強要され断ることができなかった休日出勤、振替出勤。ホワイト企業だったはずなのに

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

強要され断ることができなかった休日出勤、振替出勤。ホワイト企業だったはずなのに

ホワイト企業は労働者にとって働きやすい環境が整っているというのが一般的なイメージ。

ただ会社としてはホワイト企業であっても仕事によって、所属する部署によっては、自分が望んでいる働き方ができるとは限らないというのも事実です。

今回取り上げるのは、休日出勤に関して。会社としての年間休日が多かったとしても、休日出勤が多すぎると当然休める日数は減ってしまい、しんどい思いをすることになります。

今回は実際に休日出勤が多かった人の体験談を紹介していきます。

関連:残業が多くて辛いというのは甘えではない。自分に合わないなら早めに転職するのがベスト。

関連:上司からのサービス残業の強要は当然違法。絶対にさっさと転職したほうが良い

ホワイト企業のはずが非常に多い休日出勤

私は運よく、世間的にもホワイト企業だと言われているそこそこの大企業に就職することができました。

ただ配属された部署はかなり厳しいところであり、かつ本来休みであるはずの土日に動かなくてはいけないことが多かったので、非常に休日出勤や振替出勤が多い部署でした。

結果、私は5年で退職することになります。甘い、もったいないなど色々な意見があるとは思いますが、あまりに多い休日出勤に疲弊しきってしまいました。

1年間の休日出勤、振替出勤の日数

私がその仕事をしていた時の休日出勤や振替出勤の回数は1年間で90日を超えていました。休日出勤が50日程度、残りは振替出勤という形です。

振替出勤の場合は他の日に休みをとることができるのでまだましですが、年間の休日数は75日程度しかないという状態になっていました。

会社の年間休日数は125日だったのですが休日出勤分で75日程度になってしまっていたのです。また他の日もほとんどは振替出勤で平日に休むという形です。

振替出勤による休日は、土日に比べると精神的にしっかり休むことができるものではありませんでした。会社は稼働しているので上司や同僚から色々と電話がかかってくることもありますし、関係会社から電話がかかってくることもあります。

みんなが休んでいる時であればそういったこともありませんよね。

ちなみにGWや正月の大型連休も基本的に休みはなしでした。

休日出勤、振替出勤は強制、断ることは不可能

休日出勤や振替出勤は基本的に断ることはできません。ほぼ強制です。

仕事の計画も自分でたてる為、休日に予定があるならばそこに仕事をいれないように計画しろというスタンス。

ただそうは言っても計画外のことが突然起こることもあり、そんな時は代わってもらう人を自分で探さなくてはなりません。しかし、周りも仕事がありますから代わってもらうことなんてできずに、結果的に自分の予定をキャンセルせざるをえなくなっていました。

それによって私は予定してた家族の旅行をキャンセルすることもあったし、子供のイベントにも行くことができませんでした。

割増賃金、手当はしっかり貰える

一応ホワイト企業というだけあって、割増賃金や手当はしっかり貰うことができました。

休日出勤時は1.35倍、振替出勤時にも0.35倍の手当が支給されていました。これに加えて普段の残業分として1.25倍の超過勤務手当もしっかり支払われています。

平日の残業もそこそこあったので、毎月の手当は合計して15万円を超えていました。他の部署の同期に比べるとかなり給料は高かったですね。

生活への影響

これだけ休日出勤や振替出勤が多いと生活への影響は甚大です。

  • そもそも休みがとれなくて疲れがとれない
  • いつ休めるか読めない
  • 休みが直前で変わる
  • 家族との時間がなくなる

こんなことになってしまいました。

子供が幼稚園に行きだすと特にしんどかったですね。幼稚園の休みと自分の休みが全く合わないので全然一緒に過ごすことができなくなってしまいましたから。

残念なことに仕事ができた

自慢に聞こえてしまうかもしれませんが、残念なことにそこそこ仕事ができてしまっていて評価が高かったんです。

まあ普通だったら嬉しいことなのかもしれませんが、私にとってはあまり喜ばしくはないこと。というのも、仕事ができることによって、会社側は私を今の仕事に向いていると判断し、下手に異動することができなくなってしまったからです。

部署異動の希望はずっとだしていましたが、まったくかなうことはありませんでした。

その結果、家族と相談し、今後のことも考えて転職するに至ったというわけです。

休日出勤、振替出勤は断ることができないのか

今回、ある方の実体験を紹介してきました。

ここまで休日出勤や振替出勤が多いと、いくらその他の点が整っていても辞めることを選択してしまうのも仕方ないのかなと感じます。

そもそも、休日出勤や振替出勤は断ることはできないのでしょうか。

強制するのは違法ではない

休日出勤や振替出勤の強制は、労使間で36協定が結ばれているならば業務命令の範囲内となり違法とはなりません。しかも何日前には指示しなくてはいけないという義務もなく、直前になって休日にでてくれということも可能です。

もちろん手当等の支給は義務付けられていますが、適切に賃金が支払われるならば会社側は正当な行為をしていることになります。

労働基準法によって休日の日数は4週で4日と定められていますが、割増賃金の支払われる休日出勤は休日数に含まれることになります。その為、この休日出勤のせいで4週で3日しか休みがなくなっても法律上は問題がないことになります。

基本的には従うしかない

休日出勤や振替出勤は、基本的に拒否することができません。

日ごろから上司や同僚と良い関係をつくっていれば、たまには冠婚葬祭などを理由に断ることもできますが、そう頻繁に使えるものではありません。

36協定を結んでいる以上、残業や休日出勤は正当な業務命令となり、もしこれに従わない場合は業務命令違反として懲戒解雇などの処分を受ける可能性があるのです。

それゆえ、もしも休日出勤が頻繁にある職場に入ってしまった場合は、休日出勤することを受け入れるか、異動もしくは転職して休日出勤がない職場に移るしかないのです。

ホワイト企業であっても強制されることはあるので要注意

世間的にはホワイト企業と言われている企業であっても、休日出勤を強制されて実際は休日がかなり少なくなってしまうというパターンも決してすくなくありません。

仕事を選ぶ際はそのことにも良く注意してみてください。

休日出勤は、給料が増えるというメリットがある一方で生活にも大きな影響を及ぼしてしまうものです。あまりにも多いとそれが原因で仕事を辞めてしまうことにもなりえることなのです。

もしも今休日出勤が多すぎて悩んでいるならば、現在の売り手市場の波にのって転職してしまうというのも一つの手です。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職を成成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:連続勤務がきつい!労働基準法では休日がどう定められているのか。

関連:残業、休日出勤したくない!残業が多いことが当たり前な現状から脱出



このページの先頭へ