転職時に書類選考免除、面接確約となる方法や採用時のメリット。ただし履歴書作成は必須

転職時に書類選考免除、面接確約となる方法や採用時のメリット。ただし履歴書作成は必須

転職時の選考は基本的には書類選考、面接という流れになり、内定に辿り着くためには一つ一つ突破していかなくてはなりません。

書類選考での通過率はおよそ3割程度となっており、最初の関門と言えるでしょう。

しかし、この最初の関門である書類選考が免除される場合、さらには1次面接までもが免除される場合があります。

関連:転職の面接に全然受からないのはなぜ?それは緊張のせいだけではない。

関連:最終面接、役員面接に受からない!受かる為の秘訣とは?

転職活動のやり方次第で書類選考は免除となる

書類選考が免除となるかどうかは、転職のやり方次第となります。

書類選考免除、面接確約となるには

求人に応募する場合、ハローワークで求人を探して応募したり、転職サイトで求人を探して応募したりなど、方法は色々とあります。

ただ、自分で求人を探して応募する場合には書類選考や面接は免除となりません。

転職エージェント経由

書類選考免除で面接確約となる一つの手段がDODA やリクルートエージェント といった転職エージェントを利用して、そこで紹介された企業に応募するという方法です。

紹介される求人全てが書類選考免除となるわけではありませんが、求人の中には免除となるものも含まれています。

書類選考の大きな目的は、これまでの経歴やスキルなどから企業が求めている人材にマッチしているかを判断し、手間も時間もかかる面接の人を減らすことにあります。

書類選考を免除する企業は、そのマッチングの判断を転職にエージェントしている為、マッチしていると判断した上で面接に進ませることになります。

スカウトメール経由

もう一つの方法が、リクナビNEXT などの転職サイトの一つの機能であるスカウト機能を利用し、貰うことができたオファーから応募するという方法です。

スカウトメールのうちで特にプライベートオファーというオファーは企業側も転職サイトに登録されたレジュメを見た上で送る為、それ自体が書類選考の役割を果たしてくれます。

オファーのメールには、書類選考免除、面接確約、1次面接免除といった文言が書かれており、すぐに面接に進むことになります。

スカウトメールは、送るだけで企業側にお金が発生する為、それなりに吟味して送信してくれているはずです。

面接確約のメリット

書類選考が免除となり、面接確約となることには、やはり転職希望者に大きなメリットがあると言えるでしょう。

時間短縮

通常の選考手順を踏んだ場合、書類選考の結果がでるまで1~2週間、1次面接の結果がでるまで1~2週間、最終面接の結果がでるまで1~2週間程度、応募してから内定を得るまでかなりの時間を要します。

もし書類選考が免除となればそれだけ時間は短縮されるし、1次面接が免除となればさらに時間は短縮されます。

誰だって転職活動は早く終わらせたいし、人によってはすでに会社を辞めていて金銭的な面からできるだけ早く仕事を決めないとまずいという人もいるでしょう。そういう人にとってはかなり好都合でしょう。

手間がはぶける

書類選考はだいたい平均すると通過率が3割程度です。

10社受けたとしても、3社しか受からない為、残りの7社は無駄と言えば無駄です。

書類選考が免除となれば、そういった無駄をはぶけ、履歴書などを書く手間が少なくすみます。

在職中に転職する人にとって、何社も何社も履歴書を書いて応募するのはかなり大変ですから、その手間がはぶけるのはかなりありがたいです。

稀に選考時に有利となることも

場合によっては、書類選考が免除となっている人のほうが、他の人に比べて面接時にも有利となる場合があります。

ただ、これは稀なことで、基本的には単に面接に進むことができるだけで、他の書類選考を通ってきた人と特に差はありません。

書類選考免除、面接確約となった企業を受ける際の注意点

基本的には大きなメリットとなる書類選考免除ですが、紹介されたりオファーされたからと言って、盲目的に受けてはいけません。

いくつか注意点を紹介しましょう。

履歴書は必須なので要注意

書類選考が免除と言っても履歴書の作成は必須であることがほとんどであり、たいていは、面接前に送付するか、面接時に持参することを求められます。

もちろん、手を抜いて書いてはいけません。書類選考がないからと油断して手を抜いたものを出してしまう人もいますが、それでは面接時に評価を下げる原因になってしまいます。

履歴書や職務経歴書は、面接時にどういったことを聞くかなど大きな役割を果たすものです。

ですから、決して手を抜かずしっかり作成するようにしましょう。

過度な自信を持たない

書類選考が免除になったからと言って、それ以降の選考で有利になることは稀です。

たとえオファーを貰ったといって「受かるだろう」なんて過度な自信を持つのは辞めておきましょう。

面接でも平気だ落とされます。基本的に面接の通過率は3割程度。書類選考が免除になったからと言ってその点はかわりません。

楽だからという理由で応募はしない

確かに書類選考が免除となった企業ばかり受けていれば転職活動はかなり楽に進めることができます。

ただ、楽だからという理由で応募することはあまりおすすめしません。

大事なのは自分の希望にあっているか、自分の行きたいと思える会社かどうかということです。

たまたまそういった会社が書類選考免除となってくれればありがたいですが、最初から書類選考が免除となる会社だけに絞ることは単に選択肢をせばめるだけです。

転職する目的は明確にしておこう

今回紹介した書類選考免除の方法なども含めて、転職活動には色々なやり方があります。

そして、楽をしようと思えばいくらでも楽できます。全ては自分次第です。

ただなぜ転職するのか、元々の目的を見失ってはいけません。

転職した後に後悔がないよう、自分の望みを叶える転職活動を進めていきましょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、無料で市場価値や適正を調べられたり、直近で転職を考えているわけではないという人にとっても役立つ情報を見ることができるのでかなり便利です。

まずは最大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。

というかこの2つは他の転職サイに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っているので登録は必須です。

ちなみに診断テストで言えば、リクナビNEXTがグッドポイント診断という強みを調べるもの、DODAがキャリアタイプ診断という性格や能力、適している働き方や企業風土を調べるものが人気です。

転職を検討している人で、どちらにも登録していないという人はかなり少数だと思いますが、まだ使っていないという人はチェックだけしてみてください。

登録自体も色々と入力項目がありますが、まずは必要項目を入れればいいので数分で終わります。転職しようとしていることが転職サイト経由でばれたというのも聞いたことがないので心配ありません。

もう少し2つのサイトについて説明してみましょう。

リクナビNEXTは、転職者の8割が使っているそうです。

私もとりあえずまずはここに登録したし、情報収集をする為に他の転職サイトもあわせて使っていましたが、良い部分はあっても他に劣っているという部分は感じたことがありませんでした。

実際、リクナビNEXTをメインとして他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めている人が一番多いかと思います。。

非公開求人への応募が可能となるスカウト機能は他のサイトに比べて特に優れていますし、自分の強み市場価値を調べることができるなど、機能面が全般的に優秀なのが特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、求人検索やスカウト機能といった転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっていて、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利です。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、DODAは企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれる、求人は事前に審査しブラック企業を排除してくれているという特徴があるので、転職のリスクを最大限下げるといった観点でも利用は必要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、それらに次ぐJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:転職サイトの非公開求人とは?どうすれば見ることができる?

関連:転職での書類選考に落ちる。履歴書、職歴書の書き方に問題あり?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ