仕事がくだらないと感じてもう辞めたいと思う原因や対処法。転職はしたほうがいい?

仕事がくだらないと感じてもう辞めたいと思う原因

あなたは今の仕事にやりがいを感じることができていますか?楽しく、前向きに取り組むことができていますか?

そう思えて毎日過ごすことができれば幸せですよね。

ただ残念ながらそんな風に前向きに捉えることができず、仕事がくだらないものとしか感じることができないけれど、生活の為、お金の為だけに仕事を続けているという人も少なくはないでしょう。

ではどうすれば仕事はくだらないものではなく、楽しいものに変えていくことができるのでしょうか。

関連:異動が辛くて仕事を辞めたい。辞める前にできることは?

関連:公務員の仕事がつまらない、楽しくない。民間企業に転職したほうがやりがいはあるのか。

仕事がくだらない、もう辞めたい。そんな風に定年まで働き続けますか?

仕事がくだらないものに思えてしまうと、モチベーションはだだ下がりで何をするにも億劫になってしまいますよね。

またあの仕事か、めんどくさいな、早く時間がすぎないかな、そんなマイナスなことばかり考えて日々過ごすことになり、仕事に行くこと、会社で過ごすことがただの苦痛になってしまいます。

そして考えるのは仕事を辞めたい、宝くじがあたったらすぐにでも辞めるのになんてことばかり。

確かに社員として働き、とりあえずある程度の仕事をこなしておけば生活に必要なお金を手に入れることはできるでしょう。ただそれでは心は全く充実せずに、時間やエネルギーを無駄遣いしてしまっています。

もちろん会社という組織で働いている以上は好きなこと、やりたいことばかりをすることなんてできません。やりたくないな、つまらないなと思ってしまうような仕事であっても上司に指示をされたらやらなくてはいけない場面はでてきます。

しかしそういった仕事でもくだらないと思うかどうかはその人次第。会社のせい、上司のせいなんて考えている限りはいつまでも仕事に対するマイナスな感情は無くならずに、いつまでも辞めたい、辞めたいと思いながらだらだら働き続けて一度きりの人生を消費してしまうことになるのです。

それを良しとする人はいないと思います。本当ならやりがいを感じながら、自身を成長させながら働いていくことを望んでいる人のほうが多いと思います。

ただそれは黙っていてもなんとかなるものではありません。少なくとも転職もせず、異動もせず、考え方も仕事に対する向き合い方も変えないようであればいつまでたってもくだらないと感じる仕事を単にお金の為だけに続けていくことになるでしょう。

まずは自分なり原因を掴み、それをなんとかする方向に動いて行かなくてはなりません。

仕事がくだらないと感じる原因や対処法

では仕事がくだらないと感じてしまう原因はどういったところにあり、その原因に対してどういった対処をしていけばいいでしょうか。

仕事の目的が不明

どんな小さい仕事や単純な仕事であっても、何かしらの目的があるからやらなくてはいけなくなっています。

多くの人が細分化された仕事をこなすことで、人に役に立つ製品やサービスを作り出し、そしてそれが会社の利益を生み出して行くわけです。

ただ細分化された仕事をただやっているだけでは中々その目的に気づくことはできません。そしてそのことが仕事がくだらないと感じてしまう原因になってしまっている可能性があります。

何の役にたつのか、誰の役にたつのか、そんなことを知らずにただ仕事を行うだけでは仕事に意味を感じることができませんから仕方がありません。

今一度自分の仕事の目的をしっかり確認してみてください。自分の仕事にどういった目的があり、それを行うことでどういったことに繋がっていっているのか、そこを知ることができれば仕事にやりがいを感じることができるようになるかもしれません。

意義を見出せない無駄なことが多い

特にたいしたことを話さない会議、無意味な朝礼、行きたくないのにお金だけかかる飲み会、時間だけ無駄に使う上司への報告など、会社組織にいると色々と無駄なことが多いと感じてしまうでしょう。

確かにこんなことばかりでは仕事がくだらないと思えるのも仕方ないかもしれません。

ただこういったことはどんな会社でもあることで、割り切ることも大切。こういったくだらないと思ってしまうようなことでモチベーションを下げてしまい、他の仕事にも影響させてはいけません。

また一見無駄だと思っていても実は得られることもあるので無駄だと決めつけずに何かを得ようとする努力をすることで前向きになれるかもしれません。

会議なら会話の節々にもしかしたら自分の仕事に生かせる内容があるかもしれません。飲み会で人間関係を構築しておくことで仕事がやりやすくなったり、よりやりがいのある仕事を与えられるようになるかもしれません。

どうせやるしかないことなら、くだらないと終わらせてしまうのではなく、自分から意義をつくってみるようにしましょう。

成長を実感できない

単純作業ばかり、ルーチンワークばかり、いつまでも同じ仕事ばかりなんてことになって成長を実感することができなくなってくると、仕事にやりがいを感じることもできなくなってきて毎日くだらない仕事ばかりなんて感じるようになってしまいます。

確かに創造的な仕事をしたり、経験したことがない新たな仕事にチャレンジしていく方が成長を実感することができる一方で、すでにできる仕事をずっとやっていても成長していると感じることはできないもの。

ただ実はすでにできる仕事であっても繰り返し行うことで身につくことがありますし、単にできるようになったから学ぶことがないというのは大きな勘違い。

自分自身の成長は会社から与えられるものではなく、自らが手に入れていくものです。

余計なことのせいで邪魔をされる

仕事をする上で必要なこと、どうしてもやりたいことを会社でやろうと思っても、中々自分の思い通りにできない場合は多々ありますよね。

上司に何度も承認を貰わなくてはならなかったり、部署間での合意をとる為に四苦八苦したり、そのせいで簡単に終わるはずのものであっても時間も労力も、そして精神的な辛さも味わうことになってしまうことも少なくありません。

ただこういったことは仕事をしていると慣れていくもの。上司の承認も性格やタイミングなどを見極めコツを掴めばかかる労力は少なくなるし、部署間での調整も知り合いが増えたりすることで楽になります。

対価を得ることができない

どんな仕事であっても、それ相応の対価を得られなければ自分の仕事がくだらないと感じてしまうのも仕方がありません。

仕事においてお金が全てではありませんが重要であることは間違いなく、仕事に対して著しく給料が低ければ最初はどんなにやりがいがあった仕事であってもモチベーションは下がり、くだらないとしか思えなくなってしまうものです。

給料に関しては本人の能力よりも会社に依存している部分が大きい為、あまりにも低すぎるというなら転職を考える必要がでてきます。転職によって年収アップする人は非常に多いのでチャレンジしてみる価値はあると思います。

力をつけることも大事

まだ若く、経験も浅く、会社内で力がない状態であればやりたい仕事はできなくて当然で面倒な仕事であったり、やり方がはっきりしていたり、結果が見えているような仕事を与えられることがほとんどです。

もし創造的な仕事をしたい、責任の大きい仕事をしたい、規模の大きい仕事をしたいと考えているなら現在の仕事でしっかり成果をだして会社内で力をつけていくことが大事です。

転職によって得られるものもある

もしも今の仕事を自分なりに工夫して、くだらないものから楽しいものにできるようならばそれはそれでとても良いこと。

ただどうしようもないならば転職することが必要だと考えておいてください。

給料、残業時間、休日数といった労働条件面が悪かったり、そもそも希望の職種とは全然違うなんていう場合には、転職ではないと中々変えることはできません。

一つの会社で働き通けるというのは、それはそれで良いことですが、大きく変える為の選択肢として転職という手段もあるんだということを頭にいれておきましょう。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:仕事が面白くないから辞めたいと思ったら転職するのはありかなしか。転職して変わる人、転職して変わらない人の違い。

関連:雑用ばかりの仕事を辞めたい。嫌気がさしてきたら転職をしたっていい。



このページの先頭へ