転職時に知っておくべき未経験可、未経験者歓迎の求人の目的と難易度、評価される為にすべきこと

転職時に知っておくべき未経験可、経験不問の求人の目的と難易度、評価される為にすべきこと

今の仕事とは全く違う未経験の仕事に転職しようと思った時、とりあえず転職サイトで「未経験者可」、「未経験者歓迎」と書かれている求人を探す人は多いと思います。

応募条件にその仕事の経験を求められていると応募資格がないわけですから、まあそうするしかありませんよね。

ただその「未経験者可」「未経験者歓迎」と書かれている求人。たくさんあるからと言って甘く考えては痛い目を見るかもしれません。

関連:26歳で転職を経験した人の3つの体験談、未経験の場合でも2回目でも成功する人はいる

関連:未経験だけど大手企業の正社員に転職する方法はある?

 

未経験可の求人に応募する場合は注意しなくてはならない

新卒採用の場と違って即戦力として期待される中途採用では仕事での経験有無がかなり重視されます。

ただそれでも未経験者でも大丈夫、仕事の経験がなくても大丈夫と言ってくれる求人はたくさんあって、必ずしも新卒で最初に入った会社でする職種を一生続けていかなくてはないなんてことはありません。

ただそれでも決して未経験者であることが歓迎されているわけではないということには注意しなくてはなりません。

入社1年から3年以内を対象とした第二新卒採用では、たとえおなじ仕事をしていたとしても経験年数の浅さから経験ありとはみなされず、全員が未経験者として同じ土俵に立つことができます。

しかしそれ以上の年齢になると未経験者というのは転職市場ではマイナスとなる場合がほとんど。甘く考えていては転職先を見つけることができません。

未経験可でも未経験者が転職を成功させるのは難易度が高い

未経験者可であれば未経験者でも難易度は高くないなんてことを考えてしまっていませんか?

しかしそれは大きな間違い。

未経験可となっていても未経験者が転職を成功させるのは難易度が高いことなのです。

未経験者と経験者が平等にみられるわけではない

未経験者可、経験不問と書いているからといって、応募者が全員未経験者であるというわけではありません。

あくまで未経験者でも応募資格があるだけで、魅力的な求人であれば当然経験者も応募をしてきます。

企業にとってみればやっぱり経験者の方がありがたいのは当たり前。最初にかける投資が未経験者と経験者では全く違いますから。

もちろん経験の有無だけで合否が決定するわけではありません。しかし大きな判断基準となるのは間違いなく、熱意を示せれば、自己アピールを上手くやれれば大丈夫なはずというのは残念ながら甘い考えです。

未経験者の中にも差がある

未経験者という場合も完全にひとくくりされるわけではありません。

未経験者と言えども近い仕事、その仕事に繋がる経験がある人は初期投資を抑えやすく、その仕事からかけ離れればかけ離れるほどに最初にかける初期投資は高くなります。

ですから採用されるのは当然より近い仕事をしてきた未経験者。

同じ業種で働いてきてその業種に関する知識がある、職種は違うけど交渉事をやってきたなど、それまでの仕事と転職する仕事に何かしらの共通点が大切になります。

それ故に転職活動でのアピールがかなり大切。面接官は過去の職種の名前を聞いたってどこに共通点があるか、どういった点を生かせるのかなんてことはわかりません。それをわかってもらうのは自分の言い方次第です。

倍率は高い

今は超売り手市場で企業が出している求人に対して求職者がかなり少ないので、転職自体はかなりしやすい状態にあります。

以前だったら未経験者なんてダメなんて時代もありましたが、今は未経験者可の求人も増えています。

ただそれでも未経験者可の求人の応募は倍率が高め。

対象者が多くなるとともに、仕事を変えることを希望する人はとても多いので経験者採用の場合に比べて難易度は高くなっています。

もちろん待遇が悪い会社であれば未経験者可となっていても応募者が全然来ない会社もありますが、待遇が良い会社だと倍率はとてつもなく高くなり、当然難易度も高くなっています。

未経験可での求人を出す目的

このように未経験者可の求人はそれなりに難易度が高くなることを覚悟し、しっかり転職の準備をしなくてはなりません。

そしてもう一つ知っておきたいのはなぜ未経験者可となっているのかという点です。

普通に考えて経験者の方が良いのになぜわざわざ未経験者でも採用をするのでしょうか。

経験者に限定すると人が集まらない

一番の理由は経験者に限ってしまうとそう簡単に応募者が集まらなくなります。特に最近の売り手市場の状況下ではそれが顕著です。

ですから知名度の高い大企業は経験者のみに限定しても人が集まるので未経験者採用自体はあまり行っていません。

もちろん知名度がない中堅企業、中小企業でも経験者を採用することは可能なんですが、その為には年収を高くするなど待遇を他社に比べて良くする必要がなります。

ただ中途採用者だけ待遇を上げるなんてこともできないし、人件費のコストアップか未経験者に初期投資をかけるかで行くと後者の方が得なので未経験者可とする場合が多くなっています。

経験がそれほど活きない仕事

仕事によっては難易度が高く経験が必要となる仕事もありますし、難易度が低く簡単に仕事を覚えることができるので経験よりもその人の人間性を重視した方が良い仕事があります。

後者の場合はわざわざ経験者可として応募の枠を狭めるよりも、未経験者可として応募の枠を広げるほうが企業側にとってメリットがあります。

ということは、その仕事をしてもそこまで自分を成長させることができるものではなく、再度転職しようとしても評価されない可能性が高いということです。

年齢が低いうちは採用されても、年齢が高くなってから転職しようと思うと経験で評価してもらえない分、何度がとてつもなく高くなる可能性があります。

社員は使い捨て

転職時に最も気を付けなくてはいけないのが、社員を使い捨てにしか考えていない会社。

辞めることになってもいいから安い給料でとにかくガンガン働かせる人を集めるというブラック企業は、わざわざ経験者を採用するのではなく、未経験者でも良いからとにかく入社させたいと考えています。

そんな会社に入るのは絶対に避けなくてはなりません。

多職種の経験を生かしてもらいたい

未経験者可としている目的に良い面がないわけではなく、違う仕事をしてきた経験を自職場で活かして貰いたいと考えている場合もあります。

会社として体力があり、社員に対する初期投資をかけることを良しとする会社はこのような考え方を持っている場合があります。

わざわざ未経験者を採用しなくたって人は集まるだろうと思うような大企業もまれに未経験者採用を行っている場合がありますが、その理由はこれです。

長い目で見て会社のメリットになることを考えているわけですね。

ただ「長い目」で見てなので、年齢制限を課されている場合がほとんど。30歳未満であることが求められます。

未経験可での仕事に入社して苦労すること

そして最後に紹介したいのは、未経験者可の仕事に入社して苦労すること。

入社するまでも大変なんですが、入社してからも苦労することが多いので、あらかじめしっかり心構えを持っておかなくてはなりません。

同年代との格差

まず直面するのは同年代との格差です。

その会社には、新卒で入社してずっとその仕事で経験を積んできた同年代の人がいる場合がほとんど。

同じ年齢だからと比較されて大変な思いをするかもしれませんし、もしかしたら年下が上司になってこきを使われることになるかもしれません。

給料だって当然同じというわけにはいきません。

年齢の割に仕事ができない状態で仕事を続けていく、その大変さは覚悟しなくてはならないし、少しでも追いつくように必死に真剣をしていく為の心構えも必要です。

不十分な教育

未経験者だからといって、中途採用である以上は新卒同様の教育を受けることができるなんて甘い考えを持つのはやめましょう。

ほとんどの会社ではそこまでじっくり仕事を教えては貰えません。

例えば新卒なら1ヶ月で手取り足取り教えて覚えていく仕事を、中途採用なら1週間で自分から質問したりしながら身につけていかなくてはなりませんから大変なのです。

それでもやりたいと思えるか

このように未経験者可の求人に応募し、入社して仕事をしていくというのは決して楽なことではありません。

もちろんだからと言って未経験の仕事に転職するのは辞めておいた方が良いというわけではありません。

大切なのはそんな苦労をしてでもその仕事をしたいのかどうか。

その気持ちが強いのであれば、このハードルもきっと乗り越えることができるはずです。

未経験者可、未経験者歓迎の仕事に転職を成功させる為には

具体的に転職を始めるのであれば、転職サイトはもちろん、転職エージェントも利用するようにしましょう。

ただでさえ難易度の高い未経験の仕事への転職。自力でやっても中々上手くいくものではありません。

転職サイト等で手始めに登録しておきたいのがまず以下の2つ。

登録は無料でしかも数分で終わります。あっという間に終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

リクナビNEXTは飛び抜けて最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、全ての人に利用価値のある転職サイトです。

ちなみに転職を成功させた人の8割以上がここを利用、転職決定数もNo.1でおよそ5割という圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人からのオファー量が他のサイトに比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

またエージェントサービスにも利用したいタイミングで簡単に登録でき、情報の連携もできるというのも大きなメリットです。

多くの人が使っているのでマイナス意見もありますが、基本的には満足度も高く、転職サイト満足度ランキングでも常に上位となっています。

私も転職の際に利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質に不満はなく、いくつか登録した転職サイトのうち、最後まで使っていたのはこのリクナビNEXTだけでした。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレス(PC用、スマホ用どちらも可)を入力し「会員登録」をクリック、そのアドレスにすぐメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると詳細登録画面が表示されます。

後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

また日常的に使うメールアドレスを使っていてメルマガなどが頻繁に来るが嫌な場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておいて下さい。

■公式サイト:リクナビNEXT

リクルートエージェントは転職活動全般をサポートしてくれる転職エージェント会社として国内最大手。

求人量、実績が圧倒的に優れています。

求人も全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での制約条件はありません。

またリクナビNEXTと連携をとることも可能です。

具体的に行ってくれるのは、非公開求人の紹介、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉等。

手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また今後のキャリアについて相談に乗ってくれるので、転職するかどうか悩んでいる人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここは企業からのオファーを待つというタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAを運営しているパーソルキャリアが運営してます。

ここのメリットはとりあえず最初に登録しておけば後は待つだけでOKだという点。

たったそれだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に入力する年齢、職歴、学歴などから市場価値を診断、想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

もちろん他にも業界2位のDODA、それに次ぐマイナビエージェント、20代向けのハタラクティブといった評判の良いものはあるので、色々と使って見るのも良いでしょう。



このページの先頭へ