転職を繰り返して多くの職場で働いてきた私が仕事に対して感じること

転職を繰り返して多くの職場で働いてきた私が仕事に対して感じること

転職を繰り返すのは一般的にあまり良くないことだとされています。

確かに転職を繰り返すことによって、忍耐力がない、経験不足なんていう風に思われて企業からの評価は下がってしまう傾向にあります。

企業にとって、できるだけ高い能力の人間にできるだけ長く働いてみたいと考えるのは当然のことですからそれはそれで仕方がないことかもしれません。

私としても、数回の転職ならまだしもあまりに繰り返すのはやっぱりおすすめできることではありません。

ただ、転職を繰り返すという行為は悪いことばかりではないのかもしれません。転職を繰り返したことによってむしろ得たものがあるという意見もあるのです。

今回は実際に転職を繰り返してきた人の話を紹介することにします。

おすすめ:【適職診断】社会人必見!転職サイトでできる診断テストまとめ【市場価値診断】

おすすめ:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

何度も転職を繰り返してきた

私はこれまで8社の会社で仕事をしてきました。最長で2年。最短だと半年で仕事を辞めました。

転職回数が3回でも多いと言われているなかで、これだけの回数転職したという人はなかなかいないかもしれません。

こんだけ転職を繰り返すならそもそも派遣社員として働けばという意見もあるかもしれませんが、派遣社員として扱われるのではなく一社員として働きたかった、リーマンショックのようなことが起きた時の為に正社員として働いていたかったという思いがあったので、結局転職を繰り返すことになりました。

色々な経験をしてみたかった

なぜ私がここまで転職を繰り返してきたのか。確かに人よりも忍耐力がないということは否定できません。

ただ一番の理由は色々な経験をしてみたかったというのが大きな理由です。

決して一つの会社でずっと働き続けることを否定するわけではありません。長く働くことによって見えてくることもあるでしょうし、収入面を考えてもそのほうがいいでしょう。

ただ私自身はそういった気持ちよりも、色々な仕事、色々な会社で様々な経験をしてみたいという気持ちが強かったのです。

上を見なければ転職はできる

転職回数が多ければ多いほど転職するのは難しくなる。よく言われていることですよね。

それは正しいと思います。1回目の転職に比べれば今転職するほうがずっと難しいですしね。まあ年齢が高くなってきたという面も影響してると思いますが。

面接でも「なんでこんなに転職してるの」と聞かれることはよくあります。

それでもなんだかんだ転職はできるものです。まあ収入が良い仕事は厳しいですが、上を見なければ生活できるだけの収入を得ることは可能でした。

ただ一つだけ気を付けたのは転職先が決まってから仕事を辞めるということ。それだけは守っていました。

転職を繰り返したことによって得たこと

これまで何度も転職したことによって、1社しか経験していない人では気づけなかったことにも気づくことができたのが一番良かったことなのかなって思います。

会社、仕事による違いは大きい

会社によって、仕事によって、それはもう全然違います。

収入が悪いのにきつい仕事もあれば、そこそこ給料が良くて仕事も楽だったこともあります。

人間関係なんて職場によって全く違って協力できる関係ができているところもあれば、足を引っ張り合うことばかりする職場もありました。

社員の能力も会社によって全然違い、全体的に優秀な会社があれば、逆に能力が低い人ばかりが揃っている会社もあります。

本当に多種多様。何社も経験して、実体験として比較できるようになったことで気づくことができたんだと思います。

友人の中に仕事の愚痴ばかりを言っている人がいました。

その友人に転職すればいいじゃんと言ったところ、仕事を変えても一緒だしなーと言う答えが返ってきました。

でもそんなことないんですよ。会社によって全然違うんです。

縛られない自由を持つことは必要なこと

一つの会社で働き続ける。転職は一回まで。そういうことを決めつけてしまうと、会社に縛られてしまうことになります。

それが仕事における大きなストレスを引き起こしてしまっているんじゃないかなと思います。

私はそもそも縛られる気がなかったので、残業の多い会社であったり、仕事自体がきつい会社で働いていても、割と楽しんで仕事をすることができていました。

仕事なんてそれくらい気楽に、もっと自由にしてもいいと思うんです。

まあ養う家族のいない人間の綺麗事かもしれませんが。守るべきものがあって、その守るべきためのものに頑張っている人は尊敬します。

恥ずかしいという気持ちが一番の敵

恥ずかしいと思うことはよくありますよね。でもその気持ちが新しいことにチャレンジする気持ちを抑えつける原因になってしまっていることがよくあると思うんです。

失敗するのが恥ずかしいからチャレンジできない、わからないと思うのが恥ずかしいから質問できない、周囲に変に思われるのが恥ずかしいから特別なことができない。

私自身、最初はあれこれと恥ずかしがってそれが原因で上手くいかなかったこともあります。ただ新たな環境に身をおくことによってそういう気持ちに耐性がついてくるものです。

そして結局恥なんて一瞬のこと。そんなことより恥をおそれたことで失うもののほうが多いということに気づくことができました。

もっと気楽に仕事をしたっていいのでは?

私自身は転職を繰り返していましたが、それを他人にはすすめることができません。

1、2回なら転職してみたほうがいいとは思いますが、私のように何度もすることによって、やっぱり失うものはあります。

同世代に比べてやっぱり給料は低いですしね。

ただ、仕事についてはもっと気楽な気持ちを持ってもいいのかなと思います。

結局仕事なんてあくまで仕事。自分の全てを犠牲にして働いたところで、得ることができるものなんてそう多くないはずです。

おすすめ:転職サイト一覧まとめやおすすめランキング

おすすめ:第二新卒が登録すべきおすすめの転職サイト、転職エージェント。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ