未経験だけど大手企業の正社員に転職する方法はある?

未経験だけど大手企業の正社員に転職する方法はある?

年収、労働条件、福利厚生など様々な面で優遇されている大手企業。どうせ転職するなら大手企業に行きたいと思うのも当然のことと言えば当然のことです。

まあそれは誰もが思っていることで、転職市場においても大手企業の人気は高く、経験者もガンガン応募していきます。その為、未経験なのに転職するとなるとやはり難しいというのが実情。

ただ、絶対に無理かというとそんなことはなく、条件があえば大手企業への転職も実現できる可能性はあります。

関連:大企業から中小企業への転職の成功事例、失敗事例。

関連:中小企業から大企業に転職を成功させた人の体験談、安定、高年収を手に入れた方法とは?

未経験でも大手企業の正社員に転職できる?

では、大手企業の正社員に未経験でも転職しようと思うと、どういった条件が必要になってくるでしょうか。

同じ職種、近い職種なら未経験の業界に転職することは可能

未経験と行っても、その業界での経験が未経験なのか、それとも職種が未経験なのかによって大きくかわります。

もし業界が未経験であっても、職種が同じであれば転職できる可能性は十分にあります。企業によっては、同業界の人よりもあえて違う業界出身の人を採用したいと考える場合が多いのです。

また、全く同じ職種でなくても、これまでの経験がその仕事に十分生きるということがわかっている場合も転職できる可能性は高まります。企業によって、狭い範囲でのスキルが求められる場合もあれば、そうでない場合もある為、挑戦してみる価値はあります。

ただ、その場合だとこれまでの経験をどのように生かすことができるのか、会社にどんなメリットがあるのかを人事に納得させるアピールが必要になります。

第二新卒、20代なら未経験職種でも可能性はある

全くの未経験であっても、第二新卒なら十分に可能性がありますし、20代でも未経験者を採用している大手企業はあります。

第二新卒の場合は基本的にこれまでの職種や経験を重視されずに、新卒同様ポテンシャル採用となりますから、未経験だろうが関係ないことが多いです。

大手企業の中には第二新卒者の採用を行っていない企業もありますが、積極的に採用を行っている企業も多数ありますから、そういった企業を狙っていけば可能性は十分にあるでしょう。

企業によっては第二新卒である入社3年以内という枠を作らずにポテンシャル採用を実施している企業もあります。20代であればそういった企業に挑戦してみるのもありだと思います。ただ、第二新卒で受けることができる企業よりもかなり減ってしまう為、難易度としてはかなり上がってはしまいます。

業界によっても転職のしやすさはかなり違う

大手企業の転職のしやすさは業界によってもかなり違います。

IT業界は若手の人材に対して未経験であっても積極的に行っている企業が多いですが、メーカー等だとあまり積極的には行ってなく経験者重視の傾向が強いです。

また、離職率の高めな業界は30代であっても大手が未経験者を採用している場合もありますが、条件面ではあまり良くはありません。

職種で実績を積んで大手への転職にチャレンジする

第二新卒ではない人が未経験職種で大手企業に転職するのは、やはりかなり困難なのが実情です。

その場合は、そこまで大手ではなくてもとりあえずその職種での経験を積んで、実績を積んでからもう一度チャレンジするというのが現実的です。

中小企業から大手企業への転職はできないなんてことはありませんから、そういう方法もあります。

ただ、経験を積んだとしても人気のある大手ですから、かなり高い実績を残してアピール材料を必要になっていきます。

とにかく挑戦してみればいい

結論としては、同職種でなかったり、第二新卒枠で転職できないとなると、一発で大手企業に転職するというのはやっぱり難しいです。

まあそれでも挑戦だけはしてみてもいいかなと思います。意外に前職の経験のつながりを評価されて転職できるなんてこともありますし、純粋にポテンシャルの高さを評価して貰える場合もあります。

最初から無理だと決めつけては絶対に転職することはできませんが、挑戦してみれば多少なりとも可能性は上がるわけです。

もしそれがだめだったとしても大した影響なんてありません。これまでと同じ職種で転職を考えてみるか、少し下の企業を受けてみるか、やっぱり転職をやめるか、またその時に考えてみればいいだけのことです。

大手企業の求人の探し方

大手企業の求人は基本的に公開されていないため、転職サイトなどで検索しても見つけることはできません。

ほとんどは転職サイトのスカウト機能や転職エージェントからの紹介によって知ることができます。もしくは企業のHPでのみ見ることができるなんて言う場合もあります。

転職サイトのスカウト機能は、レジュメを登録するとそのレジュメを見た企業がマッチしていると判断したらスカウトメールを送ってくるという仕組みです。

転職エージェントは実際に面談し、その人の希望や職歴からマッチした企業をエージェントが紹介してくれるという形です。

いずれにしろ、企業が採用したいと考えている人材と、自分が違えば応募すらすることはできません。

逆に言えば、自分の職歴や年齢などから大手企業に行ける可能性があるのかないのかをすぐにわかることにもなります。

スカウト機能に登録したけどオファーメールが来ない、転職エージェントに相談してみたけど紹介して貰える企業がない。そうなったらまた方向転換すればいいだけで、手間はかなり省くことができます。無駄に労力を使う必要はありません。

とりあえず利用しておきたい転職サイト、転職エージェントは以下の通りです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多く、スカウトが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強みや市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ は企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

公式サイト:ピタジョブ

転職エージェントは、リクルートエージェント マイナビエージェント がおすすめです。

どちらも転職エージェントとしては最大級であり、これまでの実績に基づいて適切にアドバイスをくれますし、何より抱えている非公開求人の数が最も多いです。

1社では紹介して貰えなくてももう1社で紹介して貰うことができたなんて話もよく聞くので、とりあえず2つくらい登録しておいたほうがいいかもしれません。

■公式サイト:リクルートエージェント

関連:大企業、一流企業に転職するには?求人の探し方や転職を成功させる方法

関連:大企業の中途採用は少ないというのは勘違い。求人が見つからないのは探し方を間違えているだけ。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ