これから仕事を辞める人、すでに仕事を辞めた人がその後に向けて覚えておくべきこと。

これから仕事を辞める人、すでに仕事を辞めた人がその後に向けて覚えておくべきこと。

ほとんどの人にとって仕事を辞めることは簡単に決めることができるのではなく、考えに考えぬき勇気をもって決断するもの。

辞めたことによって変わることも多く、また一度辞めるともう戻れないからこそ、本当に後悔しないか、辞めて正解か悩みに悩みぬくことになったでしょう。

ただ仕事を辞める際に大切なのは辞める前にしっかり考えることだけではありません。

辞めることを決心した後、そして仕事を辞めた後。その時にどういうことを考えるか、どのように辞めたことを捉えるかもまたとても大切です。

関連:会社を辞めた感想。辞めた直後の解放感や不安、少しの後悔の気持ち

関連:転職を簡単に終わらせるコツと手間を省く際に注意しなくてはいけないこと

仕事を辞める際に大切なのは決断する時だけではない

仕事を辞めたいと思っている時に辞めるかどうかを悩んでいる時、本当に辞めていいのか、転職して後悔しないか、もう少し働いてみた方が良いのではないかとあれこれじっくり考える人が大半だと思います。

辞めた後に後悔するリスクを抑える為にも在職中に転職活動を行い、希望にあった仕事が見つかってから辞める人も多いですよね。

しかし本当に大切なのはそれから。

辞める決心がついた後、内定を貰った後、そして実際に仕事を辞めて転職した後にどう考えるか、どのような意識を持つかが、仕事を辞めたこと、そして転職したことを前向きに捉えることができるかどうかに関係していきます。

これから仕事を辞める人に覚えておいてほしいこと

もしあなたがすでに仕事を辞める決心をしこれから辞めるつもりであったり、すでに仕事を辞めている人は、以下のことを覚えておくようにしてください。

仕事を辞めて正解か、転職は成功かはこれから決まる

仕事を辞めることはあなたにとってかなり大きな出来事だったと思います。だからこそその決心をするまでにはかなり悩んだことでしょう。

ただ辞めるかどうかを決めた時点ではそれが正解かどうかは決まっていません。転職先が決まった時点でその転職が成功かどうかは決まっていません。

あなたにとっての成功はこれからのあなた次第。

次に入社した会社での仕事にどう取り組んでいくか、新しいことをどう受け止めていくか、そこにかかってきます。

仕事を辞めたことや転職先に入社したことがゴールだと思いを持つのは決してしないでください。

思い出は美化される

嫌だったから辞めたはずの仕事も実際に辞めた後に振り返ってみると意外に良かったなと思ってしまうもの。

思いで美化されます。

すると転職後の仕事で何か不満を感じた時、嫌なことがあった時、前の仕事の方がよかったと思うように、仕事を辞めたことを後悔してしまうようになります。

同じ土俵で比較することはできないのです。

ですので転職後は前の会社と比較することは極力しないようにしましょう。

新たな環境で働くことは大変

新たな環境で働くことは大変です。最初の数か月はストレスも感じることが多いでしょう。

新しい人間関係に新しい仕事、これまで上手くいっていた仕事のやり方では全然上手くいかなくなることだってあります。

でも時間が経てば慣れます。人によっては多少時間がかかってしまう人もいるかもしれませんが、あなた自身が慣れるように取り組んでいけば数か月もたつと慣れます。

ですから辞めてすぐに辞めなければ良かったなんて思わないでください。

周囲は敵ではありません

転職後の会社では出来上がっている人間関係の中に、たった一人で入っていくことになるわけですから最初は孤独だし、不安です。

ただ周りの人たちは敵ではありません。味方です。

あなたという人材が入ってきたことは周りにとって嫌なことではなく喜ばしいことなのです。

だからこそ肩肘はらず、自分から積極的に打ち解けていくようにしましょう。

どんな時でも逃げ場はある

とは言え転職そのものが失敗に終わる場合もあります。

そもそもの会社選びに失敗し希望に合わなかった仕事を選んでしまっていたり、中には情報収集を十分に行わなかった結果、ブラック企業に入社してしまう場合もあります。

そんな時の為に覚えておいて欲しいのは、転職したからと言って逃げ場がなくなるわけではないということです。

転職を何度も繰り返すのは良くありませんが、2回、3回程度なら転職できなくなるなんてことはないし、入社して1年未満でも再転職ができないわけではありません。

だからこそ決して自分を追い込まないでください。いつでも逃げ場はあるということを覚えておき、限界まで頑張り続けないようにしましょう。

これ以上のタイミングはなかった

あなたにとって仕事を辞めるタイミングとしては、今回がベストです。どんな状況であれ、辞めた以上は他のタイミングはありません。

もう少し早く辞めていれば良かった、もう少し働いても良かったなんて色々と考えてしまうかもしれませんが、決してそんなことはないのです。

もちろんもっと早く辞めてたり、逆に働き続けてたら違う未来が待っていたかもしれませんが、それはわからないこと。そして違うタイミングで辞めていたとしても結局同じように違うタイミングの方が良かったと考えることになるでしょう。

せっかく勇気を出して決めた決断。自分のその決断を尊重してあげてください。

仕事を辞めることは決して悪いことではない

日本では仕事を辞めることにどこか悪いことだというような気持ちを持っている人は少なくないのが現状。

そしてそんな思いが仕事を辞めた後に何か悪いことをしたかのような気持ちをもたらしてしまう原因にもなってしまいます。

ただ辞めることは悪いことなわけがありません。

ぜひ仕事を辞めたこれからの未来があなたにとって良い未来になるように、前向きに考えていきましょう。

転職に向けて

もしまだ転職先が決まっていない人はこれから転職活動を進めていくことになると思います。

その場合はぜひ転職サイト、転職エージェントを利用するようにしてください。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ