転職活動前、面接時、入社前にに持っておきたい心構え。

転職活動前、面接時、入社前にに持っておきたい心構え。

さあ転職しよう!そう思っても気持ちばかりはやっていては上手くいくはずのものも上手くいきません。

つい考えがぶれてしまったり、必要以上に不安を感じてしまったりもするので、始める前にしっかり心構えを持っておくようにしましょう。

今回は、転職活動前、面接前、入社前それぞれの場合に持っておきたい心構えを紹介します。

関連:簡単に分かる転職活動の流れ、スムーズに進める鍵はスケジューリングとコツの理解

関連:転職活動を始めるなら知っておきたい転職を成功させるコツ

転職活動前の心構え

では、まずは転職活動前にに持っておく心構えです。

転職の成功、失敗は運で決まるわけではない

転職で成功すか、それとも失敗するかに運が大きく関係しているかのように考える人もいますが、実際は運の要素はほんのわずかであり、ほぼ運以外のことで決まっていきます。

運というコントロールできずに言い訳として使いやすいものに頼るようなことがないようにしましょう。

全ては自分次第

転職が上手くいくかどうかは全て自分次第です。

希望の会社に入れるのも、だめな会社に入ってしまうのも、年収をアップさせることができるのも、年収が下がってしまうのも、書類選考が通過できるかどうかも、内定を貰うことができるかどうかも、全ては自分次第です。

自分次第であるということは、なかなか上手くいかない状態になっても、自分の力で改善することができるということです。

あなたに希望があるよう、相手にも希望はある

あなたは良い条件で、自分の希望を叶えることができる条件で転職したいと考えているでしょう。

ただ希望を考えているのは相手である企業も同様であるし、他の転職希望者も同様です。

自分の利益ばかりに目がいってしまうと客観的に物事を見ることができなくなったり、根拠のない過度ない自信を持ってしまうことになるので注意が必要です。

面倒くさがると余計に面倒なことになる

転職活動をしている人でよく目につくのが、小さなことを面倒くさがって避けた結果、余計手間を増やしているということです。

転職エージェントとの面談が面倒だからと自分でやろうとしたり、転職サイトのスカウト機能を利用する為に必要なレジュメを適当に書いたり、自己分析や企業研究を面倒くさがって無駄に応募社数を増やしたり。

特に最初は一つ一つ丁寧に行っていかなくてはなりません。

面接時の心構え

では次に面接に向けた心構えです。

全ては準備次第

面接で成功できるかどうかは全て準備にかかっています。

当日どんな質問が来るかわからないし、質問を想定してもあまり意味がないと思って練習もろくにしない人もいますが、それは大きな間違い。

質問を想定して練習するのは、自分の考えの整理にもつながり、想定していない質問がきた場合でも答えることができるゆになるし、練習をすれば欠点も見つかって面接前に対策が可能になります。

印象が悪い人とは一緒に働きたいと思うわけがない

面接官だって人です。どんなに能力が高い人だって、清潔感がなかったり、高圧的だったり、マナーが悪かったりして悪い印象がある人とは働きたいなんて思うわけがありません。

面接官に一緒に働きたくないと思われたら、まず受かることはありません。

面接官はあくまで会社目線

面接官は基本的に会社目線です。

会社にとって採用するメリットがあるのかないのかを見極めることが第一になります。

転職希望者はつい労働者目線ばかりになってしまいがちで、面接で意図されることに気づくことができなくなってしまっていることが多々あります。

ですから、会社目線で考えることが重要になります。

入社に向けた心構え

では次に転職先が決まり、いよいよ入社という時に向けた心構えです。

周囲は敵ではない

転職先が決まると、周囲の人とうまくやっていけるだろうかと不安になるものです。

ただ、勘違いしてはいけないのが、これから働く職場の人達は敵ではなく味方であるということです。

困ったことがあったら助け合うのも当たり前で、新たな人が入ってくるというのはこれまでいた人たちにとってもメリットのあることです。

周囲は敵ばかり、その中でやっていかなくてはいけないなんて意気込む必要はありません。

できることしかできないのは当たり前

途中入社で入ると、ついあれもこれもできなきゃならないなんていう風に考えがちですが、できることしかできないのは当たり前で、できないことがあるのも仕方のないことです。

会社が変われば必要とされる能力、仕事の進め方が変わるのは当たり前のこと。

自分ができることを最大限発揮し、できないことはこれから覚えていけばいいだけのことです。

無駄なプライドが自分を苦しめる

これまでの経験もあるし、年齢も高いからと無駄にプライドを持ってしまうことは、結局自分を苦しめることになります。

仕事ができるできない問わずプライドが高い人は嫌われるし、見栄をはって自分の実力以上の姿を取り繕ってしまうと、結局働きにくくなっていくだけのこと。

たとえ年齢が低い人であっても敬意は忘れず、わからないことはわからないと正直に言うことも大切なことです。

やることやれば上手くいく

転職は、やることさえきっちりやっていればたいていは上手くいくことです。ただ、おろそかにしてしまえば失敗する確率は格段に上がっていきます。

成功するも失敗するも全ては自分次第。大きな決心の元、せっかくする転職ですから、その時だけは全力で取り組んでいきましょう。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職活動の期間はどれくらいかかるもの?短い期間で終わらせる為には。

関連:転職には何が必要?間違った準備をしてはいけない



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ