仕事が回らない主な原因は仕事の順序を間違えていること

仕事が回らない主な原因は仕事の順序を間違えていること

仕事が回らない。そんな悩みを抱えて大きなストレスに感じている人も多いかもしれません。

仕事が多すぎて全然仕事が終わらなくて残業や休日出勤が多くなっている。納期に間に合わなくて結局周囲の人に手伝ってばかりになっている。

そんなことが何度も続くと、仕事が嫌になってしまうのも仕方ありませんよね。

そこで、今回は仕事が回らない原因について紹介していきます。

関連:会社に行く毎日が辛い。仕事が嫌で嫌で仕方ない。そうなったら転職も意識しなくてはならない。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

仕事が回らないのは仕事が多いからだけではない

仕事が回らないのはなぜか、それを考えた時に最初に思いつくのは、単純に仕事が多すぎるからだということ。

その考え方自体は間違っていません。

上司は部下それぞれの仕事ぶりから能力を見極め、それに見合った仕事を与えなくてはなりませんが、見極めが間違えば能力以上の仕事を与えられてしまうこともあります。

ただ原因はもちろんそれだけではないですよね。周囲の人全員が仕事が回っていないならば上司の問題、組織としての問題をまず疑うべきですが、自分ひとりだけというのあれば、むしろ仕事量ではなく、仕事のやり方に問題がある場合のほうが多いのです。

仕事では順序付けをすることがとても重要

仕事が回らない主な原因は、仕事に対する順序付けのやり方を間違えてしまっていることです。

色々な仕事を同時に与えられている場合、仕事に順序をつけるというんは非常に重要であり、しかもそれは正しく行われなくてはなりません。

こんな仕事のやり方をしていませんか?

一度、あなたの仕事のやり方を振り返ってみましょう。

とりあえずできることからやる

たくさんの仕事がある時、とにかく一つでも終わらせようと、以前やったことがあるもの、割と簡単に終わるものからやっていませんか?

確実に一つは成果をだすという意味では、これが正しい場合もあるのですが、何も考えずにそのようにしてしまうと、本来すぐにやらなくてはいけないもの、遅れたら取返しのつかなくなるものなどができなくなってしまうのです。

面白いと思うことからやる

人間は弱い生き物ですから、やりたくないものは後回し、まずは面白いと思えるものから手を付けてしまうというのはよくあることです。

ただ、仕事というものはめんどくさい、つまらない、しんどいと思うもののほうが重要であることが多いもの。

やりたいことからやっていれば、自然と重要なことをやらずに終わってしまいます。

上司に指示された順番にやる

Aの仕事を上司に頼まれた⇒Aの仕事を進める⇒Aの仕事は終わっていないがBの仕事を頼まれた⇒Bの仕事が終わっていないのでまずは終わらせてからBの仕事に取り掛かる。

こんなことやっていてもだめ。

仕事の重要度、緊急度というのは、上司から頼まれた順番とは全く関係ありませんから、後から頼まれたことでも先にやる必要があるものもあるし、場合によっては仕事が中途半端になっていたとしても中断して違う仕事に取り組むことが必要とされることがあるのです。

納期の近いものからやる

仕事をやる順番を決める際に、とにかく納期の近いものからやっていくというのはありがちなことかもしれません。

ただ、単純に納期だけで仕事の順番を考えてしまうと、実はすぐに取り掛からなければならなかった仕事に気づくことができずに、後々大変なことになってしまうことも少なくありません。

仕事は本来こうやるべき

上述したような仕事のやり方をしていては、仕事が回らなくなってしまうのも仕方のないことかもしれません。

仕事に重要度をつける

たくさんある仕事の中で、それぞれの仕事に重要度を付けるのは絶対に必要。

絶対に期限内で終わらせなければだめな仕事、今すぐはやらなくてもいいけどいずれはやる必要がある仕事、やらなくても大きな影響のない仕事など、仕事によって重要度というのは大きく違うはずです。

当然、重要度の高い仕事を確実にこなしていく必要があります。

取り掛かる順番を間違えてしまうと、必要のない仕事をやってしまう一方で、本当に重要な仕事が手遅れになってしまうことになってしまいます。

主観はいれない

仕事の優先順位をつける際に、できるだけ主観をいれないようにするのもコツ。

主観をいれてしまうと、つい自分のやりたいこと、やれることからやってしまうというのが人間というもの。

ただそうしてしまうと、本来やるべきことができずに時間がたってしまうことになってしまいます。

切り捨てる勇気をもつ

たくさんある仕事全てを、完璧にこなそうと思ったって、それはなかなかできることではありません。

時にはその仕事はやらないと決断することも重要。

10の労力を使って1しか成果がでないものは、どんどん切り捨てていき、限られた労力の中で上げることができる成果を最大化できるようにしていかなくてはなりません。

時には上司、先輩にも仕事をやらないことを相談してみることも必要なことです。

納期を延ばせるものは延ばす勇気を

やらなくてはいけない仕事であっても、納期を延ばせるものについては、延ばす勇気を持つことは必要です。

もちろん、自分の怠慢によって延ばしたり、納期を延ばすことによって関係者の信頼を失うようなことがあってはいけませんが、大きな影響がなければ納期を延ばすことも頭にいれておきましょう。

仕込み、フォロー、完了の流れを先に考えておく

最初に仕事を与えられた時に、あらかじめ仕事の流れをつかんでおくことは大事。

その仕事の仕込みにどれくらいかかるのか、どれくらい前に仕込みが必要か、どのタイミングでフォローしていく必要があるか、どこまでいけば完了となるかなど、あらかじめ想定しておくようにしましょう。

仕事の順序を決めるにあたり、このイメージができていないと、間違った順位付けをすることになり、気づいた時に手遅れなんてことになりかねません。

仕事を与えられた段階で、正確にイメージするにはそれなりに経験が必要となりますが、イメージできないなら経験者に相談するなりして手を抜かないようにしましょう。

仕事が回らな過ぎて会社を辞めたいと思ったら

人によっては、あまりに仕事が回らなすぎて会社を辞めたいと思う人もいるかもしれません。

そんな時は、一度なぜ仕事が回らないのか振り返ってみてください。

自分なりに努力することはもちろん大切なこと。

ただ、回らない原因が自分ではなく環境による場合もあって、転職しなければ根本的な解決に至らない場合もあるのは事実です。

今自分が陥っている状況が、どこに原因があるかというのをよく考えた上で判断するようにしましょう。

もちろん転職するのもありです。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:仕事に追われる毎日にストレスを感じた時の対処法

関連:転職したいけどめんどくさいという人が行うべき転職活動のやり方



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ