仕事が苦痛でしかないものになってしまったらどうすればいい?解放される為にやるべきこと

仕事が苦痛でしかないものになってしまったらどうすればいい?解放される為にやるべきこと

あなたにとって、仕事はどんなものですか?

せっかくするなら仕事は楽しいものであってほしいですが、残念ながら単に苦痛でしかないものである人も少なくはないと思います。

では後数十年、苦痛で仕方がない仕事を続けていくことに対してどう思いますか?

ちょっと恐ろしいですよね。

確かに仕事が苦痛でもうやりたくないからと言って簡単に辞めるわけにはいきません。お金を稼がなくては生活できなくなってしまいますから。

とは言え苦痛なことを後数十年続け、たった一度きりの人生を消費してしまうのはやっぱり避けたいこと。ではそんな人はどうすればいいのでしょうか。

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

関連:営業をやってて辛いこと、しんどいこと。辞めたいくらい悩んでいるなら転職したっていい

仕事では嫌なことがあるのも仕方がないこと

仕事は楽しいことばかりなんてことはほとんどないでしょう。はっきり言って仕事で嫌なことがあるのは仕方がないことです。

ノルマ、納期に捉われることもあれば、ミスして上司に怒られることだってあります。合わないなーと思う人とも付き合っていかなくてはならないし、時に遅くまで仕事をしなくてはいけない日だってあるでしょう。

完全にストレスなく働いている人はさすがにいないと思います。みんなが嫌なことを避けてしまえば会社自体が成り立ちません。

仕事をするなら嫌なこともあるということをある程度は覚悟することも必要ですし、そこで感じたストレスを上手く解消していくことができるようになるのも必要な能力です。

苦痛でしかないものになってしまっているのはおかしい

ただ仕事は嫌なことばかりではないはず。

大変な仕事をやり切った達成感を感じることができたり、チームとして仕事をすることの楽しさを感じたり、人に役に立っていると感じてやりがいを感じたりすることで仕事をやってて良かったと思える瞬間もあるべきです。

だからこそ仕事を続けていけることができるし、この仕事をやってて良かったなと思えるもの。

ただ仕事が苦痛でしかないものになってしまっている人というのはそういったことが少ない、もしくは全くないんだと思います。

それはあまりに大変なこと、嫌なことが多すぎることが原因であったり、仕事内容自体に問題があったり、仕事に飽きてしまいつまらなさしか感じなくなっていることが原因かもしれません。

必ず何かしらの原因があるでしょう。

しかしそれは普通の状態ではありません。仕事は大変なもの。確かにその通りです。しかし大変=苦痛であるというのは間違っています。

苦痛から解放される為には

一生暮らせるようなお金を手に入れれば仕事を辞めることができるでしょう。ただそれは簡単に叶えることができるものではありません。

ではどうすれば仕事の苦痛から解放されるのでしょうか。

どこに苦痛の原因があるのかを明らかにする

仕事が苦痛でしかない。でも生活の為にお金を稼がなくてはいけないから仕事を辞めるわけにはいかない。

それで終わらせてしまえば今後も何も変わらず苦痛に耐えながら仕事を続けていくしかできません。

先ほども述べたように苦痛になってしまっている原因は必ずどこかにあるはず。仕事全部が嫌だと思っても必ずきっかけとなり、大きな割合を占めているものはあるはずでそれが何なのか自分でしっかり把握してみましょう。

それだけで解決策は思いつくかもしれません。

全部をなんとかしようとしない

苦痛と感じる内容は一つではないかもしれません。出していけばあれもこれもなんていう風になることもあるでしょう。

そんな時、とにかく全部を解決しなければどうしようもないと思っていませんか?

そして全てを解決することができないとなった時、なぜか全てを諦めてしまう人が多いです。

普通に考えて全部をなんとかすることができないとしても、できるだけ嫌な原因を減らしていくほうがいいですよね。でもそれをやらない人が本当に多いんです。

自分の力だけではどうしようもないことだってあります。ただ自分の力でできることもあるはず。まずは自分ができることから始めていきましょう。

将来に対する目標を立てる

しんどいなー、辛いなー、そんな風に思っていることでも、それをやることが将来の目指す姿に繋がっているとなれば仕事は少なからず楽しくなるはず。

ですから将来の目標を立てることはとても大切なことです。ただ目の前の仕事をこなして給料を貰うということにしか意識が向いていなければ辛いと感じるのは当たり前なんです。

例えば筋トレだってやっている時はしんどいし辛いです。ただどうなりたいかという姿があるからこそ頑張れますよね。

会社に仲の良い人をつくる

仕事が苦痛でしかなくなってしまう一つの原因として人間関係が挙げられます。これが原因で辞める人というのも少なくありません。

何をやるかよりも誰とやるかなんて言葉があるくらい、仕事における人間関係の重要性はかなり高くなっています。

逆に言えば、会社の人間関係が上手くいくようになればそれだけで仕事は苦痛なものではなくなる可能性も十分にあるということ。

最初は全員となんてことを考えなくてもいいので、職場に仲の良い人を作ってみましょう。

もちろん簡単にできることではないかもしれませんが、共通の趣味を持っている人、何となく気の合う人など自分から積極的話しかけていけば見つかるかもしれません。

逃げ道をつくる

今の仕事が嫌で嫌で仕方ないなら転職して逃げることも可能です。それは労働者として働いている人に与えられている権利。

しかし多くの人はその権利をなぜか自分で放棄し、今の会社が全て、今の仕事がすべてだと勝手に思い込んでしまっています。

確かにそんなにポンポンと転職は良いことではありません。何度も転職を繰り返すことは良しとはされず、中々転職先も見つからなくなってしまうでしょう。

ただ1度や2度の転職は特に問題もなく、むしろ条件アップすることに繋がる人もたくさんいるわけです。

自分で勝手に逃げ道を潰さず、だめなら逃げることができるという思いがあるだけで、仕事はずっと気楽になるでしょう。

どうにもならないなら仕事を変えてみては?

もしも現時点でやっぱりどうにもならないならば思い切って仕事を変えてみてはどうでしょうか。少なくとも変えようと動いてみましょう。

苦痛な中仕事を続けるのではなく、自分で仕事を選んでみる。そうすることで仕事に対する考え方は大きく変わっていくと思います。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:仕事に疲れた、働くことに疲れたから辞めたいなら我慢し続けないで転職していい。

関連:会社に行く毎日が辛い。仕事が嫌で嫌で仕方ない。そうなったら転職も意識しなくてはならない。



このページの先頭へ