公務員に転職して失敗した人は意外に多い。後悔しない為にもよく考えておこう。

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

公務員に転職して失敗した人は意外に多い。後悔しない為にもよく考えておこう。

転職先の選択肢として、民間の企業ではなく公務員への転職を考える人も少なくありません。

公務員試験を受けることができる20代に限らず、30代以降の人でも経験者枠として転職することができる為、人気のある職業となっています。

公務員試験に受かる為にはそれなりに勉強しなくてはならず、努力する必要がありますが、その努力が実って公務員への転職が実現した人の中には、また民間企業に戻ってしまう人がいるのもまた事実です。

関連:公務員を辞めたい!その理由や民間へ転職時の注意点。

関連:第二新卒で公務員への転職する方法や公務員のメリットやデメリット

魅力的な公務員。でも後悔する人は意外に多い

公務員というと安定しているし、中小企業に比べればボーナスも多いし年収も高い。福利厚生面も充実しています。

普通に考えれば非常に魅力的な仕事であると言えるでしょう。

しかしながら、そんな公務員であっても、想像と違ったり、仕事自体がつまらなかったり、思ったほど給料が高くなかったりと、様々なことが原因で公務員に転職したことを後悔してしまう人もいます。

もちろん公務員は人によってはいい仕事かもしれません。メリットが多数あるのは事実です。

しかし、人によっては民間企業のほうが全然良いという人も一定数います。

その為、公務員への転職はよく考えて行う必要がいます。

公務員への転職が失敗に終わってしまう人の特徴

では、公務員への転職が失敗に終わってしまうという人はどういう人でしょうか。

公務員に対して勝手なイメージをつくりあげてしまっている

公務員と聞いてどういったイメージを抱きますか?

残業はほぼない、安定、給料は高い、仕事は楽、そんなイメージを持っていませんか?

しかし、実際にあってるのは安定ぐらいで、他はあまりあっていません。

もちろん、公務員の職種にもよりますが、サービス残業も当たり前で深夜まで仕事が続くこともあるし、給料は魅力的に感じるほど高いものではありません。むしろ低いくらいです。

仕事も楽とは言えず、民間企業同様人間関係で苦労することも多々あります。

勝手に良いイメージばかりを膨らませて公務員に転職した人にとて、そのギャップはかなり大きいものです。

安定性や給料しか見ていない

まあそれでも安定はしているし、中小企業に比べればまだ若干給料は良いほうかもしれません。

ただ、そういった人でも仕事がつまらないと後悔する人も多いです。

やはり、民間企業とは仕事が違います。もちろん、公務員の仕事が楽しいと思える人であればいいのですが、民間企業のやり方があっている人では、仕事が合わないと感じる人も多いようです。

単に安定性や給料だけではなく、しっかり仕事内容が自分にあっているかを考えなくてはいけません。

名前の良さで選んでしまっている

大企業を辞めて公務員に転職する人の中に多いのですが、公務員という名前の良さから転職を決める人も実は多いです。

せっかく入社できた大企業を捨てて中小企業に行くことがプライド的に許せず、公務員を選んでしまうのです。

ただ、当然実際に仕事をする時に名前の良さなんて意味があるものではありません。周囲に少しちやほやされるくらいのことでしかありません。

ですから、そんなどうでもいいことよりも、もっと大切なことを見て転職を決めなくてはなりません。

まずは民間企業で実現できないか考えてみよう

もしも仕事を辞めたい、これから転職しようと考えているならば、どうしても公務員の仕事がしたい!という場合でない限りまずは民間企業で実現できないかを考えてみるべきです。

一度公務員に転職してしまうと、再度民間企業に転職する難易度は上がります。

圧倒的に民間企業から民間企業に転職するほうがやりやすいです。

公務員に転職するというのはリスクがあることなのです。

公務員に転職を考えている人に、なぜ公務員なのかを聞くとそれほど特別な理由がなく、民間企業への転職で実現できることがほとんどです。にも関わらずよく調べないうちに民間企業への転職を選択肢から外してしまっている人が多数います。

転職では、何よりも自分の希望を叶えることが最優先です。その為にどういった方法があるのかはよく調べるようにしてください。

また、民間企業への転職を難しく考えすぎている人もかなりいます。

しかし、実際上手く転職エージェントなどを使っていけばそれほど難しいものではありませんし、希望通りの会社にはいり、不満を解消できた人のほうが圧倒的に多いです。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:銀行はもう嫌だ、銀行を辞めたいなら他業界に転職するのもアリ。

関連:社会人が公務員になるには?転職方法を紹介。ただイメージ先行はNG。



このページの先頭へ