高卒19歳、20歳の転職は派遣社員、契約社員、フリーターに逃げないことが大事

高卒19歳、20歳の転職は派遣社員、契約社員、フリーターに逃げないことが大事

高卒で就職した人のうち、おおそ半数の人が会社を退職します。

そしてそのうちのかなりの割合の人が、正社員ではなく、派遣社員や契約社員、フリーターと言ったいわゆる非正規社員になることを選びます。

確かに若年層にとって派遣社員や契約社員、フリーターはメリットがあります。ただ、将来的に考えるとやはりデメリットの面が多いことは知っておかなくてはなりません。

もちろん、何か確固たる目的があって、デメリットを知った上でそのような働き方を選ぶのであればいいのですが、もしなんとなくだとか、楽そうだからと考えているならばやはり正社員に転職することをおすすめします。

関連:派遣社員が正社員への転職を成功させる為にしっておくべき転職活動のコツや考え方

関連:新卒で派遣社員、契約社員として働く人の割合や理由、メリットやデメリット

正社員の仕事は休みが少ない、仕事がつまらない

19歳理由が、20歳で仕事を辞める人の理由として多いのは、休日が少ない等の労働条件面での不満や、仕事の内容に興味を持てないという不満からくるものが多いです。

特に他の年齢層に比べると仕事の内容に興味を持てないという理由で辞める人の割合が突出して高くなっています。

確かに正社員の仕事なんてつまらないことが多いかもしれません。バイトとはやはり違いますから、何かと責任が重かったり、やりたくもない仕事も上司に指示されたらやらなくてはいけなかったり、毎日同じ仕事、単調な仕事をするだけになったりと、やりがいもくそもあったもんじゃないと感じている人も少なくはないかもしれません。

それに加えて、周囲を見渡せば同年代の人が大学や専門学校に行って楽しく過ごしている。そんなのを見ていたら辞めたくもなりますよね。

派遣社員や契約社員、フリーターは魅力的に感じてしまう

その点、派遣社員や契約社員は魅力的に感じてしまうものです。

派遣社員であれば正社員ほど責任は重たくはないし、仕事内容も限定される為、正社員ほどやりたくない仕事をやる必要もない。定時で帰れる仕事もたくさんあるし、プライベートの時間も充実できす。

それでいて、給料は正社員に比べて劣るわけでもなく、むしろ高いことだってあります。

フリーターでもとりあえず生活するだけの給料は稼ぐことができるし、あくまでバイトという立場で責任を負わずに気楽に働くことができる。それでいて休みも割と自由にとることができるし、何か嫌なことがあれば違うところに変えればいいだけ。

そしてなにより、正社員に転職する場合に比べて仕事がかなり簡単に見つかる為、面倒な転職活動をする必要がありません。

こう考えれば、わざわざ大変な思いして正社員になろうと思う気持ちがなくなるのも仕方がないかもしれません。

後悔は遅れてやってくる

ただ、こんな風にに魅力的に感じることができるのも20代前半まで。

派遣社員であれば全然上がらない給料に加えて、最大でも3年しか同じ職場で働けずに次の仕事があるのかと不安になってきます。

フリーターだと世間体も厳しくなってくるし、年齢が高いが故にアルバイトもなかなか決まらなくなっていきます。

ただそれを実感するのとは裏腹に、年齢が高くなってきて逆に正社員として就職することが困難になってきます。

もちろん給料は低いまま。時給があがるにしたってほんのわずかです。正社員として働いている高卒男性社員の生涯賃金はおよそ2億円であるのに対し、フリーターだと6000万円しかないのです。

そこで多くの人は後悔するのです。あの時ちゃんと正社員に転職しておけば良かったと。

理由がないなら最初の選択肢はやっぱり正社員

もしもこれから転職しようと考えている人がいるならば、しっかり将来のことも考えるようにしてください。

今の選択が今後の人生を大きく左右することもあるのです。

もしあえて派遣社員や契約社員、フリーターとして働く理由がないならば、やはりまずは正社員に転職することを考えるべきです。

たとえ最初は給料が低くても、それは将来への投資にです。

確かに高卒者の転職事情は厳しいものがあります。求人を見ても大卒以上が限定となっているのも多いです。

ただ、19歳、20歳であれば転職できる可能性は十分にあります。

高卒者に離職率は非常に高く、せっかく採用したのに辞められてしまて人手が足りていない企業はたくさんあり、実際に正社員に転職できている人はやまほどいるのです。

キャリアをつめばステップアップも可能

正社員として働くことのメリットには、キャリアを積めるという点もあります。

たとえ自分の理想通りの会社に転職することができなかったとしても、数年働いてキャリアを積めば、さらにステップアップした転職をすることになることも可能になります。

その点も含めて将来の投資なのです。

確かに年齢が若い時には学歴を見られることが多く、大学に行っていない事実が重くのしかかってくるかもしれません。

ただ、年齢が高くなればなるほど今度は学歴ではなく、その人自身の能力や経験がものを言うようになってきます。

転職に向けた取り組み

高卒者が入社3年以内に会社を辞めて転職する場合は、転職活動でいくつか気を付けなくてはいけないことがあります。

まず一つ目が就職活動とは全然やり方も求められることも全然違うということ。高卒の場合、学校経由で就職活動を進めていく傾向があり、教師等がサポートを行ってくれますが、転職では仕事選びや履歴書作成、面接対応を全て自分で行っていかなくてはなりません。

採用試験では当然求められる質が高いのですが、その質に達していないままとりあえず応募して全然内定を貰えないという人がかなり見受けられます。

もう一つ注意しなくてはいけないのが仕事選びです。企業によっては大卒者しかとらないという企業はやっぱりありますし、逆に若い高卒者を優先して採用したいと考えている企業もあります。

当然後者の企業を受けることが転職を成功させる鍵なんですが、なかなか見抜くことができません。

これらの問題に対策する為にも、転職サイトや転職エージェントは上手く使っていく必要があります。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強みや市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

転職エージェントは、これまでの実績などからその人の学歴も考慮した上で、学歴フィルターがあって全く受からない会社を省いてくれます。

さらに、キャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれる為、内定の確率が格段にあがります。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

高卒の若手層を対象とした未経験OKの求人も多数ある為、効率よく転職活動を進めることができます。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:正社員になりたくない、正社員として働くのが怖いという人に知ってもらいたいこと

関連:正社員を辞めたい。正社員から派遣社員、契約社員になることはあり?



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ