仕事のミスマッチで会社を辞めたい。どうすれば防げる?

仕事のミスマッチで会社を辞めたい。どうすれば防げる?

仕事のミスマッチによって会社を辞めたいという人は少なくありません。

そして実際、多くの人がミスマッチによって会社を辞めています。

その一つの例が新卒社員の離職率の高さです。

中卒7割、高卒5割、大卒3割の人が3年以内に会社を辞めています。

そしてその原因の一つがミスマッチによるものです。

ではどうすればミスマッチは防ぐことができるのでしょうか。

今回は仕事のミスマッチについて話していきます。

関連:適材適所とは?それは仕事にとても大切なもの

関連:会社を辞めたい入社2年目の人に考えてみてほしいこと

関連:新卒社員の平均離職率はこんなに高い!そろそろ仕事辞めたい新入社員が転職する頃?

スポンサーリンク

なぜ仕事のミスマッチは起こる?

まず、なぜ仕事のミスマッチが起こるのかを考えてみましょう。

そこにはいくつかの理由があります。

配属が希望と違う

ミスマッチの大きな原因の一つに、配属先が希望していた部署と違った為であることがあげられます。

就職時、職種、部署を限定せずに採用する会社も多いです。

そういった会社は、採用後に面談等を行い配属先を決めます。

もちろん、それぞれの希望を聞きますが、全員の希望を聞くことは不可能です。

その為、多かれ少なかれミスマッチが起きてしまうのです。

これが原因で、誰もがうらやむような大企業に勤めても、会社を辞めてしまう人もいます。

人によっては、希望と違っても受け入れることができる人もいます。

しかし、どれだけ条件が良い会社であっても受け入れることができない人もいるのです。

関連:異動したいけど異動願いは通るの?部署異動ができる可能性

給料、会社の名前によって決めてしまった

給料や、会社の名前というのも会社を選ぶ理由の一つです。

給料は大切だし、大企業のほうが福利厚生面が優れて居たりとなにかと良いです。

しかし、それだけで決めてしまうと、入社後に仕事が面白くない、やりたいことが違うとなってしまう人もいます。

自分にとって何が一番大切なのかを見誤った結果、ミスマッチは起きてしまいます。

仕事に対する間違ったイメージ

仕事をしたことが無い人が、正確に仕事をイメージすることは難しいです。

ですから、これまで学生をやっていた新卒社員は仕事を選ぶ際に、仕事に対して間違ったイメージを抱いてしまいます。

その結果、自分が興味ある、やりたいと思っていた仕事が、実際にやってみると全然違ったというミスマッチが起きてしまいます。

スポンサーリンク

仕事のミスマッチによる影響

上記のような原因によって仕事のミスマッチは起きてしまいます。

仕事のミスマッチが起きてしまうと、働く人にとっても、会社にとってもあまりよくない影響が起きます。

モチベーションの低下

ミスマッチによって、仕事に対するモチベーションの低下が起きてしまうというのはよくあることです。

そうすると、労働者は会社に行くこと自体が辛くなってしまいますし、会社にとっても社員が期待通りの成果をあげてくれないことになってしまいます。

離職率が高くなる

ミスマッチによって、会社を辞めてしまう人もいることは冒頭でも述べました。

会社にとって、離職率が高くなってしまうことは避けたいもの。

せっかく採用した人材がいなくなってしまい人手不足になってしまったり、会社の評判が悪くなってしまうという影響があります。

また、労働者にとってもせっかく入った会社を辞め、転職活動を行わなければなりません。

うつ病の原因にもなる

仕事のミスマッチはうつ病の原因にもなります。

ミスマッチによって会社を辞めてしまう人もいますが、辞めたいと思いながら様々な理由から我慢して働き続ける人もいます。

むしろ後者のほうが多いでしょう。

そして我慢し続けて働き続けた結果、うつ病になってしまうという可能性もあります。

うつ病になってしまうことは、労働者、会社双方にとってデメリットです。

仕事のミスマッチを防ぐには

では、どうすればミスマッチを防ぐことができるでしょうか。

ミスマッチを防ぐには、就職活動時にしっかり準備することが必要です。

よく言われることですが、やはり自己分析は大切。

自分が何を大切にし、何がやりたいのかということを明確にしなければなりません。

ただ、それは学生という立場ではなく、自分が社会人だったらということを想定して考えなければなりません。

逆に自分がやりたくないこと、避けたいことも明確にしなければなりません。

労働時間が長すぎるのは嫌なのか、給料が少ないのが嫌なのか、自分のやりたいことができないのが嫌なのか。

そして、もしどうしてもやりたいことがあるならば、入社後に配属される会社ではなく、多少は条件が下がってしまうことを受け入れてでも最初から職種が決まっている会社を選ばなくてはなりません。

とは言え、これだけでミスマッチを防ぐことはなかなかできないです。

いくら自己分析しても、働いたことがないならば社会人になってからどう思うかを正確に把握することはできません。働いてみたからこそわかることもあるのです。

また、必ずしも希望の会社に入れるとは限りません。

最初から職種が決まっている会社が選ぶべきであっても、やはり条件面も重視したく入社後に配属される会社についてしまうこともあるでしょう。

その為、仕事として割り切るか、まずは働いてみてから転職するという必要もでてきます。

スポンサーリンク

仕事のミスマッチで会社を辞めたいと思ったら

どれだけ準備をし、どれだけ考えてもミスマッチというのは起こりうるものです。

もしミスマッチが起きてしまったら、我慢して働き続けるか、それとも転職するかという選択肢があります。

我慢して働き続けることによって、最初はミスマッチだと思っていたけど、楽しくなってくるということはあります。

ですから、それが間違った選択ではありません。

ただ、どうしても受け入れることができないのであれば、さっさと転職してしまったほうがいいです。

ミスマッチだと感じてしまっている人は、職種を変える必要がでてきますが、それには若いほうが有利です。

特に第二新卒として転職する場合は、経験ではなくポテンシャルを見られる為、違う職種に転職しやすいです。

また、一度働いているという経験から、働くことを理解したうえで決めることができるのでミスマッチは新卒時に比べると非常に少なくなります。

もしミスマッチで悩んでいるならば、会社に行きながら転職活動を進めてみるのがいいでしょう。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビNEXT

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェント もおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント 

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビNEXT一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:仕事辞めたい病の克服の仕方や受け入れ方

関連:未経験職種、異業種に転職したい。難易度や年齢は?

関連:新卒入社3年目で会社を辞めたい人は多い、転職活動はどうなる?



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ