派遣社員、契約社員が契約期間満了で更新しない場合に知っておきたいこと

派遣社員、契約社員が契約期間満了で更新しない場合に知っておきたいこと

派遣社員や契約社員の有期労働者は3ヶ月、6ヶ月、1年というように契約期間が決められており、同じ仕事を続けるのであれば、更新を繰り返すとなります。

当然、更新したくなければしなくていいし、逆に更新したくても会社側に断られてしまうこともあります。

今回は、派遣社員や契約社員が契約期間満了で更新しない場合に知っておきたいことを紹介します。

関連:正社員になりたいなら待ちの姿勢ではだめ。20代ならもちろん30代でも転職は可能。

関連:派遣社員、契約社員は基本的に契約途中に辞められない。転職タイミングはどうする?

派遣社員、契約社員が退職するのは基本的に契約満了時

派遣社員や契約社員といた有期雇用者は、正社員と違っていつでも退職できるわけではなく、基本的にはあらかじめ契約した期間を終えなければ退職することができません。

ですから、契約期間が満了し、更新しないという場合が退職となるのが一般的です。

正社員の場合であれば、退職日の2週間以上前に上司に退職することを告げて、退職届を提出するという形ですが、当然やり方が変わってくるので注意しましょう。

更新しない、更新されない場合に知っておきたいこと

では具体的に自分から更新しなかったり、更新されない場合の注意点を紹介していきます。

会社都合の退職となってすぐに失業保険を貰える場合

派遣社員であろうと、契約社員であろうと雇用保険に過去2年間で12か月以上(場合によっては6ヶ月)加入していて、かつ仕事を探す意思がある人であれば失業保険を受給できます。

ただ退職理由が会社都合であるか、それとも自己都合であるかによって申し込みから受給までの期間が変わります。

会社都合であれば受給までの待期期間が7日間しかないのですが、自己都合だと3ヶ月と7日になります。

では、派遣社員や契約社員が期間満了で退職する場合にはどちらになるでしょうか。

派遣社員の場合

派遣社員の場合、まず自らの意思で更新しない場合は自己都合の退職となります。

もし会社側から更新しないとされた場合、派遣会社からまた仕事を紹介されて断った場合も自己都合の退職となります。

会社都合となるのは、会社から更新しないと言われ、かつ退職後1ヶ月以内に仕事を紹介されなかった場合になります。

すなわち、結局1ヶ月は待たなくてはいけないということです。

契約社員の場合

契約社員の場合、まず会社側の意思で更新しないという場合には会社都合となります

また、自らの意思で更新しない場合でも給付制限がつかないことがあります。

その条件は、

  • 契約を1回以上更新したことがない
  • その職場で3年以上働いていない

というのがどちらかにあてはまる場合です。

すなわち、契約社員の場合に自己都合の退職となり給付制限がつくのは、過去に1回以上更新したことがあって、その会社で3年以上働いている場合となります。

更新しない場合のルール

では次に更新しない場合のルールを紹介していきましょう。

まず、派遣社員であろうと契約社員であろうと、3回以上契約更新されている場合や1年以上働いている場合には、会社側は30日前に予告する必要があります。

派遣社員の場合

派遣社員として働いていて、自分の意思で更新しない場合は、派遣会社の担当者にそのことを伝える必要があります。

基本的には派遣会社側から更新の意思を聞かれるので、その際に更新しないことを伝えればいいです。ただ、1ヶ月前になっても聞かれない場合は自分から言うようにしましょう。

また、もしその仕事が終わった後にまた仕事を紹介してもらいたいならば、その際に伝えておくようにしましょう。

契約社員の場合

契約社員の場合は、間に会社を噛ましていませんので、上司に直接更新しないことを伝えることになります。

こちらも基本的に契約が終わる1ヶ月前が目安です。自分から言わないと、上司は更新するもんだとばかり思ってしまうので注意してください。

手続きは会社によって異なりますので確認しておきましょう。

基本的には退職届は必要ありませんが、とりあえず提出しておくと証拠にもなるので大した手間ではありませんから一応提出しておきましょう。

次の仕事

退職時には当然次の仕事のことも考えておかなくてはなりません。

派遣社員の場合

派遣社員の場合であれば、また次の仕事を紹介してもらえる可能性はありますが、退職から次の仕事が始まるまでに空白期間が生まれてしまう可能性がどうしてもあります。

そしてその期間は当然給料が発生しません。ですから、それを踏まえて生活費用等を考えていく必要があります。

また、不景気になってくると全然仕事を紹介されなくなってしまうこともあり得ます。

契約社員の場合

契約社員の退職後は、派遣社員のように仕事を紹介してもらえるわけではないので自分で転職活動をしていかなくてはなりません。

できれば退職する前から始めるのがベストですが、契約社員の場合、給付制限なしで失業保険を貰うことができるので、それを生活費として転職活動を進めることもできます。

ただ、失業保険で貰える金額は働いていた頃の給料より低いので、それでも生活できるかは確認しておかなくてはなりません。

まあとにかく次の仕事は見つけなくてはいけないので、無駄に無職期間を延ばさないよう、できるだけ早く転職活動をするようにしましょう。

正社員を目指すなら早めに!

もしも、いつかは正社員になりたいと考えているならば動くのは絶対に早いほうがいいです。

年齢的にも若いほうが絶対いいし、何より今がかなりの売り手市場で正社員への転職が非常にしやすい状況だからです。

派遣社員や契約社員として働いていると、どうしても契約が満了する時は訪れます。しかもしれは長くても3年や5年といった短いスパンです。

その度に次の仕事どうしようかと不安になってしまいます。そういった気持から解放される為にはやっぱり正社員になるしかありません。

ぜひ正社員を目指した転職活動を始めましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントはやはり大手が充実。私の中で利用してみて満足度が高かったサイトは以下の4つです。

業界内で上位3位以内の転職支援サービスです。

リクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトであり、多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めています。

ちなみに求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっています。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。

その人の職歴、経験、能力を鑑みて、通常は見ることができない非公開となっている求人を紹介してくれるとともに、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、転職の手間はかなり減ります

また、企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれるので、ブラック企業を避けるといった観点でも利用は必要です。

DODAは、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利なサービスです。登録の際には勤務先等を書くことになりますが、企業側には絶対見えないのでばれるなんて心配は不要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、業界3位のJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:派遣社員が正社員への転職を成功させる為にしっておくべき転職活動のコツや考え方

関連:30代後半で派遣社員から正社員に転職した人のやり方や成功の秘訣


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ