退職勧奨と退職強要の違い。違法行為を認めてはいけない。

退職勧奨と退職強要の違い。違法行為を認めてはいけない。

上司から「会社を辞めてほしい」と言われてしまった。

できれば避けたいことですが、実際に起こりうることです。

日本では正社員を辞めさせにくいのは確かですが、全くできないわけではありません。

社員を辞めさせる方法として、解雇以外に自主的に退職を促す「退職勧奨」があります。

退職勧奨をすること自体は問題ありませんが、それが行き過ぎると「退職強要」となり、違法行為となることがあります。

今回は、退職勧奨と退職強要の違い、そして退職を強要された場合の対策を紹介します。

関連:降格人事や減給となる理由や実施された時にすべきこと

関連:パワハラが原因よる退職、転職時の注意点。会社都合の退職にするには?

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

退職勧奨と退職強要の違い

会社が社員を辞めさせる方法として、解雇という形があります。

解雇にも、懲戒解雇、諭旨解雇、整理解雇、普通解雇といったものがありますが、

いずれの場合にしても、解雇するに相当する、正当な理由がなくてはいけません。

他の人より能力が少し低い、成果が上がっていない、年齢が高いといった理由は正当な理由とはならず、解雇することはできません。

また、経営悪化による人員整理の場合であっても、いくつかの条件を満たす必要があります。

解雇の場合、正当ではないとトラブルになることも多く、会社は解雇することを避けたがります。

それでも社員を辞めさせたい場合、会社は解雇ではなく、退職勧奨、退職強要といった形をとることになります。

参考:会社をクビになったら?クビになる理由や対処法

退職勧奨とは

退職勧奨とは、社員に対して、退職させるように促すことです。

会社とその社員は、労働契約を結んでいます。

自主退職の場合は、社員から会社に契約解除を申し入れるという形であり、

会社都合による退職の場合は、会社から社員に対して契約解除を申し入れるという形です。

退職勧奨は、会社が社員に対して契約解除することを合意してもらうという形になります。

退職勧奨を受け入れて退職する場合は、会社都合の退職となることが一般的です。

しかし、最終的に退職を決めたのはその社員だからと自己都合にしてくる場合がありますので、注意が必要です。

退職勧奨すること自体は違法ではありません。

ただ、あくまで退職勧奨は会社からのお願いですから、受け入れる義務は無く断ることができます。

ただ退職を促すだけでは、退職に合意してくれることも少ない為、退職金の割増など退職のメリットをつけることが多いです。

退職強要とは

退職強要とは、社員に対して、退職するように強要する行為です。

退職勧奨によって退職させるには、その社員の合意が必要となります。

もし合意しなければ、辞めさせることはできません。

辞めさせたいけれど社員が合意してくれないとなった時、脅しをかけるなどして、なんとか退職するように仕向けることがあります。

退職強要してくる場合、会社は退職金の割り増しといった社員にメリットのあることがないことが多いです。

また、退職は社員の意思だと言い張り、自己都合の退職にさせることも多いです。

自己都合の退職は、会社都合の退職に比べて、退職金が少なくて済んだり、退職後のトラブルも少ない為、会社は自己都合の退職にしたがります。

退職強要の方法として、以下の形をとることが多いです。

  • 退職しなければ解雇すると脅迫する
  • 毎日罵声を浴びせるといったパワハラ行為を行う
  • 断っても、何度も退職を促す
  • 長時間、密室で退職勧奨を行う

もちろん退職強要は、立派な違法行為となります。

スポンサーリンク

退職を強要されたら

退職を強要してくるという行為は、違法行為です。

あくまで退職を促されても断る権利はあります。

退職しなければ解雇になるといわれても、ほとんどの場合は解雇に相当する理由がありません。

だから、退職強要という手段に走っているのです。

もし退職強要された場合には、そのまま退職を受け入れないようにしなくてはいけません。

もし、会社を辞めたくないのであれば、はっきりと退職しない意思を伝え、さらにそれが違法行為であるということを言いましょう。

それでも強要行為がやまないのであれば、弁護士等の専門家に相談しましょう。

もし退職する場合であれば、会社の言いなりにはならず、自己都合ではなく会社都合の退職とするようにしましょう。

また違法行為によって辞めざるを得ない環境となったことを示し、退職金の上乗せや、損害賠償といった金銭的補償も見込めます。

いずれの場合にしろ、証拠が必要となります。

もし退職強要されているのであれば、退職届を出す前に、ICレコーダーによる音声の録音、行われた内容のメモ等を残す必要があります。

会社に残るか、辞めるか

退職勧奨、退職強要された時点で、その会社に居づらくなってしまうのは確かです。

それでも残るという選択をするのはありだし、さっさと見切りをつけて辞めてしまうのもありです。

ただ、どうするかを決める為にも転職活動は始めておいたほうがいいです。

他にも良い会社はたくさんあります。

自分にとってどう選択すればいいのか見極める為にも、その為に動いておいたほうが得策です。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、無料で市場価値や適正を調べられたり、直近で転職を考えているわけではないという人にとっても役立つ情報を見ることができるのでかなり便利です。

まずは最大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。

というかこの2つは他の転職サイに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っているので登録は必須です。

ちなみに診断テストで言えば、リクナビNEXTがグッドポイント診断という強みを調べるもの、DODAがキャリアタイプ診断という性格や能力、適している働き方や企業風土を調べるものが人気です。

転職を検討している人で、どちらにも登録していないという人はかなり少数だと思いますが、まだ使っていないという人はチェックだけしてみてください。

登録自体も色々と入力項目がありますが、まずは必要項目を入れればいいので数分で終わります。転職しようとしていることが転職サイト経由でばれたというのも聞いたことがないので心配ありません。

もう少し2つのサイトについて説明してみましょう。

リクナビNEXTは、転職者の8割が使っているそうです。

私もとりあえずまずはここに登録したし、情報収集をする為に他の転職サイトもあわせて使っていましたが、良い部分はあっても他に劣っているという部分は感じたことがありませんでした。

実際、リクナビNEXTをメインとして他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めている人が一番多いかと思います。。

非公開求人への応募が可能となるスカウト機能は他のサイトに比べて特に優れていますし、自分の強み市場価値を調べることができるなど、機能面が全般的に優秀なのが特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、求人検索やスカウト機能といった転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっていて、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利です。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、DODAは企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれる、求人は事前に審査しブラック企業を排除してくれているという特徴があるので、転職のリスクを最大限下げるといった観点でも利用は必要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、それらに次ぐJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:仕事を辞める前に確認しておくべき4つのこと

関連:退職前、退職後の手続き、社会保険や税金はどうすればいい?

関連:自己都合と退職と会社都合の退職。なぜ会社は自己都合にしたがる?

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ