有効求人倍率とは?推移を見ると23年ぶりの高水準だった!

有効求人倍率とは何でしょうか。

良く景気の動向を示す数値としてでてきます。

今回は、この有効求人倍率について、

有効求人倍率とは何か、また近年の推移はどうなっているかを紹介します。

実は今、非常に高い数字になっていました。

関連:ハローワーク(職安)の求人を転職で使う際の注意点、メリット、デメリットは?

おすすめ記事:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

有効求人倍率の推移

ではまず有効求人倍率とは何か、そして近年の推移はどうなっているかを紹介します。

有効求人倍率とは

有効求人倍率とは何を示すのでしょうか

まず、求人倍率について説明しましょう。

求人倍率とは求職者1人あたりに対して、何件の求人数があるかを示すものです。

例えば、求職者100人いて、求人が120件あるのであれば、1.2倍となります。

1.0倍以上になれば、少なくとも1人に対して1件仕事があるのでいいですが1.0倍以下になってしまうと、どう頑張っても失業者がでてしまう状態というわけです。

景気がよくなるほど、企業は人手が足りなくなり求人数を増やすので、求人倍率は増えます。

その為、この数字が景気動向を示す数字として使われるわけです。

そんな求人倍率には新規求人倍率と、有効求人倍率があります。

まず、新規求人倍率は、その月に新たに求人が出された数と、新たに求職を始めた数によって算出されます。

すでに先月から転職活動などを行っている人は含まれず、その月の数字だけを使います。

一方で有効求人倍率は、先月から繰り越している求人や、求職者も数に含み、その月にあるすべての求人数と、求職者数から算出されます。

ですから、景気の動向を見る指数としては、全体がわかる有効求人倍率がよく使われるわけです。

転職活動をする場合においては、非常に大事な数字となります。

この数字が多ければ多いほど、求人数に対して応募数が少なくなる為、採用される可能性は高くなります。

一方で有効求人倍率が低いと、求人数に対して応募数が多くなる為、採用されにくくなってしまいます。

また、求人数が増えることで選択肢が広がったり、年収といった条件も人を集めるためにいい条件を提示していることが多いです。

有効求人倍率の推移

では、現在の有効求人倍率はどのような数字になっているのでしょうか。

有効求人倍率の推移

出典:厚生労働省 一般職業紹介状況(平成27年7月分)について

右半分は2014年7月から2015年7月のデータとなっており、左半分は1年ごとの数字となっています。

直近1年のデータは非常に高い数字となっており、2015年7月には1.2倍を超え、1.24倍となっています。

ちなみに10月も1.24倍でした。

実はこの数字は1992年以来の23年ぶりの高水準なのです。

景気はよくなってきたと言われていますが、なかなか実感できていない人も多いかと思いますが、有効求人倍率の数字だけ見れば、景気はよくなってきていると言えるでしょう。

 

他の数値も軒並み上昇

有効求人倍率に限らず、他の数値も軒並み上昇となっています。

新規求人倍率は1.85倍とこちらも23年ぶりの数値。

正社員に限った場合の有効求人倍率は0.76倍と2004年の調査開始以来最高。

求人倍率は軒並み上昇しています。

 

スポンサーリンク

なぜ景気が実感できないのか

これだけ、有効求人倍率が高いにも関わらず、なかなか景気が良いと実感できない人も多いでしょう。

最近は消費税アップも含め、物要価が上昇しています。

また、少子化や介護といった将来の不安もあり、社会保険料も増えています。

賃上げを実施していますが、まだ大手企業にとどまり、中小企業で働く人々までいきわたっていないのが現実です。

これでは生活は苦しいばかりです。

また、正社員の有効求人倍率が高くなっているとはいえ、

実は派遣社員といった非正規雇用者の数は増加し続けているのです。

もちろん、望んで非正規雇用という道を選ぶ人もいますが、正規雇用者が62.6%に対し、非正規雇用者37.4%と非常に高い数字になっているのが現状です。

その為、なかなか有効求人倍率だけでは景気が良くなってきたと思うことができないのです。

スポンサーリンク

転職市場は活気がある

景気が実感できないとはいえ、転職市場では、求人数が増え、活気づいています。

なかなか給料が増えないと嘆いているのであれば、この機会に年収の高い会社に転職するという道もあります。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。

関連:新卒社員の平均離職率はこんなに高い!そろそろ新入社員が辞めて転職する頃?

おすすめ記事:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

おすすめ記事:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ