高卒19歳、20歳の転職は派遣社員、契約社員、フリーターに逃げないことが大事

高卒19歳、20歳の転職は派遣社員、契約社員、フリーターに逃げないことが大事

高卒で就職した人のうち、おおそ半数の人が会社を退職します。

そしてそのうちのかなりの割合の人が、正社員ではなく、派遣社員や契約社員、フリーターと言ったいわゆる非正規社員になることを選びます。

確かに若年層にとって派遣社員や契約社員、フリーターはメリットがあります。ただ、将来的に考えるとやはりデメリットの面が多いことは知っておかなくてはなりません。

もちろん、何か確固たる目的があって、デメリットを知った上でそのような働き方を選ぶのであればいいのですが、もしなんとなくだとか、楽そうだからと考えているならばやはり正社員に転職することをおすすめします。

関連:派遣社員が正社員への転職を成功させる為にしっておくべき転職活動のコツや考え方

関連:新卒で派遣社員、契約社員として働く人の割合や理由、メリットやデメリット

正社員の仕事は休みが少ない、仕事がつまらない

19歳理由が、20歳で仕事を辞める人の理由として多いのは、休日が少ない等の労働条件面での不満や、仕事の内容に興味を持てないという不満からくるものが多いです。

特に他の年齢層に比べると仕事の内容に興味を持てないという理由で辞める人の割合が突出して高くなっています。

確かに正社員の仕事なんてつまらないことが多いかもしれません。バイトとはやはり違いますから、何かと責任が重かったり、やりたくもない仕事も上司に指示されたらやらなくてはいけなかったり、毎日同じ仕事、単調な仕事をするだけになったりと、やりがいもくそもあったもんじゃないと感じている人も少なくはないかもしれません。

それに加えて、周囲を見渡せば同年代の人が大学や専門学校に行って楽しく過ごしている。そんなのを見ていたら辞めたくもなりますよね。

派遣社員や契約社員、フリーターは魅力的に感じてしまう

その点、派遣社員や契約社員は魅力的に感じてしまうものです。

派遣社員であれば正社員ほど責任は重たくはないし、仕事内容も限定される為、正社員ほどやりたくない仕事をやる必要もない。定時で帰れる仕事もたくさんあるし、プライベートの時間も充実できす。

それでいて、給料は正社員に比べて劣るわけでもなく、むしろ高いことだってあります。

フリーターでもとりあえず生活するだけの給料は稼ぐことができるし、あくまでバイトという立場で責任を負わずに気楽に働くことができる。それでいて休みも割と自由にとることができるし、何か嫌なことがあれば違うところに変えればいいだけ。

そしてなにより、正社員に転職する場合に比べて仕事がかなり簡単に見つかる為、面倒な転職活動をする必要がありません。

こう考えれば、わざわざ大変な思いして正社員になろうと思う気持ちがなくなるのも仕方がないかもしれません。

後悔は遅れてやってくる

ただ、こんな風にに魅力的に感じることができるのも20代前半まで。

派遣社員であれば全然上がらない給料に加えて、最大でも3年しか同じ職場で働けずに次の仕事があるのかと不安になってきます。

フリーターだと世間体も厳しくなってくるし、年齢が高いが故にアルバイトもなかなか決まらなくなっていきます。

ただそれを実感するのとは裏腹に、年齢が高くなってきて逆に正社員として就職することが困難になってきます。

もちろん給料は低いまま。時給があがるにしたってほんのわずかです。正社員として働いている高卒男性社員の生涯賃金はおよそ2億円であるのに対し、フリーターだと6000万円しかないのです。

そこで多くの人は後悔するのです。あの時ちゃんと正社員に転職しておけば良かったと。

理由がないなら最初の選択肢はやっぱり正社員

もしもこれから転職しようと考えている人がいるならば、しっかり将来のことも考えるようにしてください。

今の選択が今後の人生を大きく左右することもあるのです。

もしあえて派遣社員や契約社員、フリーターとして働く理由がないならば、やはりまずは正社員に転職することを考えるべきです。

たとえ最初は給料が低くても、それは将来への投資にです。

確かに高卒者の転職事情は厳しいものがあります。求人を見ても大卒以上が限定となっているのも多いです。

ただ、19歳、20歳であれば転職できる可能性は十分にあります。

高卒者に離職率は非常に高く、せっかく採用したのに辞められてしまて人手が足りていない企業はたくさんあり、実際に正社員に転職できている人はやまほどいるのです。

キャリアをつめばステップアップも可能

正社員として働くことのメリットには、キャリアを積めるという点もあります。

たとえ自分の理想通りの会社に転職することができなかったとしても、数年働いてキャリアを積めば、さらにステップアップした転職をすることになることも可能になります。

その点も含めて将来の投資なのです。

確かに年齢が若い時には学歴を見られることが多く、大学に行っていない事実が重くのしかかってくるかもしれません。

ただ、年齢が高くなればなるほど今度は学歴ではなく、その人自身の能力や経験がものを言うようになってきます。

転職に向けた取り組み

高卒者が入社3年以内に会社を辞めて転職する場合は、転職活動でいくつか気を付けなくてはいけないことがあります。

まず一つ目が就職活動とは全然やり方も求められることも全然違うということ。高卒の場合、学校経由で就職活動を進めていく傾向があり、教師等がサポートを行ってくれますが、転職では仕事選びや履歴書作成、面接対応を全て自分で行っていかなくてはなりません。

採用試験では当然求められる質が高いのですが、その質に達していないままとりあえず応募して全然内定を貰えないという人がかなり見受けられます。

もう一つ注意しなくてはいけないのが仕事選びです。企業によっては大卒者しかとらないという企業はやっぱりありますし、逆に若い高卒者を優先して採用したいと考えている企業もあります。

当然後者の企業を受けることが転職を成功させる鍵なんですが、なかなか見抜くことができません。

これらの問題に対策する為にも、転職サイトや転職エージェントは上手く使っていく必要があります。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強みや市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

転職エージェントは、これまでの実績などからその人の学歴も考慮した上で、学歴フィルターがあって全く受からない会社を省いてくれます。

さらに、キャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれる為、内定の確率が格段にあがります。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

高卒の若手層を対象とした未経験OKの求人も多数ある為、効率よく転職活動を進めることができます。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば以下の2つが総合的に優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブ はサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:正社員になりたくない、正社員として働くのが怖いという人に知ってもらいたいこと

関連:正社員を辞めたい。正社員から派遣社員、契約社員になることはあり?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ