転職に失敗して激しく後悔することになった事例。転職には慎重さも必要。

転職に失敗して激しく後悔することになった事例。転職には慎重さも必要。

転職では失敗もよくある話。

転職して良かったと感じる人に比べるとかなり少数はであるものの、一定数は転職に失敗し、転職したことを後悔することになってしまっています。

現在転職を検討している人、転職する決意を決めている人は、ぜひそういった事例があるということも理解した上でこの先の転職活動を進めていきましょう。

関連記事

 

よくある転職失敗事例

まず知っておきたいのが、転職に失敗してしまう人にありがちな事例。

転職では大多数の人が多少なりとも転職して良かったと感じています。

ただ以下のような場合では、そもそも転職したこと自体を後悔してしまうことも少なくありません。

方向性のミス

転職の失敗として良くある一つ目の事例が仕事選びの方向性のミス。

どういった仕事がしたいのか、どういった会社で働きたいのか、何を求めるのか、現状の何を解消したいのかなど、転職前はあれこれと考えるのは普通。

ただそれらの転職前に考えていたことが、いざ転職してみると想像とは全然違っていたり、そもそも自分の求めているものと違っているというパターンが多いです。

給料は下がってもいいと思っていたものの実際は大きな不満を感じることになってしまったり、多少休みが少なかったり残業が多くてもいいと思っていたらきつかったり、想像以上に仕事がつまらなかったり。

自由と成長を求めて大企業からベンチャー企業に転職する人にもよくあるパターン。

自己分析の不足や客観的な現実の認識不足、転職に対する焦りなどが主な原因であると言えるでしょう。

転職前の認識不足

思ったよりも残業が多かった、給料が安かったなど待遇面での不満から、社風が合わない、仕事のやり方が合わないなどの環境面など、転職前の認識不足によって転職活動が失敗してしまう人も少なくありません。

休みが思ったよりも少なかった、有給休暇がとりにくい会社だったなんてパターンもありますね。

ちなみにひどい会社だと面接時に言っていた給料と実際に入社後に貰える給料が違っていたり、求人票に書かれている休日数が実際と違うものであったりする場合もあります。

こういったことを防ぐ為にも、応募する前にはしっかりその企業について情報収集するとともに、内定後には雇用条件通知書の確認も怠らないようにしなくてはいけません。

入社後に上手くいかない

転職での失敗に最も多いのは入社後に上手くいかなかったというパターン。

上司や先輩、同僚との人間関係が上手くいかなかった。

仕事がついていくことができずに社内で肩身が狭くなってしまった。

仕事のやり方が全く違いどうしても納得できなかった。

そういったことがあると、いくら給料が上がろうとも、休みが増えようとも、好きな仕事に就くことができたとしても、ストレスはどんどん溜まっていく一方。

基本的には転職者自身が態度に気を付けるとともに、それまでの経験に過信せず努力すればそうは起こらないこと。

ただ中には転職者に対して問答無用に敵対視し、仕事を教えない、無視をするといった嫌がらせをしてくるような人もいます。

転職後に激しく後悔することになって転職失敗体験談

ではここからは実際に転職した結果、激しく後悔することになってしまった転職失敗体験談を紹介します。

転職を決意し勢い任せに転職を実行

私は新卒からとある中堅メーカーで4年ほど文系職として働いていました。

給料はあまり高くはなかったものの、仕事自体は楽しかったし休みは多く残業も少なかったので、今考えると決して悪い会社ではなかったと思います。

ただそんな会社はふとしたきっかけで辞める決意を固めてしまいました。

そしてそのきっかけというのが先輩の転職。

割と仲が良かった先輩がベンチャー企業に転職することになったのです。

そしてちょうど仲が良かったこともあったことに加えて転職自体に興味がなかったわけではなかった私は、転職することを知ってから退職するまで、その先輩の話を聞くことになります。

  • 今の会社だと成長できる気がしないから転職する
  • ベンチャー企業で働いている友人が自分よりばりばり仕事をしている
  • 今のままだと会社の歯車になってしまうだけ
  • 将来のことを考えるなら若いうちにベンチャーでスキルを身につけた方が良い

それなりに大きい会社を辞めてこれからベンチャー企業に転職しようとしている人なだけあって、今のままではだめ、ベンチャーの方が絶対に良いという話ばかりでした。

そして私はものの見事にその考え方に影響されてしまったのです。

先輩が退職してから1ヶ月後に転職活動を開始し、そこから3ヶ月後にその会社を退職。勢い任せにベンチャー企業へと転職することになりました。

失敗は転職後に発覚、入社して間もなくして激しく後悔

私が行った転職が失敗だったと感じるまでにはそう時間はかかりませんでした。

希望していた通りのベンチャー企業に転職した私ですが、私が憧れていたものとは全く違っていたのです。

全く整っていない仕事環境。

自由とは名ばかりのワンマン経営。

レベルの低い上司、同僚。

予算がないのでやらなくてはいけないことだってまともにできません。

しかも待遇面も以前の会社に比べて大幅に悪くなってしまっていました。

やるべきことがやれて様々なことが経験できる以前の方がよっぽど成長できる環境であったし、スキルだって身につきました。

当然ながら感じるのは転職したことに対する激しい後悔。

前の会社はそれなりに大きい会社だったこともあって、今でもニュースででたり、CMが流れたり、単にスポンサーとして名前が挙がっているだけでも強く後悔を感じてしまっています。

安易な転職は絶対に辞めた方が良い

人の意見に左右され、特に自分で調べることもなく転職すべきだと決めつけ、夢だけを見て実行してしまった私の転職はどう考えても失敗です。

もし戻ることができるのであれば、すぐにでも戻りたいと転職して2年たった今でも強く思っています。

もしこれから転職しようと考えている人がいるならば、絶対に安易な考えで行うのはやめた方がいいです。

絶対に後悔することになります。

同じ会社で働いているとどうしてもその会社の悪い部分ばかりが身につき良い部分が見えてこなくなってきてしまいますが、冷静に考えれば実は良いところはたくさんあるはず。

転職する前に必ずその部分に目を向けるようにしてください。

転職自体は悪いことではないが慎重さは必要

転職は失敗する可能性が高いものではありません。

転職しなければ良かったと思っている人よりも圧倒的に転職して良かったと思っている人の方がずっと多いです。

ですから転職自体は悪いことではないし、前向きに取り組んでいっていいものです。

ただ今回紹介したように転職で失敗し後悔してしまう人は確かにいます。

だからこそ勢い任せになるのではなく、一度立ち止まって考える慎重さを持って転職活動に臨むようにしましょう。

おすすめ転職サイト、転職エージェント

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ