まともな会社へ転職する為にすべきこと。ないと思ってしまっているならそれは大きな損。

まともな会社へ転職する為にすべきこと。ないと思ってしまっているならそれは大きな損。

まともな会社で働きたいというのは誰もが思うこと。

特にサービス残業ばかり、パワハラも当たり前となっているようないわゆるブラック企業で働いている人はより強く思っていると思います。

ただその反面、転職すればいいのに踏み切らない人が多数。

まともな会社なんてないのではないか、あったとしても自分のレベルでは入社できないのではないか、そんな風に思ってしまい諦めてしまっています。

しかし本当にまともな会社なんてないのでしょうか。

関連:ブラック企業に転職するのが怖いからと転職を躊躇するのは間違い、準備万全で回避は可能

関連:ブラック企業を辞めたいのに転職しない人は考え方を見直すべき。転職できないなんてことはない!

関連:転職しても変わらない、転職しても意味がないと思ってはだめ。誰にでも有意義な転職はできる

まともな会社なんてないは大きな勘違い

まともな会社なんてない、あるとしても高いレベルを要求される転職難易度の高い大手企業。

そんな風に思って転職することを諦め、仕方なく今の仕事を続けることに耐えている人は少なくないでしょう。

ただそれは大きな勘違い。まともな会社は探そうと思えばいくらでも見つかります。

それも大手に限った話ではありません。

ブラック企業が多いと言われている中小企業の中にも労働基準法を守り、労働者の働きやすさを考えた勤務体制になっている会社は決して少なくありません。

にも関わらず勝手な思い込みで諦めてしまい、転職せず今の会社で働き続けることを選んでしまうのは大きな損。

非常にもったいないことをしているのです。

まともな会社がないと思ってしまっている原因

まともな会社がないと思ってしまっているのは、以下の点が原因として考えられます。

いずれかに当てはまってはいないでしょうか。

会社選びをしっかり行っていない

一度でも転職をしたことがある人なら当然応募する会社を選んだ経験があるはず。

ただ多くの人はこの会社選びをしっかり行うことができていません。それ故に転職に失敗しています。

求人票に掲載されている情報だけを見て、なんとなく良さそうだからと思い応募し、内定を貰えたから迷わず入社する。

給料が良いから、年間休日数がそこそこいいから、職種があっているから、面接官が良さそうな人だったから。

そんな表面だけの情報を元に転職を決めてしまっています。

そんなやり方をしていればまともな会社で働くことができないのは当たり前、希望が叶えることができず諦めてしまうようになるのも当然です。

転職活動での会社の探し方が間違っている

実際に転職活動をやってみた、求人を探してみたという人でまともな会社がないと考えてしまっている人は、そもそも会社探しのやり方を間違っているかもしれません。

転職サイトやハローワークで求人を探しただけになっていませんか?それだけではだめ。

公開されている求人は非公開となっている求人に比べて極端に少なく、特に好条件の求人の多くは転職サイトのスカウト機能や転職エージェントからの紹介からでないと応募どころか求人があることすら知ることができない非公開求人となっています。

ですから単にさらっと求人を探してみただけでは、転職できるまともな会社があるとは気づくことができないのです。

最初から難易度をあげている

最初から難易度を上げてしまっている人は多いですね。

条件の良い会社、労働基準法を守っている会社は倍率も高いから無理。

年齢が高いから、経験が浅いから、未経験の業界だから、新卒3年以内だから無理。

そんな風に考えて、最初から諦めてしまっていませんか?

今の会社よりまともだと判断したら、たとえ難易度が高そうでも受けてみるべき。

応募するころにリスクなんてありませんから。

勝手な思い込み

良い話に比べて悪い話というのは印象が強く、それ故に周りにもまともな会社がないと思ってしまっている人も多いかもしれません。

ニュース、他の会社で働いている友人の話。悪い話を耳にする機会はたくさんありますしね。

またブラック企業で働いている人は文句を言います。

まともな会社で働いている人は特に何も言いません。

それもブラック企業が多くまともな会社がないと思わせてしまう原因になっているかもしれません。

まともな会社に転職する為にすべきこと

ではこれからまともな会社に転職する為には、一体どういうことをすれば良いでしょうか。

とにかくまず行動する

まずは思い込みは捨てるとともに、まともな会社が見つかる、まともな会社に転職できるという保証がなくても、とにかく転職活動を行ってみることです。

行動を起こさなければ、今いる会社から抜け出せる可能性はゼロですから。

転職ツールを最大限活用する

転職ツールは最大限活用しましょう。

特に非公開求人への応募を可能となるリクナビNEXTのスカウト機能やDODAなどの転職エージェントの利用は必須。

先ほども述べたように求人の多くは非公開求人、好条件の求人ほどその傾向がありますから。

企業情報の徹底調査

企業情報はとにかく徹底的に調査するようにしましょう。

求人票を見てなんとなく良さそうだから、オファーを貰えたから、転職エージェントで紹介されたからといった理由だけで転職を決めるなんてことは絶対にしてはいけません。

現在はインターネットでたくさんの情報を集めることができます。

口コミサイトもありますし、SNSなんかでも情報収集は可能。

勤続年数や離職率、平均年収、経営状態、実際に働いている人の話などとにかくできる限りのことを集めましょう。

ポジティブな情報よりネガティブな情報に注目する

会社選びの際に注目したいのはポジティブな情報よりもネガティブな情報。

ポジティブな情報は企業としてもアピールすべきことなので積極的に掲載していますが、これに騙されてはだめ。

ネガティブな面にはどういったことがあるかに注目した方が、騙されず、本当に自分に合った会社か、満足できる会社かを冷静に判断することができます。

極端な考えは持たない

まともな会社に転職したいと思った時、つい極端な考えを持ってしまう人が多いです。

もちろん理想通りの会社に入社できるのがベスト。ただ全てが理想通りに行くとは限りません。

ただもし理想通りの会社がどうしても見つからないとなった時に転職すべきではない、諦めるべきかと言うとそんなことはありません。

たとえ理想には及ばなくても、少なくとも今の会社よりもまともな会社なら転職することによって得られるものがあるはずですから。

おすすめ転職サイト、転職エージェント

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ