給料が未払い!貰えない時の対処法とは?

給料が未払い!貰えない時の対処法とは?

普通に仕事をして、毎月給料を貰う。

これは当然のことです。

しかしながら、中には給料日に給料が貰えない、未払いとなってしまっているという場合も少なからずあります。

もちろん、これは間違ったことであり、労働の対価として会社側はしっかり払わなくてはなりません。

そこで今回は、給料未払いが発生するのか、もし起こったら労働者としてどう対処していけばいいかを紹介します。

関連:新入社員ってどれくらい残業してる?残業代は貰えている?

関連:サービス残業の実態や平均時間、違法なサービス残業への対策は?

関連:労働基準法違反している会社への罰則、軽すぎない?

給料が未払いとなる原因

まともな会社に勤めていれば、給料が貰えないなんてことに遭遇することはありません。

従業員の生活に直結するものですから、しっかり行っている会社がほとんどです。

しかし、実際に給料未払いを起こしてしまう会社はあるのが現実です。

その原因は以下のようなものが考えられます。

会社に支払うお金がない

経営状態が悪い、取引先から予定通りお金を貰うことができていないといった理由によって、お金がないということが、給料未払いとなる主な原因の一つです。

会社にお金がなく、銀行等からの借り入れもできない状態となってしまうと、従業員に給料を支払うことができません。

中にはこれを理由に数か月給料を貰うことができていないなんていう人もいます。

支払い忘れ

労働の対価として給料を支払うことは当然であり、非常に重要なことです。

しかし、経営者がこの重要性をしっかり認識しておらず、支払いするのを忘れているという場合もあります。

大企業であれば、給料関係を処理する部署があり、しっかりシステム化されているので、こういったことは起こりませんが、

中小企業や零細企業だと、経営者が行っている場合も多く、給料支払いに対しての意識が低いと忘れてしまうなんてことも発生してしまうのです。

罰則として

給料未払いの理由が、何かしらの罰則として行われている場合もあります。

遅刻や早退、仕事のミスなどを理由に給料の一部、ひどい場合だと全額を支払わないような会社もあったりします。

仕事の罰則として給料を減額させるには、就業規則に定めることが必要ですし、減額の上限も決まっています。

給料が貰えないのは法律違反

毎月給料が支払われることは当然のことであり、これは法律でもしっかり定められています。

毎月1回以上、一定の期日で

労働基準法第24条では、賃金は毎月1回以上、一定の期日に支払わなければならないとなっています。

給料日が25日と決まっているなら、その日にしっかり支払わなくてはならないのです。

数か月貰えないなんていうのはもっての他で、数日遅れるなんてことも法律違反となるのです。

減給には上限がある

労働基準法第91条では、罰則として行われる言及に対して、

  • 就業規則での規定
  • 1回ごとの上限は1日分の給料の半額以内
  • 合計額の上限は賃金支払い期(基本的には1ヶ月)の10分の1以内

と決められています。

ですから、全額支給されないなんてことはあってはいけません。

給料が未払いとなったら?

給料未払いひゃ、法律違反でありながら、多々起きているのが現実です。

もしも、給料が貰えないなんてことに遭遇してしまった場合の対処法を紹介します。

対処の流れ

給料未払いが発生した時の対処の流れは以下の通りです。

  1. 会社にすぐ支払うように伝える
  2. 労働基準監督署に申告する
  3. 民事調停
  4. 労働訴訟

会社に支払うように伝える

支払われるはずに日に、給料が支払われていないということに気づいた時にまずすべきことがその事実を会社に伝えることです。

もしかしたら明日には振り込まれるかもなんていいう風に遠慮する必要はありません。

上述したように、給料は定められている日に支払われる必要があるものですから、1日遅れただけでも法律違反なのです。

給料未払いの原因が単に経営者の支払い忘れ等であれば、基本的にはこれで解決するでしょう。

しかし、経営悪化が原因である場合には何かと理由をつけて結局支払われない場合もあります。

労働基準監督署への申告

もし、会社に話してもなかなか支払われなく、個人の力ではどうにもならなくなってしまった場合には、労働基準監督署に申告してください。

労働基準法違反を行っていることがわかれば、会社側に対して動いてくれます。

ただ、動きが遅かったり、まずは自分で行うようにと言われる場合もあり、必ず動いてくれるとは限りません。

とは言え、一旦は労働基準監督署に申告をしに行くようにしてください。

民事調停、労働訴訟

どうにもこうにも支払ってくれないという場合には、裁判所を利用した民事調停や労働訴訟を利用することになります。

民事調停は、労使間での話し合いを行わせる場であり、若いを促進させる目的があります。

ただ、民事調停はあくまで労使間の話し合いなので、相手が話し合いに応じなければ和解することができません。

その場合には労働訴訟を起こすことになります。

和解ではなく裁判という形に持っていくのです。

判決には強制力がある為、相手は必ず支払わなければならないし、もし支払われない場合には相手の財産等を差し押さえるなどの強制執行をすることができるようになります。

しかし、訴訟には時間もお金もかかりますから、できれば避けたいところです。

会社が倒産してしまった

もしも給料未払いのまま、会社が倒産してしまうとどうなるでしょう。

相手に支払う能力がないと、どんな手を使っても給料をもらうことができません。

しかし、そんな時の為に「未払い賃金立て替え払い制度」があります。

独立行政法人の労働者健康福祉機構が窓口となっており、以下の条件を満たせば未払い給料のうち最大で8割程度までを受け取ることができる制度です。

  • 会社が倒産している、事実上の倒産を労働基準監督署が認めている
  • 会社設立から1年以上たっている
  • 2万円以上の未払い賃金がある
  • 退職日が倒産の半年前から倒産後1年半の間
  • 倒産後2年以内に手続きを行うこと
  • 役員ではない

対象となるのは退職日の半年からの未払い給料であり、その8割が支払われます。

しかし、上限額が決められていますので、それよりも低くなる場合もあります。

とにかくすぐ辞める準備を!

どんな理由であっても、給料未払いをおこす会社は危険です。

経営が悪化して倒産間近だったり、経営者がだらしなかったり、法律違反することをなんとも思っていなかったり。

複数回給料未払いとなったことがあったり、支払い遅れが長い場合には、すぐに辞めることを考え転職活動を始めましょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、無料で市場価値や適正を調べられたり、直近で転職を考えているわけではないという人にとっても役立つ情報を見ることができるのでかなり便利です。

まずは最大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。

というかこの2つは他の転職サイに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っているので登録は必須です。

ちなみに診断テストで言えば、リクナビNEXTがグッドポイント診断という強みを調べるもの、DODAがキャリアタイプ診断という性格や能力、適している働き方や企業風土を調べるものが人気です。

転職を検討している人で、どちらにも登録していないという人はかなり少数だと思いますが、まだ使っていないという人はチェックだけしてみてください。

登録自体も色々と入力項目がありますが、まずは必要項目を入れればいいので数分で終わります。転職しようとしていることが転職サイト経由でばれたというのも聞いたことがないので心配ありません。

もう少し2つのサイトについて説明してみましょう。

リクナビNEXTは、転職者の8割が使っているそうです。

私もとりあえずまずはここに登録したし、情報収集をする為に他の転職サイトもあわせて使っていましたが、良い部分はあっても他に劣っているという部分は感じたことがありませんでした。

実際、リクナビNEXTをメインとして他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めている人が一番多いかと思います。。

非公開求人への応募が可能となるスカウト機能は他のサイトに比べて特に優れていますし、自分の強み市場価値を調べることができるなど、機能面が全般的に優秀なのが特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、求人検索やスカウト機能といった転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっていて、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利です。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、DODAは企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれる、求人は事前に審査しブラック企業を排除してくれているという特徴があるので、転職のリスクを最大限下げるといった観点でも利用は必要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、それらに次ぐJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:会社に遅刻した時の言い訳や連絡方法。罰則にはどんなものがある?

関連:ワンマン社長の会社は危ない!?特徴や対処法とは。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ