仕事のミス、失敗で会社を辞めたい時に考えるべきこと。むしろその退職が失敗だったなんてならないように。

仕事のミス、失敗で会社を辞めたい時に考えるべきこと。むしろその退職が失敗だったなんてならないように。

働いていれば誰だって、一つや二つ仕事でミスしてしまうことはあります。

ただ、そのミスがあまりに大きな影響を与えるものであったり、何度も繰り返してしまうようなことだと、もう仕事を辞めたいなんていう風に思うこともありますよね。

ただ、仕事での失敗を理由に本当に辞めてしまうかどうかは勢いまかせにするのではなく、今一度考えてみなくてはなりません。

関連:仕事の失敗体験談まとめ。あなたはどんな失敗経験がありますか?

関連:転職のメリット、デメリット。比較してみた時、あなたならどうする?

仕事のミス、失敗で仕事を辞めたい。なぜ辞めたくなる?

仕事でミス、失敗しても、特に重たくは考えずにあっけらかんとしている人もいますよね。まあ何も反省しないというのは、それはそれで問題はあるかもしれませんが、羨ましさも覚えます。

そういった人というのは、失敗があってもそれほど大きな影響はないと考えているか、失敗した後に自分に降りかかるものを特に大変なことだとは思っていません。

一方で、仕事のミス、失敗から仕事を辞めたくなる人は、それによって自分に降りかかる問題を大きく捉えてしまっています。

それこそが仕事を辞めたいと思う本質的な理由であり、まずは自分がどういうことが原因で辞めたいと思ってしまっているのかを考えてみる必要があります。

怒られるのが怖い

まず一つ目が上司に怒られるのが怖い、怒られたくないということでしょう。

誰だって怒られたくはないものですが、感じ方は人それぞれで、嫌な人は本当に嫌ですよね。

また、上司によっても怒られ方は全然違います。

すごい剣幕で怒鳴ってくる上司がいたり、一つの失敗をぐちぐちと言ってくるような上司だと、もう辞めたくなるのも仕方ありません。

周囲から冷たい目で見られることが嫌

おそらく仕事の失敗から辞めたいという理由の本質的な原因は、周囲から冷たい目で見られることが嫌であるということでしょう。

周囲に仕事ができない人間だと思われたくない、大きな損害をだした人間だという目で見られたくない、などとつい周囲の視線を気にしてしまいます。

プライドが高い人、すでに周囲から高評価を得ている人に特に多いように感じます。

出世競争から外れる

出世願望が強い人であれば、その失敗によって出世競争から外れてしまうかもという恐怖から仕事を辞めたいと思ってしまう人も少なくないでしょう。

出世競争はシビアなもので、それまで高い成果をあげていたとしてもたった一つのミスで大きな損害をだしてしまうと、それだけで出世競争から外れてしまう場合も少なくありません。

大企業を中心に、一度出世が遅れてしまうと、それを覆すことがほぼ不可能だという場合も多々ある為、どうせもう出世できないんだし仕事を辞めたいと思うのも仕方のないことかもしれません。

仕事のミスで辞めることは正しい?間違い?

本質的には上述した理由から仕事を辞めたいと感じている人がほとんどでしょう。

ただ問題は、仕事でミスしたことを理由に辞めるということは正しい選択なのか、それとも間違った選択なのかということです。

もしそれが間違った選択である場合、その仕事の失敗以上に仕事を辞めたことが失敗になってしまうことも多々あるのです。

だからこそ、本当に辞めるか辞めないかは勢いではなく慎重に考える必要があります。

辞めたほうが良い場合もある

もちろん、辞めたほうが良い場合もあるのは事実です。

その失敗が原因で全然違う部署にとばされてやりたい仕事ができなくなったり、出世競争から完全に外れてしまったり、周囲から仕事ができないという烙印を押され、毎日馬鹿にされたり、上司からぐちぐち言われて働きにくい環境になってしまったのであれば、それはもう大きなストレスでしょうから仕事を辞めてもいいかと思います。

本当に失敗は致命的になる?

ただ、実際は一回の失敗くらいで致命的にはなっていないのに、単に被害妄想が強いだけなんて場合も少なくありません。

別に周囲だってそのミスだけで判断していないし、上司だってその場では一応怒りはするけど反省を示すことで信頼が落ちることはないことがほとんどです。

もし自分の年収を超えるような損害を出すようなミスをしても、大事には捉えていないことも多々ありますし、何よりそんな失敗は一人の責任だけではありません。

確かに仕事を続ける上で致命的な失敗であることもあるにはありますが、たいていはそうでもなく、今回の失敗によってどうなるかは冷静に判断する必要はありません。

辞めたら失敗することはなくなるのか

そもそも仕事を辞めたからと言って、自分が成長して失敗しなくなるわけではありません。

転職してまたミスを繰り返してしまうようであれば、また同じことを考える結果になる為、あまり意味があるものではありません。

一回だけの失敗でそれが致命的になったというのであればまだしも、失敗を繰り返していづらくなったなんていう場合は自分の仕事の仕方も考えなくてはなりません。

その時、ミスが多い原因を単に自分に向いていないなんてことにしてはだめ。もっと明確な理由を考えてみる必要があります。

失敗するたびに辞めていてはきりがない

大きな失敗であればまだしも、中には小さな失敗で考えすぎている人もいます。

ただ、そんな失敗は誰にだってあるし、転職したところでまた起こります。

失敗するたびに仕事を辞めるようではきりがありません。

ですから、失敗した時の受け入れ方も身につけておかなくてはなりません。

働きにくさを感じたら辞めてもいい。ただし反省は必要

私の個人的な意見ですが、仕事で失敗したことが原因で、働きにくさを感じるようになったり、自分の目標が達成できなくなるような状況に追い込まれたのであれば、仕事を辞めてもいいと思っています。

一度できあがってしまった周囲からのイメージはめったなことがないと覆らないし、たった一回のミスでも取り戻せなくなってしまうことは多々あるからです。

ただ、その場合であっても失敗に関して反省する必要はあります。

仕事で失敗して働きにくくなると、いつのまにか働きにくくなった環境に不満を感じていつのまにか自分が失敗したことが原因であることを忘れてしまいがちです。

確かに一度や二度の失敗を許容することができない環境も悪いかもしれませんが、そうであっても自己反省は絶対に必要なことです。

それをした上で行う転職であれば、仕事での失敗を原因にした転職でもきっとうまくいくでしょう。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:仕事を辞めたい。まずすべきは転職したいのか改善したいのか、転職できるのかを知ることから

関連:仕事でミスばかり!ミスを連発する前にやるべき7つのこと。



このページの先頭へ