会社を退職して後悔する人の特徴。退職してよかったと思うには?

会社を退職して後悔する人の特徴。退職してよかったと思うには?

仕事を辞めたいけれど、なかなか退職できない。

その理由が、会社を退職すると後悔することになってしまうかもと不安になっている為である人もいるでしょう。

事実、会社を退職して後悔してしまったという人は少なくはありません。

では、どうすれば退職に後悔せず、退職してよかったと思うことができるのでしょうか。

関連:転職で失敗、すぐ辞めることになって後悔しない為には?

関連:正社員で仕事をバックレるとどうなる?トラブルに避ける退職方法

スポンサーリンク

なぜ退職して後悔する?

会社を退職して後悔する人は、なぜ後悔してしまうのでしょうか。

その理由は人それぞれですが、以下のようなものがあります。

  • 違う会社で働きだしてはじめて前の会社の良さがわかった
  • 人間関係が嫌で辞めたが、次の会社でも同じだった
  • 仕事を辞めた途端に、将来が不安でしょうがなくなった
  • 給料が安いから退職して忙しいけど高給の会社に入ったら、忙しいことのほうが辛かった
  • 上司が嫌で退職したら、その直後に上司が異動した。

会社を退職する理由は、その会社に対して何らかの不満を抱えている為であることが多いです。

しかし、結局退職して違う会社に入ってもその不満を解消されなければ、それは後悔につながってしまいます。

また、たとえ抱えていた不満を解消できたとしても、新たに違う不満が生まれ、そしてその新たな不満がこれまで以上のものであることによってまた後悔につながってしまうなんて場合も多いです。

スポンサーリンク

退職で後悔してしまう人の特徴

では、どのような人が退職で後悔しやすいのでしょうか。

退職で後悔してしまう人の特徴を紹介します。

客観的に見ることができていない

どうしても隣の芝生は青く見えるものであり、違う会社のほうがいいのではないだろうかと思うのも仕方のないことです。

そして、今の会社が嫌になってきます。

しかし、その時に客観的に見ること大切なこと。

今いる会社のだめな点、他の会社の優れている点を客観的に判断した上でどうするかを決める必要があります。

退職して後悔する人の特徴として、客観的に見ることができずに思い込んでしまっているという特徴があります。

今抱えている不満にばかり目がいっている

仕事に対して何か不満を感じていると、どうしてもそれにばかり目がいきがち。

退職して後悔する人の特徴として、その不満を解消することばかり考えてしまっているという特徴があります。

結果的に違う不満が発生し、むしろ前のほうがよかったと後悔してしまうのです。

過去を美化しすぎる

過去の経験は、なぜか良く見えるものです。

その時には辛いことであっても、時間がたつとなぜか良く見えてしまうから不思議なものです。

しかし、これがあまりに顕著で、退職後に前の会社と比べると、前のほうが良かったと感じ後悔してしまうことになります。

自分をよく理解していない

自分のことをよく理解し、自分がどういったことを重要視しているのか、どういったことは気にしないのかを理解しないまま退職してしまうと、結果的に退職後に後悔することに繋がります。

不満を解消しようと考えた時、自分のことはしっかりと理解しておかなければなりません。

勢いで退職してしまっている

上司が嫌い、人間関係が上手くいっていないといった不満から勢いで退職してしまう人もいます。

ただ、少しの期間だけ我慢すればよかったりすることも多いです。

その時には辛くて我慢できずに退職してしまったけれど、後から振り返ると少しだけ我慢して辞めなければよかったと後悔してしまうことはよくあることです。

また、勢いで辞めてしまっている場合には転職先が決まっていない状態がほとんど。

転職活動後に、今の会社と比較して転職するか転職しないかを選ぶことはできません。

その結果、より後悔することに繋がっていってしまうのです。

退職してよかったと思うには

では、退職してよかったと思うにはどうすればいいでしょうか。

それは、自分の納得できる転職先を見つけ、そして過去を振り返らないという点です。

自分が何を望んでいるか、今の会社の不満な点は何で他社に比べるとどうなのかということをしっかり捉え、それらを解決できる転職先を見つけることです。

今よりよい会社に転職することができたのに後悔する人はなかなかいないでしょう。

とは言え、転職活動を頑張っても自分が満足行く転職先を見つけることができるとは限りません。

ですから、在職中に転職活動を行い、内定した会社が今いる会社よりも良いならば転職するという形をとったほうがより後悔することは減らすことができます。

もちろん、それぞれの環境によっては退職するのを転職先が決まるまで待てないという場合はあるかもしれません。。

そういった場合にはあらためて退職する理由を考え、どうしても転職先が決まるまでに退職せざるを得ないのかを確認し、その思いを忘れないようにしましょう。

転職先が決まらないうちに辞めるということは相当な覚悟がいります。

その覚悟がある時点で、退職した時の気持ちさえ忘れなければ、後悔するのではなく、退職してよかったと思えるはずです。

何はともあれ、退職を考えているのであればまずは転職活動を始めましょう。

周りの会社について何も知らない状態で、今の会社がどうなのかを知ることはできません。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

関連:仕事を辞めたいと思う人が行うべき仕事や転職への取り組み方

関連:転職活動が上手くいかない時に見直すべきこと

関連:会社を辞める方法。どうすれば会社を辞めることができるか。

スポンサーリンク



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ