によってどれくらいの給料を貰うことができるのかというのは、その求人に応募するかどうかを決める上で非常に重要な項目ですから当然です。

ただこの年収ですが、あくまで例として書かれていて実際にどれくらい貰えるのかがわからないことが多いですよね。

そこで今回は求人広告で書かれているモデル年収と、実際に貰える年収の差について紹介していくことにします。

求人票のモデル年収例

求人票ではこう書かなくては行けないというものが決まっていません。

それ故に各社様々な書き方をします。

書き方として一般的なのは以下のパターンです。

幅のある例

まず一つ目が300万円から700万円、500万円から1000万円というように幅のある書き方。

年収は年齢、スキルによって大きく変わってくるものであり、求人を出す時点でまだどういう人を採用するかわかっていないのでこういった書き方をする場合が多いです。

年齢別に書かれている例

最近多いのが以下のように年齢別に書かれているパターン。

  • 25歳、3年目、年収400万円
  • 30歳、8年目、年収600万円
  • 35歳、13年目、年収800万円

その場の年収ではなく、どれほど昇給するかがわかる書き方になっています。

歩合給の例

営業等で歩合制を取り入れている会社の場合であれば、以下の書き方をしている場合も多いです。

  • 25歳、3年目、年収600万円(固定給300万円+歩合給300万円)
  • 30歳、8年目、年収800万円(固定給400万円+歩合給400万円)
  • 35歳、13年目、年収1,000万円(固定給500万円+歩合給500万円)

求人によっては歩合給の部分が非常に高く、年収が1,000万円以上となっている求人もたくさんあります。

書かれている年収に含まれているもの

給料には基本給以外にも残業手当、休日出勤手当、役職手当、さらには通勤手当や住宅手当といったものもあります。

求人広告に書かれている年収は、基本的にこれら支給されるもの全てを含んだ額と考えてください。

年収がかなり高くても、実は残業がたくさんあり残業代が多いだけという場合もあるので注意が必要です。

残業時の時給が2,000円だとした場合、月30時間増えれば年間で72万円も年収が増えるわけですから、かなり大きな割合を占めます。

モデル年収と実際の年収の差

ではここからモデル年収と実際の年収の差について紹介していきましょう。

書かれているものより少ない場合が多い

基本的にはモデル年収として書かれている例通りの年収は貰えず、少ない場合がほとんどであると思ってください。

特別なスキルを持っていてどうしても採用したいと思われればそれ以上の金額を提示される場合もありますが、それはごく稀です。

転職希望者にとって年収は会社を選ぶ際に非常に重要なポイントとなり、できるだけ高い年収の会社を選びます。

それ故に求人広告を出す会社は、できるだけ多くの応募者を集める為に可能な範囲で高いと思わせるようにします。

中には嘘の年収例を書く会社が無いわけでもありません。

年収に幅がある場合に実際に貰える年収

年収例が400万円から700万円というように書かれている場合だと、400万円から500万円の低い側になる場合が多いです。

ただ年齢が高くスキルが高い場合だと600万円以上となる場合もあります。

また転職前の会社でどれくらい貰っているかというのも、年収を左右するポイントになる場合があります。

年齢別に年収例が書かれている場合

年齢別に年収が書かれている場合、自分がその年齢だからといってその年収が貰えると思ってはだめ。1~3割程度低くなることが予想されます。

書かれている場合は実際そこで新卒から働いている社員で、特にトップクラスに活躍して同年代でも高い年収を貰っている人が例として記載されている場合が多いので、その会社での実績のない中途社員がその年収を貰えることはほぼありません。

また例えば25歳で転職したら35歳でそのモデル年収通り貰えるとも思わない方が良いでしょう。書かれているのは平均ではありませんからね。

歩合給の場合は特に注意

歩合給が書かれている場合は特に注意が必要です。

記載されている例はトップの成果を上げた人で決して平均ではない場合がほとんどですから。

年収の中で歩合給の割合が高い場合、実際の年収とモデル年収に大きな差、それこそ半分となることだってあるのです。

中には入社してすぐトップクラスの成果を上げることができる人もいるかもしれませんが。

正しい年収を確認する手段

では転職時に正しい年収を確認するのはどうすれば良いでしょうか。

面接時、内定後

求人票を見て応募する場合、応募時点で確実に正しい年収を確認することはできません。

ですので面接時にしっかり確認する必要があります。

基本的には1次面接もしくは2次面接で会社側から条件の話をしてくることになると思いますが、場合によっては内定後となる場合もあります。

また最初は年収を低く提示される場合があるので、交渉することも頭にいれておいてください。

転職エージェントを利用

転職エージェントを利用して転職する場合であれば、面接前に自分だったら年収がどれくらいになるかをある程度確認することができる場合もあります。

企業とエージェントが繋がっている為、年齢、経験からある程度想定できる為です。

また直接確認して最低いくら以上という金額を教えてくれる場合もあります。

さらに転職エージェントは年収交渉も代わりに行ってくれるというメリットがあります。

中々自分ではやりにくいし、上手くもできない人も多いでしょうから一任してしまうのも手です。

最後に

転職活動を成功させる上で必要なのは、淡い期待を抱かずに正しい情報をしっかり確認し納得した上で入社を決めることです。

企業は求人票でできるだけ良く見せているということを認識した上で転職活動に臨むようにしてください。

また転職活動では転職サイト、転職エージェントを有効的に使っていくようにしてください。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職を成成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ



このページの先頭へ