求人票は嘘ばかり?給料、ボーナス、年間休日、残業時間が違うなんてよくある話。

求人票は嘘ばかり?給料、ボーナス、年間休日、残業時間が違うなんてよくある話。

転職する際に会社を選ぼうとした場合にまず見るのは求人票であることが多いですよね。

ただこの求人票。書いていることをそのまま信じることはあまりよくありません。

というのも、求人票に書かれていることが必ずしも正しいとは言えず、信じて転職してしまうととんでもない可能性にあう場合があるのです。

関連:ハローワークを利用した転職活動の進め方。ブラック企業を見極めることが最重要

関連:転職サイトとは?ハローワークとの違いや選び方、比較のポイント、利用のメリット

ハローワークに多い嘘の求人票

嘘が書かれている求人票は特にハローワークに多い傾向があります。

転職サイト等は、求人を出すこと自体にお金がかかる為に人を使い捨てにするブラック企業自体が少なかったり、求人票の内容と一致しているかを確認していることもあるので割と求人情報は正しいことが多いです。

民間企業としては信用が重要になりますからあまりに嘘ばかりだと利用者も減ってしまうのでよく注意しています。

しかしハローワークの場合は、掲載することが無料でできる上にチェック等もないので、どうしても嘘を書かれた求人票が多くなってしまいがちです。

実際にハローワークを利用して転職した人の中には、求人票が全くの嘘であることに入社してから気づいたという人が多数いて、非常に多くの苦情が寄せられています。

求人票に嘘を書いても罰則がない

求人票に嘘を書くなんてとんでもない会社だなーって思いますよね。

ところが求人票に嘘を書くことは別に罰則がまったくないんです。

労働基準法では労働条件を明示することが定められていますが、それは求人票のことではなく、内定後に個別に書面にて明示されるものです。

求人票はあくまで目安であり、たとえそれが嘘であっても特に労働基準法を違反することにはならないとなっています(厚生労働省)。

職安法では企業が自社サイトなどで直接募集する際に虚偽情報を載せることに対して罰則を定めていますが、ハローワークなどに虚偽の求人を出しても、行政指導ができる程度で、罰則はないので規制になていないのが現実です(産経ニュース)。

あまりにも求人票の嘘が多く、トラブルを招いている為、厚生労働省が嘘の求人内容に対して懲役刑を適用するように法律改正を検討しているところですが、少なくとも現時点ではまだ嘘で溢れています。

よくある求人票の嘘

では具体的にはどういった嘘があるのでしょうか。いくつかよくある嘘の例を紹介していきましょう。

給料

給料が月給25万円と書かれていたのに、実際に入社してみると20万円だったなんていう給料のトラブルはよく聞きます。

会社側の言い訳としては最大まで残業した時の給料だとか言ってくることが大出すね。

ただ中には堂々と基本給を求人票や面接時に明示していたくせに入社してみたら少なかったなんていうこともあるそうです。

ボーナス

ボーナスが2回あると聞いていたのに、実際は全くなかったという話も聞いたことがあります。

一応5年前まではあったらしいですが、ここ最近は経営があまりよくないことを理由に全く支払われていないそう。

それでもも制度としては2回あって会社としても経営が以前くらいに戻ればまた支払うつもりらしいです。

残業

残業がまったく違うというのには様々なパターンがあります。

例えば会社が残業月30時間程度と言っていたのが実際80時間だったという場合だと、以下のパターンがあります。

  • 会社平均は30時間だが忙しい部署なので80時間
  • 残業代がでるのは30時間まで、残りの50時間はサービス残業
  • 単純に嘘

休日

休日の日数もよく嘘がつかれています。

完全週休二日制と書いてあるにもかかわらず実は月に2回は週1休みだったという場合もありますし、

年間休日120日と書いてありながらそれは有給休暇込みの日数で実際は100日だった(しかも有給休暇は全然使わせてもらえない)という場合もあります。

手当

求人票には通勤費全額支給と書いてあったのに、実際には上限が5000までだった。住宅手当ありと書いてあったのに、全くそんな制度はなかった。

こういった手当に嘘がつかれている場合も多々あります。

転職する際に気を付けるべきこと

もしこれから転職しようと考えている場合に気を付けるべきことは以下の2つ。

  • 内定後に必ず労働条件書を確認する
  • できる限り転職サイト、転職エージェントを利用する

まず一つ目の「内定後に必ず労働条件書を確認する」というのはとても大事。

自分の考えている条件と合っているかしっかり確認しましょう。

労働基準法15条では、労働条件を書面で明示することが義務付けられており、その書面には給料や休日、労働時間などが書かれていなくてはなりません。

もし出されていないなら出すようにお願いして入社前にしっかり確認するようにしましょう。

これはあくまで義務です。

そもそも言わなければ出さない時点で労働基準法を守ることに関して考え方が甘いので注意が必要です。

言ってもださないようならもう論外なので入社を辞めることも考えたほうが良いかもしれません。

二つ目の転職サイト、転職エージェントですが、やはりハローワークよりは嘘の求人が少ない為、利用する為だけでリスクを下げることにつながります。

転職サイト、転職エージェントはたくさんあるので複数使ってみれば自分に合ったものが見つかるはずです。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば知名度のある以下の2つを利用してみるのをおすすめします。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他の転職サイト、転職エージェントとしては同様の規模であるDODA、業界3位のJAC Recruitment 、第二新卒向けの第二新卒エージェントNEOといった所もあるので、併せて使ってみるといいかもしれません。

関連:ブラック企業からホワイト企業への転職体験談。転職することで何が変わった?

関連:ハローワーク(職安)の求人を転職で使う際の注意点、メリット、デメリットは?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ