このままでいいのか。今の仕事でいいのか。そう感じたら?

このままでいいのか。今の仕事でいいのか。そう感じたら?

毎日会社に行き仕事をする。その中で、「このままでいいのか、今の仕事でいいのか」と考えたことはありませんか?

ただ、多くの人はその考えをそのままにし、何も変わらない毎日を過ごしています。

しかし、それではいずれ後悔してしまうかもしれません。

一度しっかり考えてみましょう。

関連:仕事の休みがない。身体がおかしくなる前に転職したほうがいいかも

関連:仕事がきつい時、限界まで頑張りすぎてはいけない

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

スポンサーリンク

なぜ、「このままでいいのか」「今の仕事でいいのか」と感じてしまうのか

そもそもなぜ「このままでいいのか」「今の仕事でいいのか」と感じてしまうのでしょう。

給料が少ない、休みが少ない、仕事がつまらない、仕事が忙しい、仕事をうまくやれない、人間関係が上手くいっていない。

こういった仕事、会社への不満から感じている人もいれば、中にはそれほど不満は無くても漠然と感じている人もいます。

たとえ給料が高く、休みも多い。やりがいもそれなりに感じることができており、仕事をうまくやれていても、それでも感じてしまっている人もいます。

どちらの場合であれ、これは理想と現実のギャップによって生まれます。

前者の例であればわかりやすく、例えば本当はもっと休みがある仕事がいいのに休みが少ないだとか、もっと仕事をうまくこなしたいのにできていないだとか。

ただ後者の場合であっても、本来違うところ自分が望む姿があり、現実がそれとは違う為に生まれてしまいます。

人よりも給料が高い、人よりも休みが多い、人よりも仕事をうまくこなせてるし出世もできた。

こんな風に人よりも優れていていても、自分の理想となる姿と違えば、「このままでいいのか」「今の仕事でいいのか」と感じてしまうのです。

人と比較して優れていると感じてしまうと、本来自分が望んでいる姿を忘れがちです。

ただ、どうしても違和感は感じてしまうのです。

多くの人は、自分の理想がもっと高いところにあったり、全く違うところにあるにも関わらず、それを実現できていません。

それは諦めてしまっているか、気づいていないか、行動していないかのいずれかの為です。

スポンサーリンク

「このままでいいのか」「今の仕事でいいのか」と感じた時にすべきこと

では、「このままでいいのか」「今の仕事でいいのか」と感じてしまったらどうすればいいのでしょうか。

結局は、しっかり自分を知り、行動することしかないのです。

理想の姿を認識する

まずは、自分がどうありたいか、そして現実とのギャップは何なのかということを認識することがスタートです。

本当にやりたいことは何か、過去に諦めてしまったことはないか、どのように働くことを望んでいるのか。

現実と切り離し、一度じっくり考えてみるといいでしょう。

変える為には何をすればいいかを考える

次に考えるべきことは、その理想の自分を実現する為に、何をすればいいかを考えることです。

仕事のやり方を変える、異動希望をだす、転職活動を始めるなど、現状を変える手段は色々あります。

行動を起こす

後は行動を起こすだけ。にも関わらず、多くの人は行動できずにいます。

行動を起こす為に以下のことを気を付けましょう。

100%を求めない

後は行動を起こすだけ。にも関わらず、多くの人は行動できずにいます。

その理由の一つが100%を求めすぎていることがあげられます。

自分が求めている姿に対し、それが100%できないと思うと諦めてしまいがちです。

まずは少しでも近づくことを目標にしましょう。

スピードを求めない

誰だって、何か行動を起こす時、できるだけ早く結果がほしいものです。

しかし、そう簡単にすぐに結果はでませんし、時間がかかります。

時間がかかることがわかっているからそもそもやらずに諦めてしまったりすることも多いです。

ただ、やらなければ何も変わりません。

すぐにやる

何か帰る為に行動するというのは、どうしても面倒なものです。

ただ、「後で」「いつか」と思っているといつまでもやらずに終わってしまいます。

そして時間だけが過ぎ、手遅れになってしまいます。

変えるチャンスはたくさんある

実は変えるチャンスはたくさんあります。

実際に行動する前は、ハードルを高いと思っていることも、実はそんなに高いものではないことも多いです。

まずは、やってみてください。

どうせ転職しても変わらないと思う人も多いかもしれません。

ただ、実際に転職した人の中では不満を解消できたという人のほうが多いのです。

やってみたからこそわかることは多いです。

もし、仕事を変えたいと思っているならば、ぜひ転職サイトを調べてみることから始めてみてください。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:休みが多い仕事、業界は何?やっぱり休みは多いほうがいい

関連:異動したいけど異動願いは通るの?部署異動ができる可能性

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク



このページの先頭へ