仕事を辞めることを上司にメールで伝えても大丈夫?そのメリット、デメリットとは

仕事を辞めることを上司にメールで伝えても大丈夫?そのメリット、デメリットとは

会社を辞めると決めたけれど、上司に言いづらい、上司に言うタイミングがないという理由から中々言い出せない人もいるのではないでしょうか。

そんな中、仕事を辞めるということをメールで済ませてしまう人もいます。

確かに、顔を合わせずに一方的に伝えることができるメールという手段が楽なのは確かです。

関連:正社員で仕事をバックレるとどうなる?トラブルに避ける退職方法

関連:退職時に引き止められた場合の対策方法

関連:退職理由の具体例。転職面接時と自分の会社に伝える時。

仕事を辞めることをメールで伝えても大丈夫?

まずは、仕事を辞めることをメールで伝えて大丈夫なのかどうなのかについて紹介します。

法律上は問題無し

法律上、退職の意思を口頭で伝えなくてはいけないだとか、退職届を出さなくてはいけないなんてことはありません。

あくまで意思を伝えるだけですから、メールであっても問題ないということになります。

送った後も2週間は辞められない

メールを送った後、次の日から会社に行かなくていいというわけではありません。

法律上、退職は2週間前に伝えなくてはいけないとなっていますから、メールを送った後2週間は会社に行かなくてはなりません。

メールに書く退職日も2週間後にしておく必要があります。

もし「本日付けで辞めます」と言っても、会社が認めなければそれは認められないし、それでも強硬に行った場合には損害賠償を請求される可能性が無きにしもあらずです。

まあ、実際はそこまでやる会社はそうはありませんが。

基本的には社会人マナー違反

法律上は問題ないとは言え、やはり社会人としてのマナー違反です。

もしかしたら近い将来、メールで退職を告げること当たり前になるかもしれませんが、現時点ではやはり良いこととは言えません。

また、ほぼ電話があちらからかかってくるでしょう。

仕事を辞めることをメールで伝えることのメリット、デメリット

法律上は問題ないことであっても、社会人マナーとしてはあまり良くないこと。

そうすることによって、メリットもデメリットもあります。

メリット

まずは、メールで仕事を辞めることを伝える場合のメリットを紹介します。

証拠として残すことができる

メールを送信すると、それは辞める意思を告げたという証拠になるわけですから、後で聞いた、聞いていないなんてことにはなりません。

ただ、後になって見ていないという可能性もあるので、メール送信後の返信も保存して置いたほうがいいですね。

そのメールによって、こちらの意思が伝わったという証拠にもなります。

顔を合わせる必要がない

メールは相手の状況、状態に関係なく、顔を合わせることなく、一方的に送ることができます。

相手のタイミングを伺ったり、相手の顔色を伺ったりなんていうわずらわしいことはありませんから、楽ですね。

引き止めなどのわずらわしさがない

直接言うと、しばしばあるのが退職の引き止め。

時には、罵声を浴びせてくる人なんかもいます。

直接面と向かって言われるので、なかなか逃げることもできずに長々と拘束されてしまう場合もあります。

メールであれば、直接言われることはありませんから、そういったわずらわしさがなくなります。

有給休暇を使えば、会わなくても良い

メールで送ったところで、次の日会社に行って上司に会うのであれば、あまりメリットはありません。

それどころか、メールで伝えたことに対して、色々と言われる可能性が高いです。

ですから、メールで伝える場合にはそれ以降会わなくて良い状態を作る必要があります。

その方法が有給休暇を使用するという手段です。

退職日の2週間前にメールを送信し、その2週間は有給休暇を利用することで、一度も会社に行かなくてすみます。

デメリット

では、次にデメリットを紹介します。

トラブルになる可能性が高い

メールで仕事を辞めることを伝えた場合、トラブルになることは多いです。

メールで伝えた後に、会社に行くなら怒られる可能性は大だし、それ以降行かないとしても、何度も電話が来たり、直接家に来たりなんて場合もあります。

会社にとっては、引き継ぎ無しで辞められることになり、影響もありますから、何とかしようとあれこれやってくる場合があります。

マナー違反で悪影響

メールで仕事を辞めると伝えるのはマナー違反ですから、当然円満退職とはなりません。

同僚とも今後連絡はとれなくなります。

会社によって退職金を出さないなんてことをしてくる会社もあるかもしれません。

転職先がばれたら、転職先の会社に対して何か言うかもしれません。

普通に辞めた場合よりも、そういった悪影響を及ぼす可能性は高くなります。

手続き時に会社に行きづらい

会社を辞める際、色々と手続きを行わなくてはなりません。

ただ、メールで仕事を辞めることを伝えると、当然会社には行きづらいですよね。

その為、自分で退職関係をやってくれる人事に対して連絡をとらなくてはなりません。

退職時には自分から返さなくてはいけないものもあるし、会社から貰わなければならないものもあますります。

基本的には口頭で。メールは最終手段。

仕事を辞めるということを伝える手段として、メールは一つの手段です。

法律上問題ないわけですから、一つの手段として持っておくのは問題ありません。

ただ、基本的には口頭で伝えるようにし、メールはあくまで最終手段としましょう。

もちろん、絶対だめというわけではなく、精神的に限界で追い詰められた状態になっていて、顔を合わせるのも嫌で仕方がなかったり、会社に行くのができない場合はそれでも仕方ありません。

転職に向けて

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス) はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:仕事を辞める時期はいつがいい?会社や転職、お金のことなど

関連:退職時及び退職を申し出た際のトラブル事例

関連:退職、転職を決断する為に。ずるずるいくのが一番だめ。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ