公務員を辞めたい!その理由や民間へ転職時の注意点。

公務員を辞めたい!その理由や民間へ転職時の注意点。

公務員と言えば、安定している、年収が高いといった理由から憧れる人も多い仕事です。

しかし、そんな公務員でも辞めたいと思っている人はもちろんいます。

そして、実際に公務員を辞め、民間企業に転職する人も数多くいます。

そこで、今回は公務員を辞めたいと思う理由や離職率、民間へ転職する際の注意点を紹介します。

関連:ホワイト企業、優良企業とは?転職時には要判断。

関連:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

関連:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

スポンサーリンク

公務員を辞めたい、それはなぜ?

就職活動の場面でも公務員は人気の職種です。

にも公務員を辞めたいと思うのはなぜでしょうか。

公務員を辞めたいと理由

公務員が辞めたいと思う理由にはどんなものがあるでしょうか。

想像以上に激務だった

公務員に対して、定時で帰ることができる、仕事が楽というイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。

しかし、実態は違います。

もちろん職種にもよりますが、深夜まで働くことも当たり前となっていることもあります。

業務量も多く、決して仕事が楽なんてことはありません。

年功序列に嫌気がさした

公務員は年功序列制度であり、年齢が高いほど給料が高いです。

もちろん、民間企業でも年功序列制度はまだまだ採用されていますが、公務員は顕著と言えるでしょう。

年功序列制度にも良い面もありますが、若手社員にとっては上にろくに働いてもいないのにたくさんもらっている。

そこに嫌気がさして公務員を辞めたいと思う人もいます。

もっと高収入を得たい

サラリーマンの平均年収に比べれば、公務員の年収は高いと言えます。

しかし、大手企業に比べれば低いです。

特に若手の人は上記で述べたように、年功序列の為に給料は低いです。

特に有名大学をでている人は、大学の同期が有名企業に言っていることも多く、給料も高いことが多い為、余計強く思ってしまうこともあります。

世間の目が厳しい

先ほど述べたように、仕事が楽で給料が高いというイメージがある為、実際は違っても公務員に対しての世間の目は厳しく、批判もされがちです。

仕事で辛い思いをしながらも頑張っているにも関わらず、世間からそういった目で見られ、辞めたい、転職したいと思う人もいます。

人間関係

公務員であろうが、なんであろうが人間関係が上手くいかずに辞めたいと思う人は一定数います。

集団で行う以上、人間関係は避けては通れないものです。

仕事がおもしろくない、やりがいがない

公務員の仕事は、利益を求める民間の企業とはやはり違います。

その為、公務員の仕事自体にやりがいを感じることができずに、民間への仕事に転職する人もいます。

民間も公務員も辞めたい理由は同じ

上記で述べたような理由は、公務員だろうが、民間だろうが同じことです。

確かに、公務員と民間企業では環境、仕事の目的、働き方が大きく異なってきます。

しかし、どんな仕事であれ、辞めたいと思う人は多かれ少なかれいるものなのです。

公務員の人は辞めたい理由を公務員だからと片づけてしまいがちですが、転職する前にしっかり理由を明確にし、民間に転職すれば解決するのかどうかということを調べなくてはいけません。

 

スポンサーリンク

公務員から民間への転職

公務員を辞めて民間への転職をする場合、どういったことに気を付ければいいでしょうか。

公務員から民間へ転職する注意点を知っておきましょう。

公務員から民間への転職は難しい

転職市場では公務員から民間への転職は、民間から民間への転職に比べ、難しいといわれています。

それは、公務員と民間の仕事自体が異なり、民間企業が中途採用者に求めているスキルや専門性が無いためです。

また、仕事自体の進め方についても、そもそもの目的が異なりますので、違います。

こういった理由から、即戦力を求める中途採用の場合には不利になるということを知っておきましょう。

民間への転職時にはそう思われているということを踏まえて、自己アピールをしなくてはいけません。

公務員では重宝されていたスキルも民間では役に立たないかもしれません。

いくらそんなことをアピールしても仕方ありません。

受ける企業が何を求めているのかということを、しっかり見極め転職活動を進めましょう。

民間に転職すれば解決するのか

公務員の仕事に不満を持った時、その理由が公務員の仕事特有だと思いがちです。

しかし、実際は公務員を辞めたいと思う理由は、民間企業に言っている人が思っている理由と変わりません。

たとえ民間企業に行ったって同じ不満を抱えることもあるでしょう。

いや、むしろ民間企業のほうが大変であることが多いです。

抱えている不満が本当に解決するのかをしっかり見極める必要があります。

転職後に後悔は遅い

公務員や大企業を辞めて退職する人は、辞めた後に後悔してしまうということがよくあります。

平均に比べると労働条件や給料、福利厚生などが良い為、それを手放してしまったことに後悔してしまうのです。

中にいるとわかりませんが、1歩外をでるとその良さがわかるというのはよくあることです。

転職後に後悔しても元に戻ることはできません。

ですから、後悔しない為にも、本当に転職するべきかどうかということはじっくり考えなくてはいけません。

人からの言葉は気にしない覚悟を

公務員を辞めたら、ほとんどの人がもったいない、なんで辞めたの?などの言葉を言われるでしょう。

公務員は人気の職業であるがゆえ、そのように言ってくる人もいます。

辞めてからそういった言葉を聞くと余計辞めたことを後悔することにつながります。

辞める際は、こういった言葉をかけられるという覚悟が必要です。

辞めたいのなら辞めてもいい

公務員から民間への転職は、これまで紹介してきたように民間同士の転職に比べると難しいし、転職後に後悔することも多いです。

では、辞めないほうがいいかというと、私は辞めたほうがいいと思います。

もちろん、辞めることについてしっかり考えた上でですが。

辞めたいと思いながらも、公務員だからということで仕事を続けるということは、この先しばらく辛い状態を耐え続けなくてはならないということです。

もちろん、異動などで状況が変わることもありますが、変わらなければずっとです。

ですから辞めたいなら辞めてもいいんです。

ただ、できれば転職先を見つけてから、少なくとも転職活動を始めて見てからにしましょう。動き出さないうちにやめてしまうと後々後悔する可能性も高いです。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職すべきか、転職しないほうがいいか迷った時に確認しておきたいこと

おすすめ記事:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ