転職してまたブラック企業に入ってしまう人の特徴、どうすれば避けることができる?

転職してまたブラック企業に入ってしまう人の特徴、どうすれば避けることができる?

健康を無視した長時間のサービス残業に上司からのパワハラ。そんなブラック企業には誰だって働きたくないと思っているはずです。

ただ中には2度、3度と転職を繰り返すたびにそんなブラック企業に当たってしまう運が悪い人も少なからずいます。

そこで今回は転職してまたブラック企業に入ってしまう人の特徴をまとめてみました。

現在ブラック企業で働いている人やこれから転職することを考えている人は、誤ってブラック企業に転職してしまうことがないように、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

 

ブラック企業への転職は絶対に避けなくてはいけない

転職時、ブラック企業への転職は絶対に避けなくてはいけません。

もちろんベストなのは新卒で最初からまともな会社に就職すること。

ただ就職時にミスってしまっても、今は第二新卒としての転職がやりやすくなっている点や1回目の転職であるということから転職して再スタートを切ることのハードルがそこまで高くありません。

しかし転職時の場合だとそうもいきません。

すぐに再転職しようと思っても、転職市場で短期離職の職歴があることはマイナス評価となってしまう為、転職のハードルが高くなってしまいます。

かといってブラック企業で何年も耐えるのは無理な話。

ブラック企業に転職してしまうことによるキャリアへの影響は実はかなり大きいのです。

転職してまたブラック企業に入ってしまう人の特徴

ではどういった人が転職後にブラック企業に入ってしまうのでしょうか。

もちろん運だけで避けることができる人もいます。そもそも世の中ブラック企業は目立つもののそれほど多いわけではありませんからね。

ただコントロールできない運に任せるのはリスクが高いので避けるべき。

特にこんな人はブラック企業に転職してしまう可能性が高いので注意が必要です。

会社を辞めることが目的になってしまい、転職先選びが適当

ブラック企業で働いている人が転職する際に一番の目的になってしまいがちなのが「会社を辞めること」です。

その為、いざ転職活動を始めると転職先選びが適当になってしまっています。

とにかく早く転職先を決めることに重点を置き、自分の希望、その会社の実情などろくに調べず、いざ転職してから入社してみるとようやくブラック企業であることに気づき後悔するが手遅れとなるわけです。

会社を辞めたいという気持ちで転職に踏み切ることは悪いことではありません。きっかけとするならありです。

ただ転職の目的はあくまであなたの希望が実現することができる会社にうつることであることは忘れないようにしなくてはいけません。

求人に掲載されている情報を盲目的に信じてしまう

求人広告に掲載されている情報はその会社にとって基本的に好都合な情報ばかり。

不都合な情報は隠すし、ブラック企業だとなんとかして人を集める為に嘘の情報を書く場合すらあります。

例えば年収モデルなんて、実際ならありえないものが書かれている場合もあります。

そんな情報だけで転職を決めていればまたブラック企業に転職してしまう可能性が高くなるのも当たり前。

また社員からの話、面接官からの話も信じすぎてはだめ。悪いことは隠して良いことばかり言いますからね。

ブラック企業を避けたいなら企業研究は一番怠ってはいけない部分です。

待遇ばかりに目が行ってしまいがち

ブラック企業の中には、待遇、特に年収部分をかなり高くしている場合が少なくありません。

とりあえず転職時の年収を上げておけば、それ以降の昇給が一切なくたって人が集まりやすいですからね。

目先の待遇でごまかすのはブラック企業の常套手段。

そこばかりに着目してしまうと、ブラック企業に転職することになる確率は高くなるでしょう。

やらなくてはいけないルールを知らない

通常、内定を受諾すると企業から労働条件通知書、雇用契約書といった労働条件が明記されたものが送られてきます。

そこには契約期間、勤務地、業務内容、残業の有無、休日、休憩、所定労働時間、賃金などが書かれています。

これは企業が自主的に行っているわけではなく、法律で決められたからやっていること。

もしいつまでたっても明示してくれないならば、その会社はおかしな会社だと判断することができます。

まず入社してみたら言われていた給料と違っていた、休日数が違っていたなんて話しも聞くんですが、労働条件通知書で事前に確認しておけば少なくとも入社する前には気づくことができたはず。

入社前に限らず入社後も、ブラック企業は労働者がルールを知らないことにつけこんできますから、自分を守る為にはルールを知っておくことも大切なことです。

最初から妥協して諦めている

転職する前から諦めて妥協しまっている人も多いですね。

自分なんてまともな会社には転職できないと決めつけてしまい、とりあえず採用してくれた会社に転職してしまう。面接で良さそうな雰囲気をだされてさっさと転職を決めてしまう。

そうしてまたブラック企業に入社してしまうのです。

ブラック企業は常に人手不足で採用のハードルも低い為、受かればどこでもいいなんて考えをしてしまえばそんな会社に当たってしまう可能性は高くなるでしょう。

学歴が低い、転職回数が多い、スキルがないなどいわゆる転職市場価値が低い人だとブラック企業でも仕方がない、ブラック企業にしか入れないなどと思い込んでしまっている人もいます。

ただそれは大きな勘違いです。もちろん難易度は上がるでしょうが、ブラック企業しか選択肢がないなんてことはありません。

だからこそ転職するなら何かしらこだわりを持って行っていかなくてはいけません。

ブラック企業への転職は十分避けることができる

ブラック企業に転職してしまうのは運が悪かったからではありません。

情報収集不足、勘違い、勝手な妄想など自分の転職活動のミスによって起こってしまうものです。

だからこそ、もし正しく転職活動を行っていけばブラック企業ではなくまともな会社に転職することは十分できるし、それほど難しいことでもありません。

もう二度とブラック企業なんかで働かない為に、これから転職するつもりの人は今回紹介したことにあてはまらないよう気を付けてみてください。

ブラック企業を避けるなら転職エージェントがおすすめ

転職活動を行うなら転職活動全般をサポートてくれる転職エージェントがおすすめ。

最も大切な情報収集の観点でも、自分では調べることができないことまで教えてくれたりもするので、ブラック企業を避ける為にはぜひ使ってほしいです。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ