交代勤務の概要や交代勤務のメリット、デメリット。健康には要注意

交代勤務のメリット、デメリット。生活リズムはどうなる?

製造業の工場勤務や看護師など、交代勤務で働いている人はたくさんいます。

交代勤務で働くと、朝出勤して夜は家に帰るという生活が崩れることにより、体調を崩してしまう人もいます。

そこで今回は交代勤務の概要や、交代勤務のメリット、デメリットを紹介します。

関連:仕事のストレスが大きすぎる。その原因はどこにある?

関連:ホワイトカラー、ブルーカラーとは?それぞれの仕事や給料の違い

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

交代勤務の概要

では、まず交代勤務の概要を説明していきます。

交代勤務とは

交代勤務とは、1日の勤務時間を複数に分けて、労働者を交代で勤務させることを言います。

1週間のうち5日間が勤務となる場合、1週間の勤務時間は40時間までと労働基準法で定められている為、1日当たりの勤務時間は8時間となります。

しかし、業種によっては、8時間以上の勤務をする必要がある場合があります。

この時、同じ労働者を働き続けさせることができない為、勤務時間を2つもしくは3つに分けて勤務をさせるのです。

交代勤務の目的

交代勤務の目的はいくつかありますが、稼働時間が8時間を超える場合に実施されます。

会社の稼働時間を増やす

自動車の製造ラインは、2交代制を採用しており、6:00~15:00、15:00~24:00で分けられています。

これは、できるだけ工場を稼働させて、生産を進めることが目的となっています。

工場は、機械の能力によって時間あたりに生産できる上限がある為、いくら人をつぎ込んでも生産量が変わりません。

その為、生産量を増やす為には、できるだけ稼働時間をのばす必要があるのです。

ただ、3交代勤務としてしまうと深夜手当を労働者に多く支払う必要がある為、2交代として手当てを少なくしています。

工場の場合、需要に応じて交代勤務をやめたり、逆に手当てを支払ってでも3交代にする場合もあります。

稼働を止めると損をする

製鉄所や鋳鉄関係を行っている会社などは、1度設備を止めてしまうと、復帰する為のコストがかかったり、時間がかかってしまう場合もあります。

この場合は3交代勤務を採用し、8:00-16:00、16:00-24:00、24:00-8:00といった勤務形態で、常に稼働している状態を保ちます。

24時間稼働する必要がある

病院や、警察、消防士は、深夜だからといって対応できる人間が誰もいなくなるわけにいきません。

また、コンビニや飲食店、ホテルといった24時間営業しているものも同様に常に誰かが勤務していなくてはなりません。

こういった場合も交代勤務を行っています。

スポンサーリンク

交代勤務のメリット、デメリット

交代勤務で働くことには、メリットもデメリットもあります。

もし、これから交代勤務で働くことを考えているならば、知っておかなくてはなりません。

交代勤務のメリット

まずは交代勤務のメリットを紹介します。

深夜勤務手当がもらえる

交代勤務手当を行っている場合、深夜に働くことも増えますから、深夜勤務手当を貰うことができます。

深夜勤務手当は、午後10時から午前5時まで働いた場合に支給されることが労働基準法第37条で決められています。

手当は賃金の25%分となります。

例えば、24:00-8:00(休憩4:00-5:00)の勤務が1ヶ月の中で10日間あった場合だと、10時から5時の7時間から休憩を除いた6時間分の深夜手当を貰えることになります。

時間当たりの賃金が1500円の人の場合、1500円×6時間×10日間×0.25=22500円が深夜勤務手当と支給されることになります。

交代勤務手当がもらえる場合も

例えば、通常の勤務時間である8:00~17:00以外の勤務時間に対し、交代勤務手当を支給するという会社も多くあります。

6:00-15:00の勤務であれば6:00-8:00の2時間分、24:00-8:00であれば全てが対象となり、交代勤務手当が支給されます。

もしくは、交代勤務をしている場合に一律でもらえるという場合もあります。

特に大手の製造業の場合は、この手当が非常に大きく10万円を超すという場合もあります。

ただ法的に定められているものではない為、全く支給されないという場合もある為、注意が必要です。

人によっては家族との時間が増えることも

残業が多い人だと、平日は帰ってくるのが遅くて寝るだけという生活の人もいるかもしれません。

交代勤務だと、夜勤でなければ平日も早く帰ってくることができる為、家族と過ごす時間がむしろ増えるという場合もあります。

満員電車を気にしなくてもよくなる

勤務時間が、世間とずれる為、満員電車に乗らなくてもよい日ができます。

交代勤務であっても日勤の時は、満員電車に乗る必要がでるかもしれませんが、夜勤であれば通勤ラッシュに巻き込まれません。

残業が少ない

交代勤務の最大のメリットは残業が少ない、もしくはないことです。

通常の勤務と違い、自分の勤務時間が終わっても次の人が来てくれる為、残業する必要がありません。

ただ、2交代勤務の夜勤の場合は、残業が多くなる場合もあります。

交代勤務のデメリット

次に、交代勤務のデメリットについて紹介しましょう。

給料が安定しない

交代勤務を行っている間は、深夜勤務手当や交代勤務手当がある為、それなりに高い給料を貰えるかもしれません。

しかし工場であれば需要の変動によって交代勤務がなくなったり、異動することで日勤のみになる場合もあります。

そうなると一気に給料が下がってしまいます。

交代勤務の手当をあてにした生活をしていると、いざなくなった時にかなり生活面が苦しくなっていしまいます。

健康面であまりよくない

交代勤務に馴染めず、体調を崩す人はかなり多く、これが原因で辞める人も多いです。

勤務が不規則になり、睡眠障害、肥満、うつ病などの可能性が高まってしまいます。

もしこれから働こうしている場合には、特に注意が必要です。

家族との時間が減ることも

中には交代勤務で、家族との時間が増えるという場合もありますが、

多くの場合は、交代勤務を行うことで、家族との生活リズムが違う為、家族と一緒に過ごす時間が減ってしまうことがあります。

休日も生活リズムをもとに戻したり、夜勤から日勤に変える為に過ごし、一緒に出掛けることが少なくなるという場合もあります。

交代勤務で働く場合は要注意

交代勤務で働くことはメリットもデメリットもありますが、特に一番のリスクは体調を崩してしまうことです。

中にはすでに体調に不安を感じ転職を考えている人もいるかもしれません。

大きな病気にかかる前に早めに決断をするようにしましょう。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

関連:仕事がきつい時、限界まで頑張りすぎてはいけない

スポンサーリンク



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ