高学歴の転職活動。よくある失敗パターンやおすすめ転職サイト、転職エージェント。

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

高学歴の転職活動。よくある失敗パターンやおすすめ転職サイト、転職エージェント。

新卒の場合に比べると中途採用ではそこまで重視されない学歴ですが、全く関係がないかというとそういうわけではありません。

ですからあなたがもし一流大学を卒業している高学歴者ならば、せっかくならその学歴を活かして転職活動を進めていくべきです。

そこで、今回は高学歴の人の転職事情や転職活動の進め方、そして高学歴者によくある転職失敗パターンを紹介していきます。

関連記事

 

高学歴の人の転職事情、転職活動の進め方

ではまずは高学歴の人の転職事情、そして転職活動の進め方をチェックしていきましょう。

転職活動では有利になる?

高学歴であることは、転職活動においても無駄にはなりません。

もちろんそれだけで転職を成功させることができるかというとそんなことはありませんが、一つの武器になります。

学歴が高いということは、地頭の良さや努力できるかどうかを計る一つの判断基準。

もちろん学歴が高いから仕事ができる、学歴が低いと仕事ができないなんてことはありません。学歴が低くても優秀な人なんて山ほどいます。

ただ採用活動は失敗できない上に時間が限られていてそれほどじっくり人材を吟味できませんから、学歴に頼らざるを得ない部分はどうしてもあるのです。

ただ高学歴であることがどれほど有利になるかは、年齢によってかなり異なります。

一般的には年齢が低い人の方が高学歴であることによって有利になりやすく、第二新卒での転職だとかなり影響度は高いです。

まだまだ伸び代に期待できる年齢の低い人にはポテンシャルの高さを求められる割合が高くなる為です。

ただそれが20代、30代、40代と年齢が高くなっていくと、即戦力としての力を求められるようになる為、職歴やスキル、経験、実績といったものを重要視されるようになり、学歴の影響度が低くなっていきます。

応募できる企業が多いのもメリット

高学歴であることは採用選考で武器の一つになるだけではなく、応募できる企業が多いというのも一つのメリットとなります。

転職サイト等で公開されていて、誰でも応募できる企業は実は全体の求人から見るとごくわずか。

ほとんどは誰もが見れる状態ではない非公開求人となっています。

そしてその非公開求人への応募を可能にする為には、転職サイトのスカウト機能を使ってオファーを貰うか、転職エージェントから紹介して貰うことが必要。

ただ企業もしくは転職エージェント側がオファーもしくは紹介をするのは誰でもいいというわけではなく、ある程度対象を絞った上で実施しています。

そしてその対象を絞る際に学歴はしばしば用いられています。

実際に使ってみると、高学歴の人ほど求人の量は多いし、有名企業も多いです。

選択肢が増えるということはその分、自分に合った企業を見つける可能性は高まるし、チャンスも増えるということ。

これは大きなメリットであると言えるでしょう。

学歴を変えて市場価値を調べてみると

転職サイトMIIDASでは、年齢、学歴、職歴、経験などの項目を元に市場価値を調べることが可能となっています。

そこで学歴のみ変えて色々な職種、色々な年齢で市場価値を比較してみました。

その結果、高学歴の人の方が想定オファー件数、そして年収ともに高いという結果に。

想定オファー件数は多くても十数社、年収は20万円程度の差だったので大きな差とは言えないものの、オファーの段階で大学名によってオファーするか否かを判断する企業もあるということがわかりました。

転職活動は転職エージェントを使って非公開求人に応募

高学歴者がこれから転職活動を進めていく場合、絶対に転職エージェントを使うことをおすすめします。

先ほどもちらっと述べましたが、求人の多くは非公開求人。

しかも年収が高かったり労働条件が良い求人であるほど、非公開求人である可能性は高くなります。

もちろん職歴や経験も関係はありますが、高学歴の人ほど非公開求人で紹介して貰えるものは多くなる傾向にありますから、使わない手はありません。

また転職エージェントは転職活動全般でサポートして貰えるというメリットもあります。

履歴書の添削、面接対策、面接日の日程交渉、年収交渉など、自分ひとりではなかなか難しいことを代理でやってくれるので、転職活動での手間は格段に減るでしょう。

転職エージェントはどこがいい?

高学歴の人におすすめの転職エージェントをいくつか紹介します。

DODA

まずはDODA。かなり有名どころなので知っている人も多いでしょう。

ここは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能。

全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しています。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上であり、大手企業は特に、ここで募集していない企業は少ないと思います。

登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

■公式サイト:DODA

JACリクルートメント

続いてJAC Recruitment。ここはあまり知らない人も多いのではないかと思うんですが、実は業界3位の転職エージェントサービス。

DODAと違ってここはミドル層向けに特化しており、30代、年収600万円以上の人が対象となっています。

大手日系企業、外資系企業を中心にかなり高年収の求人、それこそ1,000万円を超えるような求人も多数扱っていますから、さらなるキャリアアップを目指す人にはぜひ使ってほしい転職エージェントサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

リクルートエージェント

リクルートエージェントもかなり有名ですから知っている人は多いと思います。

業界最大手の転職エージェントであり、転職最大手のリクナビNEXTとも連携を取ることが可能です。

最大手なだけあって非公開求人数は10万件以上と豊富。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

転職エージェントだけでは不十分なこと

転職活動自体は転職エージェントを活用することでスムーズに進んでいくと思います。

わからないことがあったら聞くことができるし、応募期限含めてスケジュール管理もしてくれますしね。

ただ転職エージェントを使うだけで転職を成功させることができるかというとそういうわけではありません。

自分がどういったことを希望するのか、転職に何を求めるのかは当然自分で考えなくてはだめで、かつそれをしっかり担当者に伝えないとだめ。

応募する企業、そして内定受諾の判断は自分の頭で考えて自分で判断しなくてはだめ。時にははっきり断ることも必要。

転職するのはあなた自身であることを忘れてはいけません。

また時にだめな担当者、合わない担当者にあたってしまう場合もあります。

もしそうなってしまったら、気なんて使わずに担当者を変更して貰ってください。

高学歴者の転職失敗パターン

学歴が低い人に比べると有利になることが多い高学歴者。

ただそんな高学歴の人でも、転職に失敗してしまうことも少なくありません。

プライド高すぎ!

高学歴者にありがちなプライド高すぎ問題。

面接でそのプライドの高さが目に見えてしまって、せっかく能力的には内定のレベルに達していても扱いにくさから落とされてしまうなんてことはよくあります。

また転職活動は上手くいっても入社後に失敗するパターンもしばしば。

プライドが高いことが態度にでてしまって職場の人間関係が上手くいかなかったり、質問しなくてはいけないことも聞けずに仕事でも出遅れてしまったりと、何かと失敗してしまう人も少なくありません。

知名度で転職先を決める

高学歴になるほど応募可能な大手企業の求人も豊富になってきます。

ただその結果、転職先をつい知名度だけで決めてしまうという人も少なくありません。

転職で大事なのは知名度なんかではなく、自分の希望に本当にあっているかということ。

どれだけ有名企業であっても、そこに惹かれて転職してしまうと転職後にミスマッチから後悔することになるだけです。

アピールすべきところをせずに面接で落とされる

学歴が有利に働いてくれる一面もある中途採用ですが、もっと重要なのは経験や実績、人間性。

面接では限られた時間でしっかりそれをアピールしなくてはなりませんから、できるように準備も必要。

高学歴であることにあぐらをかいて準備を怠ってしまうと、どれだけ能力が高くてもそれに気づいて貰えなかったり、熱意なしとみなされて不採用となってしまいます。

学歴が良いおかげで書類選考は受かるけれど、面接では落とされてばかりという人は意外に多いんです。

転職活動では高学歴をプラスと考えないようにしよう

学生時代に努力した証でもある高学歴という結果には誇りを持っていいと思いますし、自分を必要以上に下に考える必要もありません。

ただ転職活動ではそこにあぐらをかいて油断をしてはだめ。

高学歴であることをプラスとは考えず、しっかり転職活動を進めていくようにしましょう。

そうすればきっとあなたが望んでいる転職を実現できると思います。

関連記事

 



このページの先頭へ