転職で後悔した人の事例とそれに対する原因と対策。後悔しない為に大切なのは準備と心構え

転職で後悔した人の事例とそれに対する原因と対策。後悔しない為に大切なのは準備と心構え

年収アップや労働条件の改善、仕事のやりがいといったことを目的に転職し、自分の希望にあった仕事に就くことができたという人はたくさんいます。

ただその一方で、逆に転職してはみたものの転職したこと自体に後悔の念を持つ人もまたいることは確かです。

ですからこれから転職をしようと考えている人は、良い話ばかりに惑わされずに転職の負の側面についても知っておく必要があります。

そこで今回は実際に転職して後悔した人の事例とそれに対する原因と対策を紹介していくことにします。

転職して後悔した人の体験談とその原因

一度転職してしまうと、転職したことに後悔したとしても前の会社に戻ることはほぼできません。

それ故に後悔することを恐れてなかなか転職を決断することができずにいる人も少なくはないでしょう。実際、転職活動を行い内定を貰ったにもかかわらずそれを断ってしまう人もいます。

ただどこかで踏ん切りをつけ転職をしない限り今の状況から抜け出すことができません。

転職を後悔しないものにする為、そして転職に踏ん切りをつける為、過去に転職した人が一体どういったことに後悔しているのかを知ることは一つの有効な方法です。今回紹介する体験談をぜひ参考にしてみてください。

転職してさらに労働条件が悪化

給料も低く、休みも少ない。そんな現状に不満を抱いていた私は、もう少し条件の良い会社に転職したいと思い、転職活動を行いました。

転職活動では、年間休日数と残業時間を重視し、それまでの仕事に比べてかなり良い条件での会社から内定を貰うことができました。

ところが入社してみると想定していたものとは全然違っていたのです。

残業時間は月間平均10時間と聞いていたのにそれは短い閑散期の話で、繁忙期は30時間プラスサービス残業40時間。会社の休日は多いものの休日の3日に1日は休日出勤。給料こそ少し上がったものの労働時間は増加してしまい、結局1年ももたずに退職に至ってしまいました。

不満があって転職したにも関わらず、労働条件がさらに悪化したという事例は少なくありません。そして結局転職を繰り返すことになってしまっています。

原因と対策①

最も大きな原因は企業研究不足。

休日数や残業時間、給料といった部分は転職前に確認することが可能である一方、ネガティブな面は隠したりごまかしたりする企業も少なくはありません。

今回のように休日数は魅力的であっても実は休日出勤が多い、残業時間は適当な数値を言っておくなんて場合もありますし、給料においてもあの手この手を使って良くみせようとしてきます。

転職先を選ぶ際、企業がだしてきた求人票などの情報を鵜呑みにはせず、インターネットでの実態調査や転職エージェント経由で気になる点の聞き込みなど、やれる限りの情報収集に努めるようにしてください。

原因と対策②

当初は残業が多い、休みが少ないという理由から転職することに決めたはずなのに、転職活動を進めていると年収が高い企業に目を奪われて当初の目的を忘れてしまいがち。

そのまま転職先を決めてしまうと、年収は確かに上がるのですがその他の面で大きな不満を抱えることになってしまい、結局後悔につながります。

転職する際には得られるものだけではなく、失うものもしっかり確認し、働き方が自分に合っているのかをしっかり確認するようにしましょう。

原因と対策③

内定時に聞いていた条件と、実際に入社してからの条件が全然違ったという事例も多々あります。

特に聞いていた話と実際に貰える給料が違って、ただ年収が下がっただけに終わったなんてことがよくあるみたいです。

転職時には入社を決定する前に必ず労働条件通知書を確認するようにしなくてはなりません。

労働基準法によって、使用者は賃金や労働時間、休日数、勤務地、退職金といったことを事前に書面にて明示することが定められています。

もし書面にて明示してくれなければもらえるように打診、それでも出してくれないならその会社への転職を取りやめるといったことも必要になってくるでしょう。

書面による明示は法律上義務付けられているものであり、それを行ってくれない会社は怪しいので取りやめておいたほうが無難です。

転職前の会社が良く見えてきた

たいして給料がよくないし仕事もつまらない。そんな風に感じていた私は一大決心をして転職を決意。少しでも仕事に対して前向きになれればと転職に対して期待を感じていました。

実際転職した会社は、決して悪い会社ではありませんでした。しかし、その会社で働くにつれて徐々に前の会社の良さばかりを考えてしまうようになってきたのです。

気心の知れた同僚と仕事をしていた楽しさを思い出したり、つまらないと感じていたはずの仕事のやりがいがあった部分ばかりを思い出したり。

正直転職して1年くらいは前の会社のほうが良かったと感じてしまっていました。

いざ離れてみなければわからないことというのはたくさんありますよね。それは仕事においても同様です。

転職の場合、離れてから築いてもほとんどの場合は手遅れ。手遅れだからこそ余計に感じてしまうことなのかもしれません。

原因と対策①

毎日同じ仕事を同じ環境で行っていると、良い面は当たり前になり悪い面ばかりが見えてきます。転職してから後悔する原因は、その悪い面ばかりに注目して転職することを決めてしまったことにあります。

転職前にはいかに客観的に現状を把握することが重要。現在の仕事において、自分はどういった点で恵まれているのか、どういった点で不満を感じているのかということを見極め、転職の必要性についてじっくり考えてみるようにしてください。

原因と対策②

過去の出来事というのは、必要以上に美化されてしまいがちなもの。それゆえに振り返れば振り返るほどに昔の出来事を魅力的に感じてしまうものなのです。

ですから転職時には過去を振り返らない意思を持ち、今後のことに目を向けるようにすることが大事です。

転職は入社したら終わりではありません。その転職を成功とするかしないかは入社後の自分の振舞い方によって大きく変わってきます。

如何に入社後の環境を自分の理想に近づけていくか、自分の努力次第であると考えるようにしましょう。

転職先で人間関係が上手くいかなかった

残業も多く仕事がきつかったので転職をした私は、転職後の人間関係に悩まされることになりました。

転職を絶対に成功させようと自分なりに妥協せずに転職活動を行った結果、給料は上がりましたし残業も少なくなり労働条件としてはかなり良くなったものの、人間関係が上手くいかないなかで会社に行く辛さというのは相当なものでした。

はっきり言って、前の会社で働いていた時のほうがストレスはずっと少なかったです。

人間関係は転職理由としても上位にあるくらい労働者を悩ませるものですが、転職活動時にいくら調べてもどうなるかは転職してみなくてはわからないもの。それ故に転職前に多くの人が不安に思うことかもしれません。

原因と対策

人間関係は、周囲の人に問題があると考えてはいけません。転職後の人間関係を上手くやれるかどうかはほぼ自分にかかっていると考えて下さい。

転職直後というのは、誰だって辛いものですが自分から打ち解けようとすれば多少時間がかかってもよくなっていくはずです。

転職後に新たな職場で人間関係を築く際には以下のことに注意するようにしてください。

  • 第一印象をよくする為に服装等は清潔感があるように
  • 「前の会社は」といった発言は避ける
  • 年下であっても丁寧語を使う
  • 話しかけられるのを待たない

全然仕事ができずに会社に居るのが辛い

経験者採用で転職した私は、年収も好条件を出していただきかなり期待されての入社でした。

しかし入社してみるとシステムの違い、仕事のやり方の違いから前職のように思ったように仕事ができず、周囲からの目線も徐々に冷たくなってしまいました。

中途採用の中でも特に経験者採用のの場合は新卒採用と違い、今後の成長ではなく即戦力としてのスキルを重視されての入社となり、周囲の人間もできる人が入ってくるという期待を持っています。それ故に仕事に対するプレッシャーは高いものになるでしょう。

原因と対策①

転職活動の際、スキルや実績は高いほうが内定を貰うことができる可能性は高くなります。

しかし、そこで嘘をついたり極端に過大にアピールしてしまうと、入社後に首を絞めてしまうことになりがちです。

好条件の会社に入社することも大切ですが、自分の身の丈にあった会社に入社することも大切。少なくとも嘘をつくようなことはやめておきましょう。

原因と対策②

どんなに経験があってもすぐに職場で活躍できるような人はそうそういません。

最初はシステムの使い方もわからない、人脈も一切ない、前の会社と仕事の進め方も全然違うという状態なわけですから最初はできなくて当然なんです。

自分の能力を過信してしまうと、思ったように仕事が進んでいかない事実に苛立ちを覚えてしまいがちですが、最初はできないという事実をしっかり受け止めて積極的に学んでいく姿勢を持つようにしてください。

変に前の仕事のやり方には固執せずに柔軟性を持つことも大切です。

絶対に後悔しないようにするのは不可能、でも確率は確実に下げることができる

どんなに準備をしたとしても、転職して絶対に後悔しないかというとそんな保障はありません。

転職前に気づくことができなかったことはどうしても残ってしまいます。

ただ、可能性をゼロにすることは不可能であっても確率は下げることは十分に可能であり、恐れるに値することではなくなります。

恐れるあまりに転職しなければ、いつまでたっても何も変わりません。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:キャリア採用の意味や考え方。転職したからこそ得られるものもある

関連:新しい仕事、新しい職場に慣れない時の対処法、慣れるまでにすべきことは?



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ