年間休日数120日以上と書いてあったのに嘘だった!こんな嘘に要注意!

年間休日数120日以上と書いてあったのに嘘だった!こんな嘘に要注意!

どうせ働くならば休みは多いほうが良いというのが普通の考え。ですから年間休日120日以上という条件は仕事探しをしている際には非常に魅力的に感じる人が多いと思います。

しかしその求人に惹かれていざ転職したものの、実際に働きだすと聞いていた話と全然違っていたなんてことが実際に起こってしまうようです。

120日以上どころか110日、100日をきるような職場であったということすらあって、せっかく転職したのにそんな目にあわされるととても腹立たしいですよね。

そんな会社すぐに辞めればいいんですが、実際には転職後すぐに辞めてしまうことで職歴に傷がついてしまうのではないか、次の仕事は見つからないのではないかと不安になって結局我慢して続けざるを得ないという人が多いようですから、入社前にどれだけ真実と嘘を見極めることができるかどうかが重要になってきます。

関連:求人票は嘘ばかり?給料、ボーナス、年間休日、残業時間が違うなんてよくある話。

関連:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

年間休日数で騙された!実際にあったこんな嘘

実際は100日しかないのに求人票では120日と書く。実際に入社してしまえばすぐにばれてしまうことなのに、そういった嘘をわざとつく企業が稀にあります。

実際にその被害にあわれた人はこんな嘘で休日数をごまかされてしまっているようです。

年間休日数は有給休暇込み

年間休日数は会社として設定してある休日であり、労働者に付与することが義務付けられている有給休暇は含まれません。

年間休日120日であれば、有給休暇20日と合わせて合計で1年間で140日休みになる可能性があるということになります。

ところが求人票で見栄えを良くする為に有給休暇分、しかも最初に付与される日数ではなく数年働いた後での最大日数20日分を加えて書いている場合もあるので要注意。

会社休日は105日しかないのに、有給休暇20日を加えて125日と書いていることがあるのです。

そしてそういった会社ははだいたい有給休暇も取りにくくて年間で2,3日しか取れない場合が多くて、結局思ったように休むことができないという場合があるのです。

人員不足を理由に・・・

シフト制の会社で入社前までは1週間に2日は必ず休みとなると聞いていたにも関わらず、実際に働き出してみる週に一回しか休みをとることができず、上司に聞いてみても人手不足だから人が集まるまでしばらく辛抱してと言われる始末。

ところがいくら待っても人が入ってくることはなく、結局今のまま働き続けることになってしまった。

そんな事例もあるようです。

まだ1日分は休日出勤扱いとなっていれば救いがあるものの、私が聞いた人は特に手当は支払われず、ただ単純に休みが少なくなってしまったそうです。

確かにここ数年は売り手市場で求人募集を出してもなかなか人が集まらず、その結果社員に対して当初予定よりも高い負荷をかけてしまっていることになっている企業は少なくありません。

ただ決められた休日数をオーバーするならその分の給料は支払われなくてはなりません。もしそれが支払われていないのであれば、法律違反となってしまいます。

あんなのは人集めの為にどこもやっている

休日数に関して嘘をつき、その嘘に関して何か言われたら何も悪びれることなく「それは人集めの嘘」、「そんな嘘はどこでもついている」、「嫌ならやめろ」、そんなふうに開き直った発言をする経営者もいるようです。

一旦入社させてしまえば、そう簡単には辞めることができないだろうと、労働者の弱い立場を利用したひどい会社です。

聞いていた話と違ったからといって、他の人達も同じ条件で働いていて自分だけ休みを増やしてもらうなんてことはできない、そもそも休みについて話をしづらいといったことから結局泣き寝入りしてしまう人が多いのが実情です。

こんな場合は嘘とはならない

一方で、求人票と休日数が違っていたとしても、それが嘘とはならずに問題なくなってしまう場合もあります。

休日出勤扱い

年間休日として書かれている日数は会社として設定している休日の数。

ただその休日であっても、36協定が結ばれていて然るべき給料を支払っていれば社員に労働させることは可能となっています。

休日出勤したからといって代休をとる必要もありませんし、強制させられることも違法とはなりません。

例えば求人票で年間休日120日、年収500万円と書かれていても、その年収がその休日出勤込みの金額となっていれば、想定した給料はそのままで休日出勤分だけ休みが少なくなってしまうということもありうることなんです。

雇用契約書通り

会社側は労働者と労働契約を結ぶ際に、所定労働時間や休日、賃金などを書面で明示することが義務付けられています。

そして一般的にはこういったことが書かれた雇用契約書を会社側が準備し、労働者がサインするということになります。

求人票とは違う内容であってもしっかり書面が提出されていてそれにサインをしてしまっている場合、双方の合意のもと契約を結んだことになってしまい、求人票と違う休日数であっても問題なくなってしまう場合があるのです。

雇用契約書の内容をしっかり見ずにサインをしてしまったが故にトラブルが起きてしまうという事例は少なくありません。

入社してからでは手遅れ?

一度入社させてしまえばこっちのもの、そう簡単に辞めることはできないだろうということを考えてそういったことをしてくるんでしょうが、雇われる側の身になるとやってられません。

とは言えそういったことは実際に起こっていることで、万が一自分にそういったことが起きてしまったらどう対処することができるでしょうか。

雇用契約書に書かれている内容通り働くことができているのであれば、その働き方に問題はないとされ是正することは難しいのが実情ですが、雇用契約書に書かれている内容と違う場合、契約違反として会社側に労働条件の修正を申し入れることが可能。ただ場合によっては労働局などを利用していく必要があります。

ただ万が一休みを増やすという希望が通っても、他の人と明らかに違う条件で働くことによって人間関係が悪化してしまう可能性があるので、一人だけではなく他の労働者大勢を巻き込んで行わなければ難しい部分が多いのが実情です。

結局のところ、転職するしかないというのが本音。短期離職というリスクはあっても、事情が事情ですから転職は不可能ではないと思いますから、我慢して働き続けるくらいなら仕事を辞めずにまた次の仕事探しをしていくようにしましょう。

これからの転職で会社に騙されない為に

今回のように休日数で嘘をつくような会社というのは少なくはないものの、大多数の会社は正しい情報を記載してくれています。

とは言え、自分としても騙されないように気をつけることが必要。

少なくとも以下の2点については行うようにしてください。

  • 面接時に確認
  • 雇用契約書を確認

労働条件に関して面接時にこちらから確認することには、聞き方やタイミングなども注意する必要があるものの、聞いたからといってマイナスになる心配はする必要はありません。

雇用契約書は貰ったら必ず確認。求人票で嘘をつくような会社であっても、雇用契約書は正しく書いてある場合がほとんど。違法であることの証拠を残してしまうことになるので、そこまで嘘をつくような会社はかなり少ないです。

稀に出してくれない会社もありますが、その場合は提出してもらうようにうながしましょう。書面での提出は法律で義務付けられていること。言ってもだしてくれないならそれだけで危険ということに気づくことができます。

また転職エージェントを利用するのもおすすめ。各社とも求人票と実際に働いてからの条件が違うようなことがあっては会社の評判にかかわってしまうので、事前に条件面を確認してくれていますから入社後に聞いていた条件と違うというようなリスクが起きにくくなります。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ