仕事がきつい時、限界まで頑張りすぎてはいけない

仕事がきつい時、限界まで頑張りすぎてはいけない

仕事がきついと感じる時は、誰にでもあることではないでしょうか。

常にゆとりを持って仕事をしているという人のほうが少ないでしょう。

ただ、あまりに仕事がきつい状態が続くと、心にも体にも悪影響を及ぼしてしまいます。

ほとんどの人はきついと思いながらも、我慢しながら働き続けています。

体を壊す前に、仕事がきついという今の現状を考えてみましょう

関連:ブラック企業の定義や特徴、あなたの会社は大丈夫?

関連:仕事の休みがない。身体がおかしくなる前に転職したほうがいいかも

関連:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

スポンサーリンク

きつい仕事の特徴

なぜ仕事がきついのでしょうか。どんな仕事がきついのでしょうか。

まずはきつい仕事の特徴を紹介します。

労働時間が長い

残業が多いのが当たり前になり、労働時間が長くなってしまうと仕事がきついと感じるのも当たり前。

ましてやサービス残業だと最悪ですね。

休みが少ない

もともとの休日数が少なく、さらに休日出勤で休みなんて全然ない。

労働時間の時と同様に、仕事以外の時間が短くなり、心や体を休ませる時間が少ないときついと思ってしまいますね。

責任が重たい

責任が重たい仕事であったり、責任が重い立場であると、精神的にきついと感じてしまいます。

例えば、命を預かる医者や看護師なんかは責任が重くきついと言えるでしょう。

会社員でも規模の大きい仕事で、注目されている絶対に成功させなくてはならない仕事だと、責任が重く仕事がきついと感じてしまいます。

ノルマがある

営業などだと、ノルマがあるもの。

そのノルマが人によってはかなりキツイと感じるものになります。

達成できないと上司に怒られ、同僚から冷たい目で見られる。

達成したところで、毎月続いていく。非常にきつい仕事です。

肉体労働である

身体的にきついのが肉体労働。

日ごろから慣れている人はいいかもしれませんが、普段体を動かすことが無い人が行うのはかなりきついです。

肉体労働の代表例に、自動車の期間工など聞きますが、かなり痩せるそうです。

夜勤がある

24時間営業のコンビニ、製造業の現場など、夜勤のある仕事は多いものです。

しかし、生活リズムが崩れる為、合わない人にとってはきつい仕事です。

製造業だと、夜勤は手当がつき給料が高いにも関わらず、きついという理由から夜勤のない仕事に行くことを望む人もいます。

スポンサーリンク

仕事がきついことが及ぼす影響

仕事がきついと思いながらも働くことは、誰にでもあることです。

しかし、その度合いがひどいにも関わらず働き続けてしまうことは危険です。

過剰なストレス

仕事がきついと、ストレスが溜まります。

その状態が続くと、過度なストレスになります。

過度なストレスはうつ病などの精神的な病気や、心筋梗塞や頭痛などの身体的な病気を引き起こします。

参考:過度なストレスが引き起こす症状や病気。適度なストレスは必要。

過労死の危険

仕事がきつい状態が続くと、過労死になってしまう危険があります。

過労死の危険があるラインとして残業80時間があげられます。

もしそれ以上に残業をしている場合には要注意です。

しかし、時間だけでなく仕事の責任など精神的なきつさも影響します。

参考:過労死ラインの基準は残業80時間から100時間。過労死の原因、前兆を知って対策

仕事がきつい時の対処法

では、仕事がきつい時、どのように対処していけばいいでしょうか。

対処法を紹介します。

きつい状態に慣れる

仕事にきついと思っていても、我慢して続けているとその状態が当然のようになって平気になる、すなわち慣れてしまうということはよくあることです。

ほとんどの人は意識せずに、こうしてきつい状態を乗り切っていたのではないでしょうか。

ただ、気を付けなくてはいけないのは慣れる前に体を壊してしまうようなきつさもあるということ。

そのラインを見極める必要があります。ただ、その見極めは難しく見誤まることが多いです。

そのうち慣れる、たぶん大丈夫と思うのではなく、危ないかもしれないと思いながら仕事をする必要があるでしょう。

きつい状態を楽しむ

仕事がきつい状態をあえて楽しむという手もあります。

きつい原因にもよりますが、責任の重い仕事などできついと思っているのであれば、責任の重い仕事をやれていることを誇りに、やりがいにして楽しむのです。

責任の重い仕事は、能力があるからこそ任せられる仕事です。

能力があると評価されていることを喜びやる気に変えるのもいいでしょう。

限界であることを周囲に伝える

慣れる、楽しむではどうしようもないきつい状態はあります。

そればかりは、自分一人で解決することは不可能です。

ですから、上司や同僚などのに限界であることを伝えましょう。

仕事の評価が下がるから、周囲もやっているからと自分の限界を行い続けていると、結局体を壊して、もっと悲惨な目にあいます。

まともな会社であれば、仕事の負荷低減、部署移動などによって解消してくれる可能性があります。

どうしようもなければ仕事を変える

あまりにきつい状態で、周囲に相談しても解消につながらない。

そういった場合には、仕事を変えることも考えましょう。

逃げることも大切なことです。

もし年収が下がっても体を壊すよりはましです。

今は人手不足から転職サイトに載っている求人も以前より増えていて、選択肢も広がっていますし、登録すると来るオファーの数も増えている為、好条件で転職しやすい状況です。

倍率は従来よりも低く、転職したいという人にとって、絶好のタイミングであると言えます。

限界を見誤ってはいけない

とにもかくにも、自分の限界は見誤らないようにしましょう。

この限界を見誤り、きつい仕事でも我慢し続け、頑張り続ける結果、最悪の結果も招きかねません。

どうしようもないのであれば、転職すればいいのです。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:職場に居場所がないと感じる。その原因は?

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ