転職に満足できる人と不満を感じる人の違い、不満は待遇や会社のせいではないかも

転職に満足できる人と不満を感じる人の違い

それなりに苦労して行うことになる転職活動。そこを乗り切ってまでする転職は満足できるものにしたいと思うのは当然のことだと思います。

とは言えその思いとは裏腹に転職に不満を感じてしまう人がいるのもまた事実。

ではどうすれば満足できる転職ができるのか、どうすれば不満を感じずに済むのでしょうか。

今回紹介するのは転職で満足できる人と不満を感じてしまう人の違い。これから転職をしようと考えている人は参考にしてみてください。

転職して満足できる人もいれば不満を感じる人もいる

どうすれば満足度の高い転職ができるのでしょうか。

確かに年収面や休日、残業などの労働条件面はとても大切。しかし絶対条件ではありません。

年収がアップしても不満を感じる人もいますし、年収がダウンし残業が増えてもその転職に満足している人もいます。

それどころか転職活動時点で希望していた会社に無事転職できても不満を感じてしまう人もいるし、希望の会社からは内定を貰うことができずに少し妥協した会社に転職をした人でも満足している人はいます。

そう考えると転職の満足度は単に結果だけではなく、その受け止め方や考え方によっても大きく変わってくるものだということが想像つきますよね。

もちろん自分の希望通りの転職を実現することは大切なこと。ただ同時に考え方を変えていかなければ転職しても幸せにはなれず、転職を繰り返してしまうことにもなりかねません。

転職で満足できる人の特徴

では転職で満足できる人というのはどういった特徴を持っているのでしょうか。

自分がどうありたいかということがはっきりわかっている

転職する理由ではネガティブな理由である場合がほとんだと思いますし、それはそれで悪いことではありません。

ただ実際に転職を進める時にはそのネガティブな理由から逃げたいという思いだけではなく、自分がどうありたいかということをはっきりさせている必要があります。

自分がどうありたいかをわかっているからこそ、どんな転職をすればいいかがわかり、それを叶えることに繋がっていきます。

まあ当たり前のことなんですが、それをできていない人って実はかなり多いんですよね。

とりあえず給料が上がればいい、とりあえず大企業であればいい、中にはどこでもいいからとにかく転職したいという思いが勝ってしまっている人もいまう。

良い意味で妥協ができる

転職活動を行う場合、どこかで妥協することも必要になってきてしまう場合がほとんど。

中々全てが理想通りとは行かないし、そんな会社があったとしてもおそらく競争率はとても高いでしょうから入社することができない人の方が圧倒的に多いです。

結局どこかで現在の自分の現状に合わせ、入社できる可能性がある条件の元で会社を選んでいくことになるでしょう。。

転職で満足することができる人というのは何も考えずに妥協して仕事を決めるのではなく、その妥協点にしっかり納得できるように考えながら決めていくことができています。

小さなことにも感謝できる

例えば転職によって年収が50万円上がりましたとなった時、人によってはそのことに感謝することができますが、人によっては少ないと不満しか感じない人もいます。

そしてそれは年収面に限りません。転職で変わること全てにおいて、前に比べれば良くなったことがあってもそれに感謝することができる人もいれば不満を感じる人もいるものです。

転職して満足することができる人というのは、たとえ少しでもその転職によって良くなったことに感謝することができる人だと思います。

転職時によく調べている

転職して希望を叶えようと思ったら、その希望を叶えることができる会社を選ぶことが必要。

ではどうすれば希望を叶えることができる会社を正しく選ぶことができるのか、その会社についてとにかく調べることしかありません。

求人票にのっている情報だけで勝手に良い風に想像をしてしまうのではなく、できるだけ正しくその会社を知り自分の希望との整合性を確認していくことは転職活動においてとても大切なことだと言えます。

曖昧なまま転職に踏み切っていない

転職活動を始める時点では曖昧なままでも良いと思います。というか仕方ないですよね。転職についてもよくわからない状態でで明確にするなんてそもそも無理ですから。

ただいざ転職を決める時は別。

転職しようかな、どうしようかなと曖昧なまま転職を決めるのではなく、転職するラインや転職する目的が明確になっている人ほど転職が満足いくものにできる可能性は高いでしょう。

いい会社が見つからなければ転職を止めることも時には必要、とりあえず内定を貰ったからと転職を決めていまえば前のほうが良かったとなってしまうのも当たり前です。

転職後にしっかり仕事に取り組んでいる

転職が良いものになるかは転職先から内定を貰った時に決まるものではありません。

仕事が自分にとって良いものかどうかというのは、年収や労働条件だけではなく、職場での人間関係やその仕事で能力を発揮することができるのかなどもかなり重要になってきます。

だからこそ転職してからどのように仕事に取り組むかというのがとても大切。真剣に仕事に取り組み周囲からの信頼も得られるようになれば、自然と転職して良かったと思えるようになるでしょう。

転職で不満を感じる人の特徴

では逆に転職で不満を感じやすい人の特徴。どんな転職をしたとしても結局不満を感じてしまう人がやっぱりいるものです。

悪いところばかりが目に付く

転職すれば色々なことが大きく変わります。その変わったことの中には良くなったこともあれば悪くなってしまったこともあるでしょう。

そんな時に良くなった部分はさも当たり前かのように捉え、悪くなったところばかりを見てしまうようであれば、不満に感じるのも当たり前ですね。

良くなった面を見るか、悪くなった面を見るか、これによって同じ転職でも満足度は大きく変わってくると思います。

理想が高く常に上を見てしまう

理想は高く持つというのは大切なことかもしれませんが、あまりに上を見てばかりでは現状に常に満足することができなくなってしまうもの。

せっかく転職して前の会社に比べて大幅に良くなったことがあったとしても、転職してしまうとすぐにそれが自分の中で当たり前になってしまってまた上を見て現状に不満を感じてしまうようになってしまいます。

自分のことを良くわかっていない

転職して何がしたいのか、結局これがわかっていなければ転職したところでその転職に満足することはできないでしょう。

たとえ大企業に入れたとしても、たとえ年収が大幅にアップしたとしても、それが希望に合っていないものでなければ意味がありません。

過去をひきずってしまう

色々と不満があって辞めることを決意したものの、いざ離れてみるとむしろ良かった部分が印象に残ってくるもの。

ただそれでも過去は過去と割り切ることができればいいんですが、転職後に何かと過去と比較してしまったり、過ぎたことなのにずるずる引きずってしまえば、せっかくの転職も徐々に不満しか感じられなくなってしまいます。

転職がゴールだと思っている

転職することはゴールではなく、むしろスタート。

にもかかわらず転職したこと自体に満足してしまって、転職後に仕事に対して真摯に取り組むことができなければその会社での居場所がなくなってしまうし、仕事も楽しいとは感じることができなくなってしまうもの。

せっかく最初は満足できていても転職後に上手くいかないと不満を感じるようになりますし、それが自分のせいであるにも関わらず会社や職場などのせいにしてしまいがちです。

満足した転職にする為には意識を変えることが大切

どうせなら満足の行く転職をしたいもの。

その為には条件の良い転職先選びに力を注ぐだけではなく、自分の考え方や意識という観点にも注意して見ると良いかもしれません。

実際に転職した人の中ではその転職に不満を感じている人よりも圧倒的に満足していると回答している人の方が多いので、こういった点を注意すれば十分に転職を成功させることができるはずです。

ぜひあなたの転職を成功させてください。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:転職で後悔した人の事例とそれに対する原因と対策。後悔しない為に大切なのは準備と心構え

関連:転職で仕事が決まらない不安や焦り、どう解消して今後どうする?



このページの先頭へ