転職を繰り返す人の特徴や繰り返してしまう理由、どうすれば長く続けられる?

転職を繰り返す人の特徴や繰り返してしまう理由、どうすれば長く続けられる?

せっかく転職したのに、その仕事も続かずに転職を繰り返してしまうという人がいます。

転職支援サービスが充実して、転職しやすくなったとは言え、現在の日本の環境ではあまり良いこととは言えません。

転職せずに、同じ会社でずっと働き続けることが正しいわけではありませんが、短期間で何度も転職してしまう弊害は大きいのが現実です。

そこで、今回は転職繰り返すことによるデメリットや、転職を繰り返す人の特徴、繰り返してしまう理由を紹介します。

関連:試用期間中に辞めたいと思ったら?試用期間内の退職における注意点

関連:社会人に向いていない、社会不適合者だと思っている人の仕事との向き合い方

関連:仕事が続かないのはなぜ?原因と対処法

転職を繰り返すことによる大きなデメリット

転職活動はそれなりに大変であり、何度も転職活動をしなくてはいけないのはやはり大変なことです。

ただ、転職を繰り返すことのデメリットの中でそれはたいしたことではありません。

転職を繰り返すことによる最大のデメリットは、転職回数が増えるにつれて転職しにくい状況になってしまうことです。

企業は、転職を繰り返している人材に対して、またすぐ辞めるのではないか、ストレス耐性が弱いのではないかということを考えます。

企業にとって、採用した人材がすぐに辞めてしまうのは、大きな損害を被ることであり、絶対に避けたいことです。

入社後の教育にかけるお金、入社したての会社に利益をもたらしていない時の給料、採用活動にかかるお金など、合算するとかなりの金額になります。

その為、転職回数が多ければ多いほど、応募しても採用されにくくなってしまうのです。

また、スキルの面でも不利になってしまいます。

一つの仕事で頑張ってきた人と、転職を繰り返し様々な仕事をつまみ食いしてきた人では、前者の方がスキルが高い判断され、後者はスキルが不十分だとみなされてしまうのです。

転職を繰り返す人の特徴、繰り返す理由

転職を繰り返し、転職回数が多くなってしまうことが転職活動で不利に働くというのは、よく知られていることであり、皆さんのほとんども知っていることでしょう。

しかし、そのことがわかっていても転職を繰り返す人がいます。それはなぜでしょうか。

転職を繰り返す人には、以下のような特徴があります。自分があてはまっていないか考えてみてください。

自分を正当化する

何か嫌なことがあると、その責任は会社や上司のせいだと決めつけ、自分は間違っていないと正当化しがちです。

会社が悪いと決めつけ、自分の間違っていることを認めないどころか考えることすらしません。

もちろん、周囲に原因がある場合もありますが、決してそれだけではなく、自分にも問題がないかということは常に考えなくてはなりません。

向上心が強い、常に満足できない

向上心を持つということは、非常に大切なことです。

その向上心によって、転職してもすぐにその環境に満足できなくなってしまい、すぐに転職を考えてしまう人がいます。

前向きな転職であるように思いますが、実態は単なる無い物ねだりになってしまうことが多いです。

自分のことをよくわかっていない

転職を繰り返す人には、自分のことをよくわかっていないという特徴を持っていることが多いです。

自分が何をしたいのかわからない、自分の希望が何なのかがわからない、自分の実力がわからない。

そんな状態で転職してしまった結果、転職しても不満を感じてしまうことになってしまっています。

転職活動時に妥協してしまっている

転職活動を始めた頃は、こういった転職がしたいと考えていたものが、

時間が経つにつれて、その希望が薄れていってしまい、本来自分がしたかったものからどんどん妥協していき、最終的には希望とは大きくかけ離れた転職をしてしまっている場合があります。

期待を持ちすぎている

転職すれば状況が良くなるはずという、転職に対する期待がありすぎることも問題です。

以前に転職したことによって、よくなったことを実感した人ほど、この傾向が強いです。

過去のことは美化されがちであること、一時的に良くなっただけであることも多々あるので注意しなくてはなりません。

前向きに物事を捉えることができない

転職を繰り返す人の特徴として、物事を後ろ向きに捉えがちであることが挙げられます。

何かあると、すぐに不満を感じるようになってしまい、どんな転職をしても満足できません。

多少嫌なことがあっても、物事を前向きに捉え、解決策を考えるというのは、仕事を続けていく為に欠かせません。

辞めること前提に考えている

会社を辞めるというのは、現状から脱する方法としては確実であり、すぐにできることです。

その為、何か嫌なことがあると、すぐに会社を辞めるという選択肢を考えてしまう人も多いです。

解決できる方法は他にもあるのに、特に解決策を考えません。

辞めることが目的となっている

転職活動を行う際、転職の目的がとにかく会社を辞めることになってしまっている人も多いです。

何よりも会社を辞めることが目的となっており、より良い転職先を見つけようとしません。

受かりやすそうな企業を受け、内定を貰うことができたらよく調べもせずに入社することを決めてしまう。

それでは、入社後に後悔してしまうのも仕方ありません。

転職時の心構え

転職を繰り返すことによるデメリットは大きいですが、転職しないほうが良いということではありません。

現時点で転職したいという状況であり、転職することでしか解決できない問題を抱えているならば、ぜひ転職活動は始めてください。

ただ、その時に持っておきたい心構えは、以下の4点です。

  • 最後の会社にする
  • 自分の希望は明確にする
  • 転職しないという選択しも持っておく
  • 前回の転職の反省点を考える

しっかりと考えた上で行う転職はきっと良いものになるはずです。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:新卒で入社後、すぐに退職、転職することはだめなことなのか

関連:将来が不安。今の仕事は将来の仕事でいいのか。

関連:退職理由の具体例。転職面接時と自分の会社に伝える時。



このページの先頭へ